漫画の地球儀

igfxtray.exeプロセスの無効化方法!【停止、意味、Windows、パソコン、トラブル、原因、有効】

スポンサーリンク


Windowsのパソコンでは、バックグラウンドで色々なプロセスが動作しています。プロセスには必要なものとそうでないものががあり、できるだけパソコンを軽くしたいというユーザーは、不要なプロセスを停止したいですよね。

ここでは、バックグラウンドで動作しているプロセスの一つ「igfxtray、exe」についてご解説します。

gfxtray、exeプロセスは無効にしてもOK?

f:id:rick1208:20200528010056p:plain

igfxtray、exeプロセスは一体どういったものなのかと言いますと、Intelの「intel 810グラフィックチップセット」を搭載しているパソコンで動く、グラフィック設定や診断ツールの実行を行うプロセスとなっています。名前は「Intel Graphics System Tray Helper Icon」の略称です。

igfxtray、exeはタスクトレイに常駐する制御モジュール(module)なので無効にしても大きな問題はありませんが、グラフィック周りで問題が発生した時に素早く対処しづらいというリスクがある点には注意しましょう。

igfxtray、exeプロセスの無効化方法

f:id:rick1208:20200528010116p:plain
igfxtray、exeのプロセスを無効化するには、タスクバーの何もない場所で右押してメニューからタスクマネージャーを起動します。次に、プロセス一覧にある「igfxtray、exe」を右押して「タスクの終了」を押して停止させましょう。
f:id:rick1208:20200527233354p:plain
続いて、「スタートアップ」タブから「igfxtray、exe」を押して選びて、「無効にする」をクリックすれば、パソコンの起動時にigfxtray、exeが起動しなくなりますよ。

まとめ

f:id:rick1208:20200528010123p:plain

igfxtray、exeとは「Intel Graphics System Tray Helper Icon」というintel 810グラフィックチップセットを搭載しているパソコンで実行されるグラフィック設定や診断ツールの実行を行うプロセスです。基本的には停止しても問題のないプロセスですが、グラフィック周りでトラブルが発生した時に何が原因なのか分かりづらくなってしまうなどの一面もあるため、不安があるなら停止しないほうが良いと思います。