漫画の地球儀

VLCメディアプレイヤーで動画のコマ送りをする方法!【コントロールボタン、ショートカットキー】

スポンサーリンク


f:id:rick1208:20200521225202p:plain

VLCメディアでコマ送りする方法は大きく分けて二つあります。
f:id:rick1208:20200527160432p:plain
1つ目がVLCメディアプレーヤーのコントロールボタンを使用する方法、もう一つがショートカットキーを使う方法です。

それぞれやり方が異なりますのでひとつひとつ見ていきましょう。

コントロールボタンを使用する場合

f:id:rick1208:20200521204230p:plain
VLCメディアプレーヤーの下に再生停止などのコントロールが可能なボタンが表示されています。

ですが、特に設定をいじっていない場合は、画像と見比較して表示されているボタンが少ないと思います。その場合は拡張コントロールを有効化する必要があります。

拡張コントロールを有効化するには上部メニューの「表示」を押して「拡張コントロール」を選びます。
f:id:rick1208:20200527160445p:plain
これでコントロールボタンが追加されて、ボタン操作可能な項目を増やすことが可能です。コマ送りするボタンは拡張コントロールに含まれているため、拡張コントロールを有効化することが必須なのです。

ボタンでコマ送りするには、拡張コントロールで表示されているコマ送りボタンを押します。
f:id:rick1208:20200527163442p:plain
再生ボタンと似ているので間違えないようにしましょう。
このボタンを押すことで1フレームごとにコマ送りさせるようになり、映像の変化を細かく見れるようになります。

映像のとある瞬間をキャプチャしてスクリーンショットを残すときにも便利と思います。

ショートカットキーを使用する場合

f:id:rick1208:20200521204304p:plain
コントロールボタンを使用する場合、動画時間をちょっと進むだけでも結構な回数押しないといけません。

ですが、ショートカットキーを使えば長押しが可能なのでもっとかんたんにコマ送りをすることができ、1秒分のコマもすぐに飛ばせます。

ショートカットキーでコマ送りする場合は、VLCメディアプレイヤーをアクティブにした状態でEキーを押します。

Eキーをクリックすると動画プレイヤー右上に「次のフレーム」と表示されます。
f:id:rick1208:20200527163510p:plain
ショートカットキーを使う場合は拡張コントロールを出しる必要がなく、マウスを触る必要もないのでとても簡単です。
Windowsキーを使わないためMacのキーボードでも同様にEキーでコマ送りが可能です。

ただし、ひとつだけ注意があり、コマ送りをすることはできてもコマ戻しをができないことです。

VLCメディアプレイヤーでは1フレーム単位でコマを戻しての逆再生が出来ないので覚えておくようにしましょう。