漫画の地球儀

Twitterで誹謗中傷を依頼削除依頼する方法!【弁護士費用、ツイート、違法、著作権、商標権、証拠】

スポンサーリンク

ツイッターの消去依頼をする前にチェック

f:id:rick1208:20200515135025p:plain
ツイッターで誹謗中傷をされてしまったり、個人情報をさらされてしまったりした場合には速やかに消去依頼する必要があります。ツイッターに消去依頼しないとあっという間に拡散してしまい、半永久的にネット上から消えないデジタルタトゥーになってしまう可能性があり、あなたの将来に悪い影響を及ぼす可能性があります。

ここではツイッターでツイートの消去依頼をする方法について解説します。具体的なツイッターでの消去依頼の方法を見ていく前に、ツイッター社が消去依頼に応じてくれるツイートの内容について具体的に見ていきましょう。

ツイッター社が消去対象とするコンテンツの内容

f:id:rick1208:20200515134517p:plain
ツイッター社が消去依頼に応じるツイートのコンテンツの内容とは、次の基準に合致するものになります。

商標権・著作権などの権利侵害

f:id:rick1208:20200517072216p:plain
法的に見て、誰かが商標権や著作権などの権利を所持していることが認められるものを、無断転載するなどして権利を侵害した場合にはツイッター社は消去依頼に応じてくれます。

刺激が強すぎるツイート

誰もが目に可能なインターネット上という場で公開するのには刺激が強すぎる内容だと判断されるツイートも、ツイッター社による消去依頼の対象になります。具体的には暴力的な内容と、性的な刺激が強すぎるコンテンツになります。

違法活動に関するツイート

法律にさわる内容に関するツイートも、ツイッター社による消去の対象になります。

ツイッターバッジの使用

ツイッター社が権利を所持しているツイッターのロゴやヘッダー画像を無断使用したツイートも、ツイッター社による消去の対象になります。

ツイートで身体的脅迫をする

ツイッターを使用して特定の人に対して、身体的な危害を及ぼすような内容をツイートしたら消去の対象になります。拉致や誘拐を想起させる内容や、暴力をふるうといった内容になります。

ツイートで誹謗中傷する

ツイッターを使用して特定の人に対して誹謗中傷する内容のツイートも消去の対象になります。誹謗中傷の内容がたとえ事実であっても、それが暴露された人にとって不利な内容になる場合には、消去の対象になります。

ツイートで個人情報をさらす

f:id:rick1208:20200517072320p:plain
ツイッターで実在する人物の本名や住所やメールアドレスなどの個人情報をさらした場合も、消去の対象になります。

ツイートで自殺をほのめかす

ツイッターを使用して自殺をほのめかしたり、一緒に自殺する人を探すような内容のツイートをした場合も消去依頼の対象になります。

スパム行為

f:id:rick1208:20200517072347p:plain
金銭的な被害や身体的な被害はないものの、迷惑行為と受け取られるスパム行為と受け取られるツイートも消去対象となります。大量のツイッターアカウントを作って、同じ内容の宣伝ツイートを大量に流すような行為はスパムと判定されて、アカウント停止の対象になります。

ツイッターの消去依頼をするやり方

f:id:rick1208:20200517072703p:plain

ツイッターで上記の内容に合致するとみなされたコンテンツはツイッター社に消去依頼することが可能です。ツイッターの消去依頼をする具体的な方法を見ていきましょう。

証拠の保全

f:id:rick1208:20200517072409p:plain
まず最初は上記のコンテンツに該当するツイートの証拠を保全します。証拠は画像として保全しましょう。スクリーンショットで撮影するか、スクショが撮れない場合にはカメラでツイートのコンテンツを撮影します。画像で残しておかないと、相手にブロックされてしまった場合には、あなたはそのツイートのコンテンツにアクセスできなくなってしまいます。

最悪、そのツイートを消去されてしまったり、アカウント消去されてしまったりした場合には、画像の証拠が残っていないと証拠を提出できなくなります。まず最初は相手がこちらの動きに気が付く前に証拠を画像で保全しましょう。

ツイート主へDMで消去依頼

f:id:rick1208:20200517072444p:plain
証拠が保全出来たら、該当のコンテンツをツイートしているツイート主にDMで消去依頼をします。そのときには、弁護士に相談していて、法的措置も検討している旨を伝えると効果的です。

ツイッター社へ消去依頼

f:id:rick1208:20200517072452p:plain
ツイート主が直接の消去依頼に応じない場合には、ツイッター社へ消去依頼します。ツイッター社へ消去依頼する方法はこの次に見ていきましょう。

ツイッターツイッター社へ消去依頼する方法

f:id:rick1208:20200517072503p:plain
ツイッターで誹謗中傷を受けたりした場合に、ツイート社へ消去依頼する方法です。

「サポートに連絡する」から消去依頼する

ツイッター社のサポートから連絡をします。ツイッターアプリやブラウザ版のツイッターを開いて、まず最初はプロフィールアイコンを押します。
ツイッターの消去依頼の方法

「ヘルプセンター」を押します。

f:id:rick1208:20200517071820p:plain
ヘルプセンターの画面を下にスクロールします。
f:id:rick1208:20200517071845p:plain
するとツイッターのサポートへ報告するのでのリンクがあります。こちらを押します。
f:id:rick1208:20200517071854p:plain
「攻撃的な行為やセンシティブなコンテンツを報告したい」を押します。
f:id:rick1208:20200517071901p:plain
どのようなコンテンツのツイートか、内容を選びます。誹謗中傷をされている場合には「嫌がらせや攻撃的な行為を報告したい」を、成り済まされている場合には「なりすまし行為を報告したい」を選びます。
f:id:rick1208:20200517072000p:plain

