漫画の地球儀

「クイックフォーマット」と「通常フォーマット」の違い!【デメリット、HDD、Windows、SSD】

スポンサーリンク

「クイックフォーマット」と「通常フォーマット」の違い

f:id:rick1208:20200517100201p:plain
WindowsのパソコンでHDDやSSDといったストレージのフォーマットを行うときに、フォーマットオプションに「クイックフォーマット」という項目があることに疑問を抱いたことはありませんか?

ここではWindowsの「クイックフォーマット」とは何なのか、「通常フォーマット」の違いについて解説します。
f:id:rick1208:20200527130053p:plain

クイックフォーマットとは?

f:id:rick1208:20200520083015p:plain
クイックフォーマットと通常フォーマットの違いですが、クイックフォーマットは不良セクタのチェックを行わず、通常フォーマットは不良セクタのチェックを行うという違いがあります。

不良セクタのチェックにはとても時間がかかるため、チェックを行わないクイックフォーマットは通常フォーマットに比較して素早くフォーマットを終了させることが可能です。

Windowsでフォーマットを行うとき、デフォルトでフォーマットオプションのクイックフォーマットにチェックが付いていることがチェック可能です。

クイックフォーマットのデメリットは?

f:id:rick1208:20200519175437p:plain
クイックフォーマットのデメリットとしては、上記で解説した通り不良セクタのチェックを行わない点です。

もしHDDやSSD不良セクタがあった場合にもチェックを行わずスルーしてしまうので、不良セクタがそのまま使用されてしまいデータの喪失に繋がる可能性があります。

また、新品のHDDやSSDをフォーマットして初期不良がないかチェックするという場合はクイックフォーマットだと初期不良をチェックできないので、クイックフォーマットではなく通常フォーマットを行いましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200519172139p:plain


HDDやSSDにフォーマットを行うとき、「クイックフォーマット」と「通常フォーマット」の2つのフォーマットを選択可能です。これらのフォーマットの違いは「不良セクタのチェックを行うかどうか」です。

これらのフォーマットは、HDDやSSDにどういったデータを保存するのかで使い分けましょう。例えばWebストアでダウンロードした漫画や動画などの1回見たらもう見ないデータなどを保存するストレージであれば、クイックフォーマットでOKと思います。

もしビジネスなどの重要なデータを・自分自身自身にとって貴重な消したくないデータを保存するストレージであれば通常フォーマットを行いましょう。新品のストレージの初期不良チェックや、リペアしたストレージの場合も時間はかかりますが通常フォーマットがおススメです。