漫画の地球儀

Androidの辞書登録の使い方!【単語登録、予測変換、スマホ、ATOK、仮想キーボード、LINE、メール】

スポンサーリンク


AndroidスマホでLINEなどを使用してメッセージを記入していると、変換で使いたい単語がすぐに出てこなかったり、予測変換がちゃんとと機能しなかったりと、記入でストレスを感じてしまうことはありませんか?

他にも、人の名前や企業名などは一発で変換可能なことのほうが少なく、どうしても記入に手間取ってしまいますよね。

単語の変換でお困りの方におススメなのが「ユーザー辞書」への辞書登録です。ユーザー辞書には単語リスト機能があるので、使用頻度の多い単語を単語登録することですぐに変換しやすくなります。

また、メールアドレスなどの記入数が多くて大変なものを「メルアド」で予測変換可能なようにするなどの裏技的な使用方法も可能なのでとても便利です。

Androidの辞書登録の使用方法

f:id:rick1208:20200530215513p:plain
それでは、Androidスマホのデフォルトの仮想キーボードとして登録されていることの多い「ATOK」と人気のある「Google日本語入力」の2つの仮想キーボードでのユーザー辞書の単語登録の使用方法について説明します。

ATOKでの単語登録

まず最初は設定メニューを開き、「言語と入力」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530214315p:plain
言語と入力メニューが表示されたら、「キーボードと入力方法」項目の「仮想キーボード」を押します。
f:id:rick1208:20200530214401p:plain
仮想キーボードメニューの「ATOK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530214421p:plain
ATOKの設定メニューが表示されたら、下部にある「ツール」を押します。
f:id:rick1208:20200530214522p:plain
ツール一覧に表示されている「辞書ユーティリティ」を押します。
f:id:rick1208:20200530214528p:plain
辞書ユーティリティには単語リストが表示されます。右上のメニューボタンを押して「新規登録」を開きましょう。
f:id:rick1208:20200530214533p:plain
単語登録ウィンドウが表示されるので、「単語」に登録したい単語・「読み」に単語を変換するのでの読み・「品詞」はその単語に合ったものを選択(自分自身自身しか使わない場合、特にこだわらなければスルーしても問題なし)します。

記入が終わったら「登録」をタップすれば登録した単語が予測変換ですぐに表示されるようになります。
f:id:rick1208:20200530215048p:plain


Google日本語入力での単語登録

Google日本語入力で単語登録を行う場合、ATOKの場合と同様に仮想キーボードメニューからGoogle日本語入力を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530215105p:plain
もし仮想キーボード一覧に表示されていない場合は、「キーボード管理」を押してみましょう。ダウンロードされている全部の仮想キーボードが表示されるので「Google日本語記入」を押してオンにすれば一覧に表示されるようになります。

Google日本語記入設定メニューが表示されたら、「辞書ツール」を押します。
f:id:rick1208:20200530215249p:plain
辞書ツールメニューが開き、単語リストが表示されます。画面上部の+ボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200530215308p:plain
新しい単語の追加ウィンドウが表示されるので、「単語」に登録したい単語・「よみ」に単語を変換するのでの読み・「カテゴリ」はその単語に合ったものを選びてから「OK」をタップすれば単語が登録されます。

カテゴリに関してはこだわりがなければスルーしても問題ありません。
f:id:rick1208:20200530215321p:plain
試しに「テスト」を読み「て」で登録してみると、てと記入するだけで予測変換候補に「テスト」が表示されているのがチェック可能ですね。

このように記入を簡単にしたり、頻出単語をスムーズに変換可能なのがユーザー辞書のメリットとなります。
f:id:rick1208:20200530215328p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200530215415p:plain

LINEやメールでメッセージを記入しても変換が上手くいかなかったり苦労する場合は、ユーザー辞書に単語登録することでスムーズに単語変換が行えるようになりますよ。単純に頻出単語をそのまま登録する他にも、自分自身自身のメールアドレスを「メルアド」で登録して簡単に変換したり、定型文の始まりの2~3もじから定型文を出しるなど記入が楽になるのでおススメです