漫画の地球儀

ERR_BLOCKED_BY_CLIENTの原因、対処法!【意味、エラー、Google Chtome、pc、拡張機能】

スポンサーリンク



デベロッパーツールのコンソールをチェックすると大量の「ERR_BLOCKED_BY_CLIENT」が表示されていることがあります。
f:id:rick1208:20200528192810p:plain
これは使用中のGoogle Chromeで起きることのある問題で、ほかのブラウザでは発生しないこともよくあります。

このエラーが発生していると、本来なら表示されているはずのコンテンツが非表示になっていたり、ボタンが見当たらないなど、使い勝手が悪くなる可能性もあると思います。

ここでは「ERR_BLOCKED_BY_CLIENT」の原因と対処方法を順番に解説します。

ERR_BLOCKED_BY_CLIENTの原因

f:id:rick1208:20200528193115p:plain
「ERR_BLOCKED_BY_CLIENT」はGoogle Chromeの設定や使用中の拡張機能によって読み込みがブロックされたことによるエラーです。

特にアドブロック系拡張機能を入れていると頻発しやすいエラーの一つで、広告ブロックが作動するとほぼ確実に「ERR_BLOCKED_BY_CLIENT」が発生します。

こちらの画像を見たらわかるように「adservice、google(Googleの広告)」が含まれているURLが軒並み「ERR_BLOCKED_BY_CLIENT」となっているのがチェック可能です。
f:id:rick1208:20200528192840p:plain
意味は「ERR_BLOCKED_BY_CLIENT」を直訳したとおり、「クライアント(使用中のGoogle Chromeのこと)によって読み込みがブロックされたエラー」ということになっています。

ERR_BLOCKED_BY_CLIENTの対処法

f:id:rick1208:20200528193023p:plain

このエラーに対処するには、以下に当てはまることをやってみる必要があります。

・アドブロック系拡張機能を消去する
・セキュリティソフトによって自動ダウンロードされる拡張機能を消去する

一番のネックがアドブロック系拡張機能の消去ですが、サイト単位で無効化する設定が可能な場合は消去する必要はありません。

理想的なのは、このようにサイト単位でアドブロックの動作を制御可能な拡張機能です。
f:id:rick1208:20200528192939p:plain
こういう拡張機能を使用している場合は適宜使用しているアドブロックの設定を変更して、広告ブロックを行わないサイトの設定のフィルターをかけておいてください。

そしてセキュリティソフトによって自動ダウンロードされる拡張機能ですが、こちらのアンインストールはあまりおススメしません。

拡張機能をアンダウンロードすることによってセキュリティ対策が弱まるため、セキュリティリスクが増します。

ですので「ERR_BLOCKED_BY_CLIENT」を許容可能な場合はセキュリティソフトの拡張機能は消去しないようにしましょう。