漫画の地球儀

「windows.old」削除方法!【Windows10、削除してOK?、どうなるか、アップデート、パソコン】

スポンサーリンク




Windows10のCドライブに「windows、old」というフォルダがあるのに気付いている方もいると思います。

windows、old」をよく見ると、ハードディスクの容量も結構消費しています。
f:id:rick1208:20200530133907p:plain
最近では、システムドライブとしてハードディスクではなくSSDが使用されることも多くなってきており、Cドライブ容量が少なめな人も多いと思います。

この「windows、old」フォルダ、消去しても大丈夫であれば、きれいに消してディスクの空き容量を増やしたいですよね。

ここではWindows10における「windows、old」とは何か、また安全に消去する方法について説明します。


windows、oldは何物?消去しても大丈夫?

f:id:rick1208:20200530135025p:plain
そもそも、この「windows、old」とは何物で、消去しても大丈夫なのか?

windows、oldはWindows10の大型アップデートにより作られる

Windows10では年に2回の頻度で、大型アップデート(「Creators Update」や「Fall Creators Update」などの名前がついています)が行われています。

これらのアップデートを行うとき、それまで使用していたバージョンの重要データが消えないよう、古いデータがバックアップされ、「windows、old」フォルダ内に格納されるようになっているのです。

万が一アップデートによる不具合が発生したときは、このフォルダを元に以前のバージョンに戻すことが可能です。

Windows10のwindows、oldは基本的に消去しても大丈夫です

とはいえ、アップデート後で特に不具合もなくWindowsが使用できているのであれば、以前のバージョンに戻す必要もないと思います。

そうなったら、この「windows、old」フォルダはまったく不要のものとなりますので、消去しても大丈夫です。

ただアップデート後の不具合がすぐに見つかるとは限りませんので、大型アップデートが終わってから「windows、old」フォルダを消去するまでの間は、最低でも1~2週間くらいは様子を見たほうが良いと思います。

なお、この「windows、old」フォルダ、手動で消去しなくても28日後には自動で消去されるようです。

「アップデート後の問題はまったくない」と決断できない人は、そのまま放置しておいても自動消去されますので、慌てて消す必要はありません。

Windows10で「windows、old」を消去する方法

f:id:rick1208:20200530135002p:plain
それでは具体的にwindows、oldを消去する方法について解説します。

フォルダを消去するだけ?かと思いきや、単純な消去作業では警告メッセージが表示され、消去できないようです。

通常の消去処理ではアクセス拒否され、消去できないようです。

windows、oldの消去は、ディスククリーンアップという方法にて行います。

以下、具体的な作業やり方を解説いたします。

スタートメニューで、キーボードから「ディスク」と記入します。

次に表示された「ディスククリーンアップ」を押します。
f:id:rick1208:20200530134039p:plain
ドライブ選択画面が表示された場合は、システムドライブである「Cドライブ」を選びます。
f:id:rick1208:20200530134503p:plain

windows、oldは「以前のwindowsのダウンロード」という名前で表示されます。

ここには「以前のwindowsのダウンロード」はありません。

「システムファイルのクリーンアップ」を押します。
f:id:rick1208:20200530134514p:plain
「以前のwindowsのダウンロード」がありますのでチェックします。
f:id:rick1208:20200530134521p:plain
※「以前のwindowsのダウンロード」は、デフォルトではチェックが入っていませんのでご注意ください。

これで安全確実にwindows、oldを消去することが可能です。システムディスクの空き容量が増えたことをごチェックください。

windows、oldはコマンドでの消去は可能な?

f:id:rick1208:20200530134842p:plain
windows、oldはコマンドを使用して消去することも可能です。

基本的には上記に記載してあるディスククリーンアップを使えば問題なく消去可能なのですが、ごくまれにディスククリーンアップをしてもwindows、oldが消えない時があり、ディスク容量も使用し続けてしまうこともあるのです。

というわけでwindows、oldが消去できない人のために、コマンドで完全に消去する方法をお教えします。

単純なフォルダ消去では消去できないのがwindows、oldです。ちょっと特殊な作業になりますが、下記のようなやり方になります。

Windowsスタートメニューを開きキーボードで「cmd」と記入します。

表示された「コマンドプロンプト」を右押し、「管理者として実行」を押します。
f:id:rick1208:20200530134535p:plain

ユーザーアカウントの制御画面が表示されたら「はい」を押してください。
コマンドプロンプト
プロンプトが表示されたら
RD 、S 、Q %SystemDrive%\windows、old
と記入してEnterキーをクリックします。
f:id:rick1208:20200530134554p:plain
どうしてもwindows、oldが消えないと困っていた人も、これで完全消去できたと思います。

まとめ

f:id:rick1208:20200530134818p:plain

Windows10アップデートによる旧データのバックアップがとられている「windows、old」について、その意味と安全な消去方法について解説しました。

いつの間にやらCドライブに存在し、いつの間にやら消えている謎のフォルダでしたが、これで謎も解けたと思います。

もしCドライブの空き容量が少なく、何とかちょっとでも広げたいとなった場合は、このwindows、oldを消去し、いくらかの足しにするようにしましょう。