漫画の地球儀

GoogleマップにExcelをインポートしてプロットマッピングする方法!【顧客データ、マイマップ、マイプレイス】

スポンサーリンク

Googleマップにプロット・マッピング

f:id:rick1208:20200516211529p:plain
Googleマップは、目的地への経路検索や現在地周辺のお店などを簡単に調べられるため、使用しやすいマップ機能です。これだけでも十分に便利なGoogleマップですが、さらに便利な機能としてプロット・マッピングがあります。

Googleマップ上にプロット・マッピングするメリットですが、ビジネスでは取引先をプロット・マッピングしておけば効率よくルート営業可能な、新規のルート開拓の参考資料になる、といった営業ツールとして活用可能なことが挙げられます。最初に、Googleマップにプロット・マッピングするのでに必要な用意について説明します。

顧客データを記入したExcelを用意する

f:id:rick1208:20200502174817p:plain
Googleマップ上にプロット・マッピングするのでには、住所が記載された顧客データが必要となります。顧客データの管理方法は会社によって異なりますが、Googleマップにプロット・マッピングするのでにはExcelに顧客データを記入しておく必要があります。

他のツールで顧客データを管理している場合、Excelにデータを移動させることは大変かもしれませんが、Excelに顧客データを移しておけばプロット・マッピング以外にも、関数計算が簡単に可能なといったメリットもあるため、この機会に移しておきましょう。

Googleマップでマイマップを作成する

f:id:rick1208:20200516211108p:plain
プロット・マッピング用のマップを用意します。まず、Googleマップを開いたら、画面左上の「三」を押し、メニューを開きます。メニュー下部に表示されている「マイプレイス」アイコンを押します。
f:id:rick1208:20200516211123p:plain

マイプレイスのメニューが表示されたら、メニュー右側に表示されている「マイマップ」を選び、下部の「地図を作成」を押します。
f:id:rick1208:20200516211134p:plain

これで、マイマップの作成は終了です。画面左に表示されている「無題の地図」は作成したマイマップの件名です。複数のマイマップを作成する場合は、件名を付けておきましょう。

Googleマップに顧客データをプロット・マッピングする方法

Excelの顧客データとマイマップの用意ができたら、いよいよGoogleマップにプロット・マッピングしていきます。用意がきちんとできていたら、それ程難しい作業ではないため、用意をきちんとしてから行うようにしましょう。

Excelファイルをインポートする

f:id:rick1208:20200516211143p:plain

顧客データの住所をGoogleマップに出しるには、顧客データをマイマップに取り込む必要があります。まず、作成したマイマップ画面に表示されている「インポート」を押します。
f:id:rick1208:20200516211212p:plain

インポート方法の選択画面が表示されます。ここでは、顧客データの入ったExcelファイルをインポートするので、「アップロード」を選びます。Excelファイルをこの画面上にドラッグするとインポート可能です。

また、画面に表示されている「デバイスのファイルを選択」ボタンをクリックすると、Excelファイルの選択画面に移動するので、こちらからもExcelファイルをインポート可能です。
f:id:rick1208:20200516211224p:plain

顧客データが入ったExcelファイルをアップロードできたら、目印を配置する列の選択画面に移動します。目印とは、Googleマップで表示されるプロットのことです。ここでは住所をプロットしたいため、「住所」にチェックを入れます。他のデータは必要ないため、チェックは入れないでおきましょう。「続行」を押して、作業を進めます。
f:id:rick1208:20200516211233p:plain


次に表示される画面では、マーカーのタイトルとする列を選びます。マーカーのタイトルとは、Googleマップでプロットしたときに、そのプロットが何であるかを示してくれる情報のことです。ここでは、誰の住所であるかを表示したいため、「名前」を押します。プロットを区別するのでの情報であるため、IDなどを選択することも可能です。

また、複数の情報が表示された方が良い場合は、複数チェックしても構いません。チェックを入れたら、「終了」を押します。

顧客データを地図上でチェックする

f:id:rick1208:20200502180620p:plain
GoogleマイマップにExcelデータがインポートできたら、Googleマップ上に青いプロットが表示されます。これで、どの地域に顧客がいるかが一目瞭然です。通常のGoogleマップと同様に拡大、縮小も可能なため、色々な視点で顧客を可視化可能です。

また、青いプロットをクリックすると、顧客の名前など詳細データもチェック可能です。

Googleマップのプロット・マッピングを分かりやすく編集

f:id:rick1208:20200502180701p:plain
Googleマップに顧客データがプロット・マッピングされ可視化可能でしたが、顧客データが多い、もっと細かく顧客を分類する必要がある、といった悩みも出てきます。ここでは、作成したGoogleマイマップをさらに使いやすくするのでの方法をご解説します。

