漫画の地球儀

CTFローダー停止方法!【停止してOK?、無効化方法、どうなるか、Windows、パソコン、CPU使用率】

スポンサーリンク


Windowsのパソコンは、バックグラウンドで色々なプロセスが動作しています。動作しているプロセスの中には必要なものや不必要なものといった色々なものが混ざっているため、必要のないプロセスは停止して空きメモリ量を増やす・CPU使用率を軽減してパソコンの動作を軽くしたいと考えるユーザーも多いかと思います。
f:id:rick1208:20200530105619p:plain
今回ご解説するのは、「CTFローダー」です。

CTFローダーとは、WindowsパソコンのIMEに関連しているプロセスで、キーボードでの記入を行う時などにIMEと連動して動作します。

CTFローダーは停止してOK?

f:id:rick1208:20200530110453p:plain
CTFローダーは停止して大丈夫なのかどうかと言いますと、停止はおススメ可能でせん。

何故かと言うと、CTFローダーが機能していないとキーボード記入はもちろん、タッチデバイスやマウスでの手書き記入・更には音声記入といった大半の記入が無効化されて実行できなくなってしまいます。

環境がWindowsXPの頃には停止しても問題なかったという報告もありますが、Windows10では上記のように一切の記入が行えなくなるトラブルが発生してしまいますので、絶対にCTFローダーを停止しないようにしましょう。

CTFローダーのCPU使用率が高い場合の対処法

CTFローダーのCPU使用率やメモリの使用率が高い場合は、CTFローダーに何かしらのエラーが起きている可能性が高いです。Windows Updateを行いWindowsを更新するか、チェックディスク機能でシステムファイルの修復を行ってみましょう。

チェックディスクを行うには、デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コマンドプロンプト」を右押します。右クリックメニューの「管理者として実行」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530105726p:plain
コマンドプロンプトが起動したら、「chkdsk c: 、r」とコマンドを記入してEnterキーを押しましょう。「スケジュールしますか」とメッセージが表示されるので、Yキーを押します。その後、パソコンを再起動しましょう。
f:id:rick1208:20200530110426p:plain
パソコンの再起動時にチェックディスクが行われ、システムにエラーがある場合は修復が行われます。CTFローダーに問題がある場合は、これで修復することが可能です。