「嫌がらせや攻撃的な行為を報告したい」を選択すると、さらに細かく内容を聞かれます。最も近いものを選んでチェックを入れます。
f:id:rick1208:20200517072013p:plain

下にスクロールしていくと、誰が迷惑行為を受けているのか、報告対象ツイートのURL、具体的な問題の詳細などを記入する欄があります。最後に自分自身自身の連絡先となるメールアドレスと本名を記載したら送信します。

報告対象ツイートのURLを間違えない

f:id:rick1208:20200517072524p:plain
送信する前に気を付けたいのは、報告対象ツイートのURLを間違えないことです。
f:id:rick1208:20200517072025p:plain

ツイートのURLをアカウントのURLと間違えて送信してしまう人がいます。大量にツイートしているアカウントだった場合、ツイート社も該当ツイートがどれなのかわからない場合もあるので、該当ツイートのURLはちゃんとと間違えずに記入しましょう。

https:、、ツイッター、com、*****」はアカウントのURLです。送信しなくてはいけないURLは「https:、、ツイッター、com、*****、status、********」です。該当するツイートを表示するとアドレスバーにツイートのURLが表示されるので、そちらをコピペしましょう。

この記事の内容とは関係ありませんが、ユニクロのこちらのツイートのURLはこちらになります。該当ツイートのこちらのURLを記入します。

本人チェック書類を送信する

f:id:rick1208:20200517072606p:plain
最後に本人チェック書類を送信します。本人チェック書類は運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。顔写真付きの公的機関が発行しているものを用意しましょう。免許証やパスポートを所持していない人はマイナンバーカードでも大丈夫です。

ツイッターの消去依頼をしても問題解決しないとき

f:id:rick1208:20200517072614p:plain
ツイッターの消去依頼をしても問題が解決しないこともあります。そんな時には最終手段を取りましょう。

弁護士に相談

ツイッターの消去依頼をしても解決しないときの最終手段というのは弁護士に相談することです。弁護士にお願いするとお金はかかりますが、その後何十年もデジタルタトゥーが残るリスクを考えたら、お金を掛けても解決しておいた方がいいと思います。

メリットは?

弁護士に依頼するメリットには、一つには迅速にプロの目線で対応してもらえる、という点があります。さまざまなトラブルを解決することを仕事としている弁護士には、私たちにはどうしようもないと思える問題も解決可能な手段があります。

またツイッター社は海外の企業なので、アメリカとやり取りしなくてはいけません。私たちにはできないそのような手続きもお任せすることが可能です。弁護士に依頼することで、書き込みをした人を特定可能な、というメリットもあります。

プロバイダに発信者情報の開示を請求可能なのは大きな武器になります。またツイッター社や書き込んだ人とのやり取りを全部一任可能なのも大きいです。誹謗中傷を受けてストレスで弱っているところに、自分自身自身でやり取りするのは本当に大変なものです。これを代わりにやってもらえるのは大きなメリットになります。

弁護士の探しかたは?

f:id:rick1208:20200517072106p:plain
弁護士はどうやって探したらいいのかわからない、という人もいると思います。そういう場合には「弁護士 地域名」でネットで検索しましょう。近隣の弁護士会のホームページや、その地域で開業している弁護士事務所を見つけることが可能です。

弁護士事務所ではホームページでどのような事例を解決したのか、個人情報を特定しない範囲で実績を公開しています。弁護士でも得意不得意、分野がそれぞれあるので、ネットトラブルの経験が豊富な弁護士を見つけて相談してみましょう。

依頼する費用は?

弁護士に依頼する費用はどのくらい必要になるのか気になっている人も多いことと思います。法廷闘争までいかない場合で20万円ほど、法廷闘争まで行った場合には40万円ほどが相場です。弁護士によって、解決するまでの時間によって、金額はかなり変わってきます。分割払いに応じてもらえる場合もあるので、金銭的なことも含めて相談してみましょう。

最初に相談するときには、置かれている状況や金銭的なことなど気になっている質問などをメモにまとめておきましょう。そうするとスムーズに時間を無駄にせずやり取り可能です。

まとめ

f:id:rick1208:20200517072641p:plain
ツイッターは本当に便利で楽しいツールですが、一歩間違えるととんでもない内容を拡散されてしまう諸刃の剣といえるものです。ツイッターで誹謗中傷されてしまったときには、拡散しないうちに対応しないと、将来的にとんでもないことになることがあります。

ぜひツイッターで誹謗中傷されてしまったときには迅速に消去依頼をして対応しましょう。お金がかかっても最初から弁護士に依頼したほうが確実な対応が可能です。ぜひ勇気をもって対処していきましょう。