漫画の地球儀

IP Helper(iphlpsvc)の停止・無効化方法!【Windows、パソコン、バックグラウンド、IPv6】

スポンサーリンク


f:id:rick1208:20200522050026p:plain


Windowsのパソコンでは、各種サービスがバックグラウンドで動作しています。今回ご解説する「IP Helper(iphlpsvc)」も、そのようなサービスの一つです。

IP Helperとは、接続プラットフォームを使用したIPv6移行テクノロジです。現在インターネットで使用されているIPの大半は「IPv4アドレス」ですが、いずれは「IPv6アドレス」への移行が行われると思います。ですがIPv6への完全移行はまだまだ先の話なので、IPv6への移行環境が必要になるまではIP Helperも動作させておく必要のないサービスと言えると思います。

ここでは、IP Helperの停止・無効化方法をご説明していきます。

IP Helper(iphlpsvc)の停止・無効化方法

f:id:rick1208:20200522044741p:plain
それでは、IP Helper(iphlpsvc)の停止・無効化方法を二通りの方法からご解説します。

管理ツール・サービスから停止する

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windows管理ツール」フォルダを展開して、「サービス」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200527222637p:plain
サービスの一覧が表示されるので、「IP Helper」をダブル押してプロパティを開きましょう。
f:id:rick1208:20200527224349p:plain
プロパティが表示されたら、「スタートアップの種類」を「無効」に変更して、サービスの状態の「停止」ボタンを押してIP Helperを停止させましょう。

これらの操作が終了したら「OK」を押してプロパティを閉じます。これで、IP Helperを停止・無効化させることができました。
f:id:rick1208:20200527224405p:plain

コマンドで停止する

コマンドプロンプトからコマンドを記入して停止させることも可能ですよ。デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して、「コマンドプロンプト」を右押して右クリックメニューの「管理者として実行」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200527232906p:plain
コマンドプロンプトが開いたら、下記コマンドをペーストてからEnterキーを押して実行しましょう。上のコマンドがサービスの停止、下のコマンドがスタートアップの無効化となっています。

C:\>sc stop iphlpsvc

C:\>sc config iphlpsvc Start= disabled

まとめ

f:id:rick1208:20200527142713p:plain

IP Helperはサービスの一つであり、IPv6環境への自動移行を行うにはこのサービスを使います。しかし、現在ではまだまだIPv6環境への完全移行は行われていないため、動かしておく必要のないサービスです。記事内で停止・無効化方法を説明していますので、参考にしてみてくださいね。