漫画の地球儀

VLCメディアプレイヤーの色がおかしい原因、対処法!【灰色、緑色、画面、動画、エラー、変な色】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200521225202p:plain

VLCメディアプレイヤーでmp4などの動画ファイルを再生している時に、画面が灰色になったり緑一色になってしまう現象が発生することがあります。

この現象が発生してしまうと、再生する動画に問題がなくてもVLCメディアプレイヤーの画面の色がおかしくなっているために、まともに動画を見ることできなくなってしまいます。

今回の記事では、VLCメディアプレイヤーの画面の色がおかしくなってしまった場合の対処法をご説明していきます。

VLCメディアプレイヤーの色がおかしくなる場合の対処法

f:id:rick1208:20200521225137p:plain

動画を再生中に画面が緑一色になったりブロックノイズが発生して動画の映像がおかしくなる、シークバーで動画の再生位置を移動するとカクカクしたり止まるという場合は、ハードウェアアクセラレーションによるデコードを無効にすることで解決可能です。


VLCメディアプレイヤーを起動したらウィンドウ上部の「ツール」を押して開き、メニューの「設定」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200528210310p:plain

設定画面が表示されるので「記入、コーデック」を押して開きます。コーデック項目の「ハードウェアアクセラレーションによるデコード」が「自動」になっている場合、押して「無効」か「Direct3D11ビデオアクセラレーション」に変更して「保存」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200528210400p:plain
これで画面が緑一色になったり、再生中の映像の乱れを防ぐことが可能です。

画面が灰色になる場合

f:id:rick1208:20200521204214p:plain
画面が緑色ではなく灰色になる場合は、別の設定が必要になります。

VLCメディアプレイヤーを起動して、ウィンドウ上部の「ツール」を押して開き、メニューの「設定」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200528210641p:plain
設定画面が表示されるので、「ビデオ」を押して開きましょう。ウィンドウ下部の「設定の表示」の「すべて」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200528210648p:plain
表示されている設定項目が詳細なものまで設定可能な「すべて」に変更されます。項目一覧から「入力、コーデック」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200528210717p:plain
「記入、コーデック」の「詳細設定」項目一覧にある「ファイルキャッシュ(ミリ秒)」の項目を「300」から「1800」に変更しましょう。変更後「保存」を押して設定を終了させればOKです。

f:id:rick1208:20200528210723p:plain