漫画の地球儀

「msvcp140.dllがない」とエラーが出る原因、対処法!【Windows、パソコン、エラーメッセージ】

スポンサーリンク

Windowsのパソコンで、「コンピューターにmsvcp140、dllがないため、プログラムを開始できません。

この問題を解決するには、プログラムを再ダウンロードしてみてください。」というエラーが表示されてしまうことがあります。
f:id:rick1208:20200529100257p:plain
このエラーは、ゲームやSkype・AviUtlなど色々なアプリケーションの起動時に発生します。エラーメッセージには「プログラムを再ダウンロードしてみてください。」と書かれているものの、再ダウンロードしても該当のファイルが見つからないためこのエラーが発生してしまい問題が解決しません。

ここでは、「msvcp140、dllがない」とエラーが出る問題の対処法をご説明していきます。

msvcp140、dll

f:id:rick1208:20200529100044p:plain
msvcp140、dllは「Microsoft Visual C++ 2015」というライブラリの中に含まれています。「Visual Studio 2015」で開発されたアプリを動作させるために必要なファイルなので、Microsoft Visual C++ 2015をダウンロードしないと症状を改善することが可能でせん。

msvcp140、dllがある場所

msvcp140、dllがダウンロードされているのであれば、「C:\Windows\System32」にファイルが存在しているはずです。この場所にファイルが見つからない場合は、Microsoft Visual C++ 2015をダウンロードしましょう。
f:id:rick1208:20200529100847p:plain

「msvcp140、dllがない」とエラーが出る場合の対処法

f:id:rick1208:20200529101001p:plain

それでは、「msvcp140、dllがない」とエラーが出る場合の対処法を説明します。

下記リンク先のVisual Studio C++ 2015 再頒布可能パッケージダウンロードページにアクセスしたら、「ダウンロード」ボタンを押します。
f:id:rick1208:20200529100911p:plain

www.microsoft.com

ダウンロードするプログラムの選択画面が表示されるので、64bitパソコンであれば「vc_redist、x64、exe」・32bitパソコンでは「vc_redist、x86、exe」を押して選びて「次へ」ボタンをクリックするとインストーラーがダウンロードされます。
f:id:rick1208:20200529100941p:plain
あとはインストーラーを起動して、指示に従ってMicrosoft Visual C++ 2015をダウンロードしましょう。これで、「msvcp140、dllがない」エラーを解決することが可能です。