漫画の地球儀

aaeファイルの意味、削除する方法【削除してOK?、どうなるか、iPhone、iPad、iOS、写真、加工】

スポンサーリンク


拡張子aaeを持つファイルとはiPhoneiPadなどのiOS端末で使用されているファイルです。

aaeファイルは写真の加工情報が入っており、この情報を用いてトレーニングした写真を表示したりすることが可能です。

なので、1回でも加工した写真には必ずaaeファイルが作成されています。

aaeファイルに対応していないアプリでは未加工写真しか扱えなくなる

レアパターンではありますが、使用するアプリがaaeファイルによる加工情報の反映に対応していなかった場合、加工前の元の写真しか扱うことができません。

iPhoneは加工前の写真を上書きせずに残しているため、aaeファイルに対応していないと加工した後の写真ファイルを参照できなくなるのです。

もし、何かしら写真を使用するアプリで、写真をトリミングしたにも関わらずトリミング前のサイズしか扱えないといったことが起きた場合はaaeファイルに対応していないということになります。

この場合はaaeファイルに依存しない別の写真加工アプリを使用して写真ファイル本体を変換する必要があります。

aaeファイルを開くには?

f:id:rick1208:20200530103709p:plain
iPhoneiPadでは事実上の隠しファイルとして扱われているため、基本的にはスマホからaaeファイルを開くことは可能でせん。

ですが、iPhoneなどのiOS端末をパソコンに接続して写真フォルダを開くことで、aaeファイルをチェックすることが可能です。
f:id:rick1208:20200530102123p:plain
はじめて接続するときは接続先のパソコンを信頼するかどうかのチェック画面に表示されるので、必ず「信頼」を押してください。

接続先のパソコンを信頼すると、エクスプローラーのドライブ一覧にiPhoneが追加されます。
f:id:rick1208:20200530102542p:plain
もし接続しているドライブ一覧にiPhoneが表示されていない場合は、1回USBケーブルを抜いて再接続してみてください。

また、USB接続するときにiPhoneにロックが掛かっている場合も接続に失敗しパソコン側が認識できないので注意しましょう。

接続したiPhoneの中を見ると「DCIM」フォルダがあるのでそれを開きます。
f:id:rick1208:20200530102554p:plain
すると「100APPLE」のようにいくつかフォルダが表示されますが、何でもいいので「~APPLE」となっているフォルダを開きます。

ちなみに「~APPLE」の数字が大きければ大きいほど最新の写真・画像が保存されているフォルダとなります。

このフォルダにiPhoneに残っている写真・画像および加工歴がある画像にはaaeファイルも作成されています。
f:id:rick1208:20200530102603p:plain
このaaeファイルですが、実態はただのテキストファイルであるため、テキストエディタで開く事が可能です。

aaeファイルを文字化けさせずに開くことこそ可能なものの、加工情報がどのようになっているのかについてはわかリませんので、わざわざパソコンで開いて加工データを見る必要はありません。

aaeのファイルは消去してもOK?

f:id:rick1208:20200530103740p:plain

拡張子aaeを持つファイルは写真の加工履歴情報といいましたが、aaeファイルを消去しても特別大きな影響が出ることはありません。

aaeファイルなしでも加工前の元の写真に戻すことも可能ですし、引き続き写真を加工することも可能です(この場合は再度aaeファイルが生成されます)。

aaeファイルの消去方法

aaeファイルを消去する方法ですが、aaeファイルだけを消去する場合はパソコンを使用する必要があります。

iPhoneでaaeファイルを消去したい場合は写真ごと消去する必要があるのであまりおススメしません。

パソコンでaaeファイルを消去したい場合は、パソコンでiPhoneの画像フォルダを開いて、aaeファイルを消去するだけです。
f:id:rick1208:20200530102942p:plain
これで再度画像加工しない限り、aaeファイルが新たに生成されることはありません。

まとめ

f:id:rick1208:20200530103754p:plain

aaeファイルはiPhone内部で使用されている補助ファイルのようなものです。

ですので、わざわざパソコンに繋いでファイルを編集・消去する必要もありません。

また、aaeファイル自体の容量は写真の百~数万分の1程度しかないため、iPhoneの空き容量を増やすために消去することはあまりお勧めしません。

ですので、aaeファイルはあって困るものではなく、消す必要がないiPhone特有のファイルと覚えておくと良いと思います。