漫画の地球儀

datastore.edbの削除方法!【削除してOK?、どうなるか、Windows、パソコン、最適化、コマンドプロンプト】

スポンサーリンク


Windowsのパソコンで、気が付いたらCドライブ(システムドライブ)の空き容量が少なくなっているということがあります。そして、その原因が「datastore、edb」ファイルの肥大化によるものというパターンが多いです。
f:id:rick1208:20200529183755p:plain
datastore、edbとは、Windows Updateに関わるシステムファイルです。

Windows Updateを行うごとにこのファイルにログが記録されるので、Windows Updateを行うたびにdatastore、edbのファイル容量が多くなって肥大化していくわけです。

いつの間にか数百MB~1GBにも膨れ上がってしまうことがあるため、このファイルを消去したいというユーザーは少なくないと思います。

datastore、edbは消去してもOK?

f:id:rick1208:20200529165923p:plain
このdatastore、edbファイルは消去しても大丈夫なのかと言いますと、消去しても大丈夫です。ただし、普通にエクスプローラーから消去するのではなく特定の方法から消去を行うことになります。

datastore、edbは消去しても再度作成され、Windows Updateが行われるごとにまたファイルサイズが多くなっていくため、ある程度肥大化したら消去するように心がけましょう。

datastore、edbが肥大化した場合の対処法

f:id:rick1208:20200529193342p:plain

datastore.edbを最適化してファイルサイズを軽くする

コマンドプロンプトからdatastore、edbの最適化設定を行うことが可能です。

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開します。「コマンドプロンプト」を右押して、「管理者として実行」から起動しましょう。
f:id:rick1208:20200529184235p:plain
コマンドプロンプトが起動したら、「net stop wuauserv」「esentutl 、d %windir%\softwaredistribution\datastore\datastore、edb」「net start wuauserv」のコマンドをそれぞれ順番に記入してEnterキーを押しましょう。これで、datastore、edbの最適化が行われます。
(打ち間違い防止のために、ぜひ下記を1行ずつコピペでご使用下さい)

net stop wuauserv
esentutl 、d %windir%\softwaredistribution\datastore\datastore、edb
net start wuauserv

最適化を行う場合、datastore、edbが肥大化していない場合は逆にファイルサイズが多くなってしまうこともあります。ファイルサイズが多くなってしまったら、下記で説明している消去を試してみてください。

コマンドプロンプトからdatastore、edbの消去を行う

コマンドプロンプトを管理者として実行から起動したら、「net stop wuauserv」「del %windir%\softwaredistribution\datastore\datastore、edb」「net start wuauserv」のコマンドをそれぞれ順番に記入してEnterキーを押しましょう。これで、datastore、edbファイルを消去することが可能です。

net stop wuauserv
del %windir%\softwaredistribution\datastore\datastore、edb
net start wuauserv

手動でdatastore、edbの消去を行う

コマンドプロンプトからではなく、手動でdatastore、edbの消去を行うことも可能です。

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windows管理ツール」フォルダを展開して「サービス」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200529185314p:plain
サービスの一覧が表示されるので、「Windows Update」を右押してメニューの「停止」を選びましょう。Windows Updateサービスが停止します。
f:id:rick1208:20200529185327p:plain

「C:\Windows\SoftwareDistribution\DataStore」
続いて、パス「C:\Windows\SoftwareDistribution\DataStore」を開き、DataStore内のファイルを全部消去しましょう。
f:id:rick1208:20200529190857p:plain
ファイルの消去が終了したら再びサービスを開き、「Windows Update」を右押してメニューの「開始」を押してWindows Updateサービスを再稼働させましょう。これで、datastore、edbの消去は終了です。

まとめ

f:id:rick1208:20200529190930p:plain

Cドライブの空き容量が減っている場合、datastore、edbが肥大化していることが原因となっている場合があります。この場合はdatastore、edbの最適化・消去を行うことで空き容量を増やすことが可能ですよ。記事内で消去方法を説明していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。