漫画の地球儀

Windowsキーを無効化する方法!【有効化、ショートカットキー、キーボード、pc】

スポンサーリンク



Windowsパソコンのキーボードには、必ず「Windowsキー(ウィンドウズキー)」が付いていますね。

Windowsキーはスタートメニューを出す以外にも、他のキーと同時に押すことでショートカットキー機能を使うことが可能です。しかし、人によってはこのショートカットキー機能の暴発に困っており、Windowsキーを無効化したいと思うパターンもあります。

ロジクールなどのキーボードの場合、専用のキーボード管理アプリでWindowsキーを無効化して効かないようにすることが可能なのですが、通常のキーボードにはそのようなアプリがありません。ですが、通常のキーボードでもWindowsキーを無効化することは可能です。

ここでは、通常のキーボードでWindowsキーを無効化する方法をご説明していきます。

Windowsキーを無効化する方法

f:id:rick1208:20200529105903p:plain
それでは、Windowsキーを無効化する方法を説明します。この方法ではレジストリを編集するので、万が一のために事前にバックアップを取っておくことをおススメします。

まず最初はデスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「ファイル名を指定して実行」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200529105637p:plain
ファイル名を指定して実行が表示されたら、名前欄に「regedit」と記入して「OK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200529105915p:plain

レジストリエディターが起動するので、「コンピューター」→「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SYSTEM」→「CurrentControlSet」→「Control」の順に移動して、「Keyboard Layout」を右クリックしましょう。
f:id:rick1208:20200529110108p:plain
右クリックメニューの「新規」→「バイナリ値」を押しましょう。値が新規作成されるので、名前を「Scancode Map」と記入してEnterキーを押して保存します。
f:id:rick1208:20200529110116p:plain
作成されたScancode Mapをダブルクリックすると、バイナリ値の編集画面が表示されます。「値のデータ」を下記のように編集してください。2ケタずつ数値を記入するのですが、やや記入が特殊な点に注意しましょう。
f:id:rick1208:20200529110128p:plain

00 00 00 00 00 00 00 00
03 00 00 00 00 00 5B E0
00 00 5C E0 00 00 00 00

上記の数値を記入したら「OK」を押してレジストリエディターを終了し、パソコンを再起動すればWindowsキーを無効化することが可能です。

Windowsキーを有効化する方法

f:id:rick1208:20200528195314p:plain

Windowsキーを有効化したい場合は、再度「ファイル名を指定して実行」を起動して「regedit」と記入してレジストリエディターを呼び出しましょう。
f:id:rick1208:20200529133914p:plain

「コンピューター」→「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SYSTEM」→「CurrentControlSet」→「Control」→「Keyboard Layout」まで移動したら、「Scancode Map」を右押して「削除」を選んで消去しましょう。
f:id:rick1208:20200529133929p:plain
消去後にパソコンを再起動することで、再びWindowsキーが使用可能になります。

まとめ

f:id:rick1208:20200529134005p:plain

Windowsキーはショートカットキー機能に用いることが可能ですが、ショートカットキーを使わない人には誤操作の原因となってしまいやすいため、無効化したいと思うこともあります。

記事内でWindowsキーの無効化と有効化の方法を説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。