漫画の地球儀

Windows10で時刻のズレを直す方法!【NTPサーバー変更の方法、同期間隔の変更方法、日付、時計】

スポンサーリンク

NTPサーバーの変更

f:id:rick1208:20200527133110p:plain
Windows10パソコンの時計がずれていると、時間のチェックに影響するだけではなくパソコン内のタイムスタンプもずれてしまうため色々な作業にまで影響を及ぼすため困ってしまいますよね。手動で時刻合わせを行っても、ずれてしまうたびに手動で設定し直すのも大変です。

そこで、ここでは時計の時刻ズレの対処法として「NTPサーバーを変更して時刻同期を行う」「時刻同期間隔の設定を変更する」の2種類の方法をご解説します。

まず最初はNTPサーバーの変更について説明します。デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「設定」を押しましょう。

Windowsの設定が表示されるので「時刻と言語」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200527131841p:plain
設定画面が表示されます。

左側メニューの「日付と時刻」を押して日付と時刻の設定一覧を出したら、下方向にスクロールして関連設定項目の「別のタイムゾーンの時計を追加する」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200527131901p:plain
日付と時刻の設定ウィンドウが表示されます。

「インターネット時刻」タブを押して出したら、「設定の変更」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200527131922p:plain
インターネット時刻設定ウィンドウが表示されます。「インターネット時刻サーバーと同期する」チェックボックスがオンになっていることをチェックしましょう。デフォルトでは、NTPサーバーは「time、windows、com」となっています。
f:id:rick1208:20200527132605p:plain
ここでは、「独立行政法人 情報通信研究機構」の日本標準時NTPサーバーへの変更を行います。「インターネット時刻サーバーと同期する」項目のサーバー記入欄に「ntp、nict、jp」と記入して「今すぐ更新」を押しましょう。

「時計は正常に〇〇(現在時刻)にntp、nict、jpと同期しました。」と表示されれば時刻同期の終了です。次回から、ntp、nict、jpのインターネット時刻サーバーと同期することになります。
f:id:rick1208:20200527132732p:plain

同期間隔の設定を変更

f:id:rick1208:20200527131349p:plain

NTPサーバーの変更を行ったら、次は同期間隔の設定を変更しましょう。

Windowsキー+Rキー」の同時押しで「ファイル名を指定して実行」を呼び出したら、記入欄に「regedit」と記入して「OK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200527132748p:plain
レジストリエディターが表示されます。左側に表示されているフォルダツリーから「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\Ntパソコンlient」まで移動して表示しましょう。
f:id:rick1208:20200527132758p:plain
「Ntパソコンlient」フォルダ内の「SpecialPollInterval」をダブルクリックしましょう。
f:id:rick1208:20200527132834p:plain
DWORD(32ビット)値の編集ウィンドウが表示されます。

「表記」のボタンを10進数に押して切り替えたら、「値のデータ」を「43200」に変更してから「OK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200527132948p:plain
43200という数値は、12時間のことを指しています。要するに、12時間ごとに時刻合わせが行われるようになるわけですね。あとはパソコンを再起動することで、上記設定が適用されます。