漫画の地球儀

ネットワークドライブの割り当て方法!【Windows10、設定方法、パソコン、共有フォルダ】

スポンサーリンク

それでは、Windows10でネットワークドライブの割り当てる設定方法を説明します。まず最初はエクスプローラーを開きましょう。
f:id:rick1208:20200530175142p:plain
画面上部の「コンピューター」タブを押し、表示されたメニューから「ネットワークドライブの割り当て」を押します。
f:id:rick1208:20200530175239p:plain
項目が表示されるので「ネットワークドライブの割り当て」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530175254p:plain
「割り当てるネットワークフォルダーを選びてください」と表示されるので、「ドライブ」にドライブ文字を選び、「フォルダー」にフォルダーかコンピューターのパスを記入して「完了」をクリックすれば設定終了です。

パソコンの起動時に自動で接続させたい場合は「サインイン時に再接続する」のチェックボックスをオンに変更しましょう。
f:id:rick1208:20200530175306p:plain
これで、選びたフォルダーがネットワークドライブに追加されます。

共有フォルダにネットワークドライブを割り当てる

f:id:rick1208:20200530175613p:plain

共有フォルダにもネットワークドライブを割り当てることが可能です。割り当てた共有フォルダは自分自身のエクスプローラーのドライブ一覧に作成されて表示されるのでアクセスしやすくなりますよ。もちろん、自分自身が作成した共有フォルダも出しることが可能です。

まず最初は共有フォルダを右クリックしましょう。
f:id:rick1208:20200530175317p:plain
右クリックメニューの「ネットワークドライブの割り当て」を押します。
f:id:rick1208:20200530175450p:plain
割り当てるネットワークフォルダーを選びてくださいと表示されるので、「ドライブ」のドライブ文字を選びたら「終了」ボタンを押しましょう。フォルダーのパスは自動的に記入されているので変更することはできません。
f:id:rick1208:20200530175503p:plain
これで、ドライブ一覧に共有フォルダが作成・追加されます。
f:id:rick1208:20200530175544p:plain
パソコンの再起動時後などに共有フォルダにアクセスするときにユーザー名とパスワードを記入するのが面倒な場合は「資格情報を記憶する」のチェックボックスをオンにして「OK」ボタンを押しましょう。これで次回のパソコン起動時に共有フォルダにアクセスすると、ユーザー名とパスワードの記入を省略可能です。
f:id:rick1208:20200530175553p:plain