漫画の地球儀

hkcmd.exeの停止方法!【停止してOK?、無効化方法、どうなるか、Windows、パソコン、OS】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200530104538p:plain

Windowsのパソコンは、バックグラウンドで色々なプロセスが動作しています。動作しているプロセスの中にはOSの動作に必要なものから関係のない不必要なものまで色々なものが混ざっているため、必要のないプロセスは停止して空きメモリ量を増やしてパソコンの動作を軽くしたいと考えるユーザーも多いです。

今回ご解説するのは、hkcmd、exeです。hkcmd、exeとは、「HotKeysCmds」というIntel製のグラフィックドライバをホットキーで操作するのに必要な実行ファイルです。

説明欄を見ても「hkcmd module」としか書いてないので分かりづらいですが、hkcmd、exeが実行されていると「Ctrlキー+Altキー+Deleteキー」でグラフィックドライバのコントロールパネルが開いたり、「Ctrlキー+Altキー+矢印キー」の組み合わせで画面の上下を反転させたり回転させるといった操作が行えます。

hkcmd、exeは必要?

f:id:rick1208:20200530104523p:plain

hkcmd、exeは必要なプロセスなのかどうかというと、結論から述べると「必要ない」プロセスです。

一般的なパソコンの使用用途で画面を反転させたり回転させるといった操作を行うことはほぼないといっていいため、hkcmd、exeが動作していると逆に誤動作を起こしてしまい混乱する危険性の方が高いでしょう。

hkcmd、exeはスタートアップに設定されており、パソコンの起動時に一緒に起動します。これを無効化するには、タスクバーの何もない場所で右押してメニューを表示して「タスクマネージャー」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530104336p:plain
タスクマネージャーが開いたら「スタートアップ」タブを押して開き、「hkcmd、exe」を選びてからウィンドウ右下の「無効にする」をクリックすることで起動しないようにすることが可能です。
f:id:rick1208:20200530104350p:plain