漫画の地球儀

PDFをスライドショーで自動再生する方法!【画像、変換、会議、学会、Jpeg形式、Windows】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200530123949p:plain

手持ちのPDFファイルをスライドショーで自動再生させたいと思ったことはありませんか?

例えば何かの見世物としてスライドを自動再生させて置いておく、会議や学会などで発表を行うときにスライドを自動再生させたいというパターンがあるかと思います。

ここでは、PDFをスライドショーで自動再生する方法をご説明していきます。

PDFをスライドショーで自動再生する方法

f:id:rick1208:20200530103754p:plain

Adobe Acrobat Reader DCでは、フルスクリーン(全画面)表示時にスライドショーを自動再生可能なように設定変更することが可能です。

Adobe Acrobat Reader DCを起動したら、ウィンドウ上部の「編集」を押して、メニュー下部にある「環境設定」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530121438p:plain
環境設定ウィンドウが表示されるので、左側メニューの一番上にある「フルスクリーンモード」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530121607p:plain
フルスクリーンモードの設定一覧が表示されるので、「フルスクリーンモードの切り替え方法」項目の中にある「表示ページを切り替える間隔」のチェックボックスをオンにして自動でページ送りさせる秒数を記入しましょう。スライドショーをループさせたい場合は「最初のページへ戻る」のチェックボックスもオンにします。
f:id:rick1208:20200530121619p:plain

また、「フルスクリーンモードの効果」項目の「ページ効果を無効にする(自動表示、スライドショーなど)」のチェックボックスをオンにしておくことで効果を使わないように設定することが可能です。
f:id:rick1208:20200530121625p:plain
上記設定が終了したら、「Ctrlキー+Lキー」の同時押しでフルスクリーンモードを起動することで自動的にスライドショーが行われます。

スライドショーを解除するには再び「Ctrlキー+Lキー」を同時押しするか、Escキーを押しましょう。

画像に変換してスライドショーをする

Windowsの画像ビューアーである「フォト」でも、スライドショーを行うことが可能です。フォトでなくても画像ビューアーであればスライドショー機能を搭載していものも多いので、PDFを画像に変換して画像ビューアーでスライドショーを行うというのも選択肢に挙がります。

ここでは、PDFをJpeg形式に変換可能なオンラインサービス「I♥PDF」で変換を行ってみましょう。下記のリンクからアクセスしてみてください。
www.ilovepdf.com

アクセスしたら、「PDFファイルを選択」ボタンを押して変換したいファイルを選ぶか、ファイルを直接ドラッグ&ドロップしましょう。
f:id:rick1208:20200530123449p:plain
ファイルが登録されたら、右側のオプションの「ページからJPG」を押してから「JPGに変換」ボタンをクリックすることでPDFがJpeg形式の画像に変換されます。
f:id:rick1208:20200530123540p:plain
変換が終了したらダウンロードボタンが表示されるので、押して画像をダウンロードしましょう。

あとは、お好きな画像ビューアーでスライドショーを行ってみてください。
f:id:rick1208:20200530123556p:plain