漫画の地球儀

Windows10のゲストアカウントの作成方法!【パソコン、ローカルアカウント、プライベート情報】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200527131329p:plain


Windows10のパソコンを友達など他の人に貸さなければいけない時に、自分自身のアカウントでログインさせてしまうとプライベートデータを見られてしまう恐れがあります。また、アカウントに管理者権限がある場合、パソコンの設定をいじれてしまうためとても危険です。

もし他の人にパソコンを貸す場合は「ゲストアカウント」を用意してゲストログインしてもらうことで、プライベート情報を見られることなく安心してパソコンを貸すことが可能ですよ。

Windows10でのゲストアカウントは、ローカルアカウントを作ることで代用することになります。ここでは、Windows10でゲストアカウントを作成する方法をご説明していきます。

Windows10のゲストアカウントの作成方法

f:id:rick1208:20200527131349p:plain
それでは、ゲストアカウントを作ってみましょう。デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「設定」を押しましょう。

Windowsの設定が表示されたら、「アカウント」を押します。
f:id:rick1208:20200527130755p:plain
設定画面が開くので、左側メニューの「家族とその他のユーザー」を押します。

ウィンドウ右側に家族とその他のユーザーの項目一覧が表示されるので、他のユーザー項目の「その他のユーザーをこのパソコンに追加」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200527131112p:plain
「このユーザーはどのようにサインインしますか?」ウィンドウが表示されるので、「子のユーザーのサインイン情報がありません」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200527131123p:plain
「アカウントの作成」画面が表示されます。「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200527131205p:plain
「このパソコン用のアカウントの作成」画面に移動するので、「このパソコンを使うのはだれですか?」項目にユーザー名を記入しましょう。ユーザー名は「ゲストアカウント」や「ゲストユーザー」などの分かりやすい名前にしておくことをおススメします。

名前を記入したら「次へ」をクリックするとローカルアカウントが作成されます。
f:id:rick1208:20200527131220p:plain
ストアカウントへ切り替えるには、スタートメニューの自分自身のアカウントアイコン(画像)を押して、一覧からゲストアカウントを押しましょう。
f:id:rick1208:20200527131228p:plain
ストアカウントも通常のアカウントと同様に初回設定があるので、自分自身でログインして設定を終了させておくとスムーズに貸せます。