漫画の地球儀

Windows10で入力モードを日本語に固定する方法!【かな入力、キーボード、常に日本語入力】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200530135002p:plain
Windows10のデフォルトIMEであるMicrosoft IMEの入力方式は、ローマ字入力となっています。

ですが、日本のキーボードでの記入方式には他に「かな入力」というものがあります。

かな記入とは、日本語キーボードのキーに記されているひらがなのキーを押すことで日本語入力が行える方式です。ローマ字記入と違ってそのまま日本語が記入可能なので、日本語のみの文章を記入するのであれば素早く入力可能なメリットがあります。

この「かな入力」に慣れているユーザーの場合、記入方式をデフォルトのローマ字入力ではなくかな入力に変更したいと思う方も少なくないと思います。

そこでここでは、Windows10のIMEをかな入力に変更して常に日本語入力することが可能なようにするやり方をご説明しています。


Windows10で入力モードを日本語に固定する方法

f:id:rick1208:20200530142205p:plain

それでは、Windows10で入力モードを日本語に固定する方法を説明します。

まず最初はタスクトレイのIMEアイコンを右クリックしましょう。

右クリックメニューが表示されるので、「プロパティ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530141428p:plain
Microsoft IMEの設定ウィンドウが表示されるので、ウィンドウ下部の「詳細設定」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530141835p:plain
詳細設定ウィンドウに切り替わるので、「全般」タブの記入設定項目から、「ローマ字入力、かな入力」のボタンを押しましょう。

ローマ字入力」と「かな入力」の2つの記入方式から選択可能なので、「かな入力」を選んで「OK」をクリックすれば、常に日本語記入を行うことができるようになります。
f:id:rick1208:20200530141844p:plain
日本語入力の固定を解除したい場合は再度Microsoft IMEの詳細設定ウィンドウを開いて、記入設定を「ローマ字入力」に戻せばOKです。