漫画の地球儀

mmc.exeでエラーが出る原因、対処法!【意味、Windows、パソコン、Microsof、メッセージ】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200530142616p:plain


Windowsのパソコンは、バックグラウンドで色々なプロセスやサービスが動作しています。動作しているプロセスやサービスについて理解しておくと、エラーが起きた時にもすぐに対応することが可能ですよ。

今回ご解説するのは「mmc、exe」です。

mmc、exeとは、MicrosoftWindows)の管理コンソールの事項ファイルで、「Microsoft Management Console」の略称です。Microsoft管理コンソールはWindowsの管理用ツールを動かす入れ物としての役割を所持していて、そこにMMCスナップインという管理用ツールの中身を入れることで動く仕組みになっています。

簡単に説明すると、拡張子が「、msc」となっているファイルを実行した時に、、mscのファイルを動作させるプログラムが「mmc、exe」なのです。、mscのファイルを実行するとmmc、exeが同時に起動して実行されます。
(例を挙げると、グループポリシーエディターやパフォーマンスモニターといったWindowsの機能を実行したときに、それらのファイルを「mmc、exe」が実行する・・・という形です)

mmc、exeのパスは「C:\Windows\System32\mmc、exe」となっており、この場所以外で動作しているmmc、exeはウイルスの可能性があるので注意しましょう。

mmc、exeでエラーが出る場合の対処法

f:id:rick1208:20200530142205p:plain

それでは、mmc、exeでエラーが出る場合の対処法を説明します。

mmc、exeハンドルされない例外のため、プロセスが中止されました。

MMCのスナップショットでバグが発生しているために、mmc、exeがアプリケーションエラーを起こしてしまっています。この場合は、mmc、exeを1回停止させて再起動を行ってみましょう。

mmc、exeによってファイルが開かれているため操作を完了できません

mmc、exeが何かしらのファイルを開いているため、操作を行えない状況です。mmc、exeを終了させることで、操作することが可能なようになります。

すべてのスナップインが終了するのを待っています(waiting for all snap-ins to complete)

Windows Server 2008 R2では、ログオフ時に上記のエラーメッセージが表示されてしまうことがあります。これはWindows Server 2008 R2のみに起こるエラーですが、最新のアップデートパッチを適用することで改善することが可能です。