漫画の地球儀

「.key」ファイルを開く方法!【Windows、拡張子、Mac、アプリ、画像ファイル、iOS】

スポンサーリンク

Windowsのパソコンを使用していて、ビジネスなどで渡されたファイルの拡張子が「、key」となっており、手持ちのアプリで開けない場合がありますよね。

一体何のアプリケーションで開けばいいのか分からず途方に暮れてしまったことはないと思いますか。

この「、key」形式のファイルは、Mac OSのプレゼンテーション作成用のアプリケーション「Keynote」で作成されたファイルです。

Windowsで言う「PowerPoint」のようなアプリケーションと説明すれば分かりやすいと思いますか。

アプリケーション「Keynote」はMac OSiOSで動くアプリケーションなので、Windowsのパソコンでは動作させることが可能でせん。

Windowsだと「、key」のファイルは開けない?

f:id:rick1208:20200530191515p:plain
上記項目で解説した通り、、key形式のファイルはKeynoteで作成されているファイルです。なのでKeynoteのダウンロードができないWindowsのパソコンでは、基本的に、keyファイルを開くことは可能でせん。

一応の例外として、「iCloud、com」でWindowsのパソコンからもKeynoteを使うといったことが可能ですが、Apple IDの取得が必要である・オンライン環境でなければ実行することができないためにここでは例外扱いとさせていただきます。

Windowsで拡張子「、key」のファイルを開く方法

f:id:rick1208:20200530191608p:plain

Windowsで「、key」ファイルを開くKeynoteを導入することは可能でせんが、ファイルの中身を見ることは可能です。
サンプルファイル
それでは、Windowsで拡張子「、key」のファイルを開く方法を説明します。

まず最初はファイルを右押して「名前の変更」をクリックするか、ファイル選択状態でF2キーを押しましょう。
f:id:rick1208:20200530191306p:plain
名前の変更状態になるので、拡張子を「、key」から「、zip」に変更しましょう。
f:id:rick1208:20200530191316p:plain
「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか?」と警告が表示されますが、「はい」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530191325p:plain
「、key」ファイルが「、zip」形式の圧縮ファイルへと変換されました。このまま解凍を行いましょう。
f:id:rick1208:20200530191340p:plain
解凍して作成されたフォルダ内を見ると、各種ファイル・フォルダがチェック可能です。
f:id:rick1208:20200530191436p:plain
フォルダ内の「、jpg」形式の画像ファイルを見ることで、プレゼンテーションのデータをチェックすることが可能です。