漫画の地球儀

「empty.exe」の使い方!【Windows、メモリ解放、メリット、動作環境、バッチファイル、パソコン】

スポンサーリンク




Windowsのパソコンでは、起動してから時間が経過することにどんどんメモリを消費していきます。不要なプログラムを終了して空きメモリを確保しても、すぐにはメモリが解放されないことも多いです。
f:id:rick1208:20200530160622p:plain
そのような時に役に立つのが、「empty、exe」です。

Windows Server 2003 Resource Kit Tools」の中にあるこのプログラムは単体でも動作させることができ、素早くメモリ解放を行うことが可能です。

メリット

他社のプログラムでメモリ解放を行ったり自分自身自身自身自身でプロセスを終了していくと不安があったり手間がかかりますが、empty、exeはMicrosoft製のプログラムを使うので安心です。気になるメモリ解放の速度も爆速なので、あっと言う間にメモリが解放されます。

empty、exeの動作環境

empty、exeはWindowsXPVista(32bit)の環境でよく使用されていましたが、Windows7・8・8、1・10(64bit)の環境でも動作させることが可能です。

empty、exeの使用方法

f:id:rick1208:20200530161554p:plain
それでは、empty、exeの使用方法を説明します。

ダウンロード(ファイル抜き出し)

下記リンク先のMicrosoft公式サイトにアクセスしたら、「Download」ボタンを押して「Windows Server 2003 Resource Kit Tools」をダウンロードしましょう。
f:id:rick1208:20200530160810p:plain
www.microsoft.com

ダウンロードした「rktools.exe」をダウンロードするのではなく、「7Zip」などのアーカイバで解凍しましょう。
f:id:rick1208:20200530160834p:plain
続いて、「rktools.msi」を解凍します。作成された「rktools」ファイル内にある「empty.exe」をコピーしましょう。
f:id:rick1208:20200530161050p:plain
コピーしたempty.exeを、「C:¥WINDOWS¥system32」フォルダにペーストましょう。これで下用意の終了です。
f:id:rick1208:20200530161101p:plain

バッチファイルを作成する

system32フォルダにコピーしたempty、exeを実行することでメモリ解放を行うことが可能ですが、毎回システムに関わるsystem32フォルダにアクセスするのは怖いと思うので、empty、exeを実行可能なバッチファイルを作成しましょう。

メモ帳などのテキストエディタを起動して、下記に記した2行のコマンドを記入します。そしてファイル名を「empty.bat」と記入して保存しましょう。
f:id:rick1208:20200530161117p:plain

@echo off
empty.exe *

保存したempty、batは、デスクトップなどアクセスしやすい場所に設置しましょう。

使用方法

作成した「empty、bat」を押して実行するだけで、即座にメモリ解放が行われます。簡単です。
f:id:rick1208:20200530161305p:plain

Windows10(64bit)の環境で、作成したバッチファイルからempty、exeを実行してみました。

こちらはタスクマネージャーで表示しているメモリ解放実行前の状態です。使用中のメモリが7、3GB・使用可能メモリが8、2GBとなっていますが、この状態でバッチファイルのempty、batを実行すると・・・
f:id:rick1208:20200530161322p:plain
なんと使用中メモリが3、2GB・使用可能メモリが9、2GBとなりました。

グラフでも一気にメモリ使用量が減っていることがチェック可能です。余分なメモリをすぐに解放できて、使用可能メモリが1GBも使えるようになるのは嬉しいです。
f:id:rick1208:20200530161516p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200530161536p:plain
Windows Server 2003 Resource Kit Tools」に含まれる「empty、exe」は、実行することでメモリ解放を素早く行うことの可能なプログラムです。記事内でempty、exeの使用方法を説明していますので、ぜひ参考にして導入してみてくださいね。