漫画の地球儀

「最近使ったファイル」の表示、非表示方法!【Windows10、消去、ショートカット、スタートメニュー】

スポンサーリンク

Windowsを長らく使用している人には「最近使ったファイル」の機能に馴染みのある人もいるかと思います。

「最近使ったファイル」は従来Windowsではスタートメニューを開くと表示されていた項目でした。

Windows7のスタートメニューには、「最近使った項目」という名前で同じような機能がありました。
f:id:rick1208:20200530170844p:plain
ところがWindows10のスタートメニュー内にはこの「最近使ったファイル」が見当たりません。

Windows10のスタートメニューからは最近使った項目が見えなくなっています。
f:id:rick1208:20200530170906p:plain
「最近使ったファイル」は、最近使用したファイルのショートカットが自動で作成、蓄積される場所です。ショートカットから起動することにより、事前にソフトを起動することなくワンクリックで目的のファイルを開けるものでした。

Windowsの検索機能などの改善により、目的ファイルをすぐ見つ手段も多くなってきたため、「最近使ったファイル」は、もしかしたらあまり多くの人には利用されていなかったのかもしれません。しかし人によっては、この機能により作業を効率化していたはずです。

そういう人にとっては、Windows10は使いづらく感じているかもしれません。

「Windows10では、最近使ったファイルはなくなってしまった?」と思っている人もいるかも知れませんが、ご安心ください。実は最近使ったファイルはWindows10でも使用可能です。

ここでは、Windows10で「最近使ったファイル」を使う方法について解説します。


Windows10の「最近使ったファイル」の表示の見方

f:id:rick1208:20200530172030p:plain
まず、最近使ったファイルは、Windows10ではちょっと名称が変わっており、「最近使った項目」となっています。パソコン内の下記の場所にあります。

画:エクスプローラを開き、
C:\Users\「ユーザ名」\AppData\Roaming\Microsoft\Windows
にある「最近使った項目」を開きます

従来のように最近使用したファイルが表示されます
f:id:rick1208:20200530170957p:plain
この通り、スタートメニューには表示されていないものの、ちゃんと置き場所があるのです。

なお、最近使った項目への直接のショートカットは下記となります。
C:\Users\「ユーザ名」\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\recent

ただ、スピードが売りなこの機能なのに、毎回こんな奥深くの場所をたどるのは面倒ですよね。そういう人は、最近使った項目へのショートカットを作っておきましょう。

「最近使った項目」を右押し、ショートカットを作成します
f:id:rick1208:20200530171016p:plain
作成したショートカットはデスクトップ画面に置いても良いですし、スタートメニューにピン留めしても良いですね。ご自身の利用しやすい場所に配置すると良いと思います。

「最近使った項目」をデスクトップに配置してみます。

「最近使った項目」をスタートメニューにピン留めしてみました。
f:id:rick1208:20200530171052p:plain
なお、もうちょっと素早く最近使った項目を出す方法として、「ファイル名を指定して実行」に、「recent」と記入する方法があります。

キーボードのWindowsキー+「R」キーを押し、表示されたウィンドウに「recent」と記入します。
f:id:rick1208:20200530171102p:plain
するとすぐに、「最近使った項目」フォルダが開きます。

「最近使ったファイル」の表示を増やす

この「最近使った項目」ですが、一見するとかなり多くの履歴が残っているようです。

あまりにたくさん表示されていると、目的のファイルを検索するのも大変になったり、あまりほかの人に見られたくないファイルがいつまでも残ってしまったりして困るというパターンもあると思います。

逆に、大量の文書を扱っている方などにとっては、ここに表示されるファイル数をもっと増やすことができたら・・・というシーンもあるかも知れません。

いずれにしても、表示数を増やす・減らすが可能なと嬉しいです。

ところが、残念ながらWindows10の標準機能では、最近使用したファイル表示数を増やすことはできないようです。

しかし方法がまったくないわけではなく、レジストリの設定により最近使用したファイル表示数を変更可能なことがわかりましたので、その方法を解説します。
レジストリの変更となりますので、間違った操作を行うとWindowsの設定が壊れかねませんので、自己責任でお願いいたします。

スタートメニューを開き「regedit」と記入し、レジストリエディタ(regedit)を起動します。
f:id:rick1208:20200530171419p:plain
エクスプローラ風のツリー順に開いていき、下記のキーを開きます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer
f:id:rick1208:20200530171428p:plain
階層をたどるのが面倒な時は、レジストリの検索で「NoDriveTypeAutoRun」をキーワードに検索すると、目的の階層にたどり着けるかもしれません。

Explorer」キー内の空いている部分を右押して、新規 > DWORD(32ビット)値を押します。
f:id:rick1208:20200530171527p:plain
「新しい値#1」を右押して「名前の変更」を押します。

そして名前を「MaxrecentDocs」にします。
f:id:rick1208:20200530171539p:plain
「MaxRecentDocs」をダブルクリックすると詳細が開きます。下記の順で作業してください。
  1、「表記」で「10進数」を選択
  2、「値のデータ」で、最近使った項目に表示したいファイル数を指定
  (ここでは「5」にしてみます)
f:id:rick1208:20200530171545p:plain
設定を反映させるために、パソコンへのサインアウト→サインインを行います。

スタートメニューからサインアウトを行います。
f:id:rick1208:20200530171554p:plain
再びサインインしたら、設定が反映されているかどうかごチェックください。

サインイン後、最近使ったファイルを開いてみると、1件も表示されません。
f:id:rick1208:20200530171601p:plain
なんと0件になっています。

ただしこの動作は正常です。レジストリ設定を変更してサインインしなおすと、最近使ったファイルを消す動作をするので、履歴がいったん0件になるのです。

この後、Windowsを通常使用すると、最近使った項目が多くなっていくことになりますが、そのときの履歴の上限が、先ほど設定した値となります。

「最近使ったファイル」を消去する

最近使った項目について、開いたファイルを見られたくないなどの理由で消去したいときは、以下の作業にて中身を消去することが可能です。

ファイル単位で消すのではなく、全件消す方法となります。
エクスプローラーの表示タブのオプションを選択
エクスプローラーを起動し、「表示」タブより、「オプション」を押します。
f:id:rick1208:20200530171703p:plain
エクスプローラの履歴を消去する」の右側にある「消去」ボタンを押します。
f:id:rick1208:20200530171804p:plain
これで最近使ったファイルを全件消すことが可能です。

まとめ

f:id:rick1208:20200530171830p:plain

Windows10における最近使った項目の扱い方について解説しました。

従来通りの使い勝手でファイル操作をしたい方も、これで安心ですね。自分自身の都合に合わせたカスタマイズを駆使し、よりWindowsを便利に使いこなしてください