漫画の地球儀

Windows10で文字が表示されないときの原因!【対処法、デスクトップ、エクスプローラー、パソコン】

スポンサーリンク


f:id:rick1208:20200520083002p:plain



Windows10のパソコンを使用していて、文字が表示されない・消えるといった症状が発生することがあります。

具体的にはデスクトップアイコンのファイル名が消失したり、タスクバー・ウィンドウ・Windowsのスタートメニューの文字が表示されない・ポップアップサムネイルの文字が消える・アプリケーションの文字も表示されないようになってしまいます。

これらの症状がパソコンの起動時にすぐ発生したり、起動後しばらくして発生するようになってしまうと、操作にかなりの支障をきたします。そこで、ここではWindows10で文字が表示されない場合の対処法をご説明していきます。

Windows10で文字が表示されない場合の対処法

f:id:rick1208:20200519185716p:plain

Windows10で文字が表示されない場合の対処法ですが、文字が表示されない症状が発生した場合はフォントキャッシュをリセットすることで改善が見込めます。

フォントキャッシュの消去方法は複数あるので、それらの方法を説明します。

エクスプローラーから直接フォントキャッシュを消去する

f:id:rick1208:20200520083025p:plain
エクスプローラーから直接フォントキャッシュを消去することが可能ですが、フォントキャッシュのあるフォルダは隠しファイルになっています。まず最初は隠しファイルを出しるように設定を変更する必要があります。

エクスプローラーを起動したら、ウィンドウ上部の「ファイル」を開いてメニューの「オプション」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200520082651p:plain



フォルダーオプションが表示されるので、「表示」タブを開いて詳細設定一覧の「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」ボタンをオンにして「OK」を押して設定を適用しましょう。
f:id:rick1208:20200520082728p:plain


続いて、「C:¥Windows¥System32」フォルダ内にある「FNTCACHE、DAT」ファイルを消去しましょう。あとはパソコンを再起動すれば、フォントキャッシュがリセットされます。
f:id:rick1208:20200520082744p:plain

コマンドプロンプトからフォントキャッシュを消去する

f:id:rick1208:20200520083015p:plain
コマンドプロンプトからもフォントキャッシュを消去することが可能です。

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開します。

コマンドプロンプト」を右押して、「管理者として実行」から起動しましょう。
f:id:rick1208:20200520082818p:plain
コマンドプロンプトが起動するので、「del %windir%\system32\FNTCACHE、DAT」と記入してEnterキーを押しましょう。特にメッセージは表示されませんが、操作が終了したらコマンドプロンプトを終了してパソコンを再起動しましょう。これでフォントキャッシュがリセットされます。
f:id:rick1208:20200520082842p:plain

del %windir%\system32\FNTCACHE、DAT