ピンを色分けする

f:id:rick1208:20200502191942p:plain
ビジネスのときには、顧客に応じて戦略を展開していかなければなりません。作成したGoogleマイマップ上のピンをクリックすれば顧客の詳細情報を見られますが、すべての顧客情報を開くことは困難です。その状況を打破してくれるのが、ピンの色分けです。ピンを色分けすることで、さらに詳細な情報が一目瞭然となります。

ここでは、Googleマップのピンの色分けの方法についてご解説します。

均一スタイル

f:id:rick1208:20200516211307p:plain
Googleマイマップを最初に作成した時は、ピンは均一スタイルで表示されています。均一スタイルでは、同レイヤ内の顧客データのピンがすべて同じ色で表示されます。なので、複数のレイヤを同じGoogleマイマップに出した場合、レイヤごとにピンの色が変わることになります。データごとに顧客を分類したい場合は、均一スタイルがおススメです。

個別スタイル

f:id:rick1208:20200516211323p:plain

Googleマイマップに表示されている「均一スタイル」をクリックすると、ピンの表示スタイルが選択可能です。ここに表示されている「個別スタイル」をクリックすると、Googleマイマップ画面の左画面に顧客の名前が一覧で表示されます。個別スタイルでは、ピンごとに色分け可能です。

なので、重要な取引をしている顧客、訪問予定の顧客、といったように目的に応じて自由にピックアップして色分け可能です。


色分けをしたい顧客の名前上に、カーソルを所持していくと右側に「バケツマーク」のアイコンが表示されます。「バケツマーク」のアイコンをクリックすると、色の選択画面が表示されるので、お好みの色を選びます。色の選択画面を閉じれば、個別スタイルでの色分けは終了です。

データ列別のスタイル

f:id:rick1208:20200516211353p:plain


データ列別のスタイルでは、Excelデータの列によってピンの色分けが可能です。例えば、作成したExcelデータに性別が含まれていた場合、男女でピンの色分けが可能となります。データ列別のスタイルで色分けしたい場合は、「データ列別のスタイル」の下に表示されているデータ列の一覧から、色分けしたい項目を選びます。

後は、データに応じて自動で色分けが行われます。

ピンの色を変更する

ピンは自由に色を変更可能です。色の変更を行う場合は、左画面に表示されている項目の中から色を変えたい項目にカーソルを当てます。すると、右側に「バケツマーク」のアイコンが表示されるので、そのアイコンを押します。

色の選択画面が表示されるので、お好みの色を選び、この画面を閉じればピンの色の変更は終了です。

Googleマップにプロット・マッピングした顧客データを編集

f:id:rick1208:20200501012802p:plain
Googleマップにプロット・マッピングした顧客データですが、残念ながらそのまま使い続けることは可能でせん。顧客情報の変更に合わせて、情報も更新していかなければならないからです。しかし、Excelデータを更新して、Googleマイマップにアップロードし、再び色分けするという作業をその都度やっていては大きな負担となります。

ここでは、負担軽減可能な顧客データの編集方法をご解説します。編集方法は2つあるため、使用しやすい方を選びて利用してください。

データビューから編集する

f:id:rick1208:20200516211413p:plain
編集したい顧客データが含まれるレイヤをチェックします。レイヤの右側に表示されている「⋮」を押し、「データビューを開く」を選びます。

顧客データが一覧で表示されます。この中から、編集したい部分をダブルクリックすると、直接編集が可能です。編集した内容は自動で保存されるので、編集が終了したら右上の「×」を押して画面を閉じます。これで、データビューからの顧客データの編集は終了です。

地図上のピンから編集する

f:id:rick1208:20200501011701p:plain
編集したい顧客が地図上の、どのピンであるかが判明している場合、地図上のピンから顧客データを編集することも可能です。ピンを押して顧客データを出します。画面右下に表示されている「鉛筆マーク」のアイコンを押します。

顧客データの編集画面が表示されるので、変更したい部分を編集します。編集が終了したら、「保存」ボタンを押します。これで、地図上のピンから行う顧客データの編集は終了です。

新しい顧客データを追加する

f:id:rick1208:20200516211430p:plain

顧客データを編集ではなく、追加したい場合もGoogleマイマップ上の作業のみで完結可能です。まず、顧客データを追加したいレイヤを選びます。その状態で地図上に表示された「マーカー」アイコンを押します。すると、カーソルを地図上に移動させたとき、カーソルが「+」マークに変わります。この状態で地図上を押します。

顧客データの編集画面が開くため、必要なデータを記入して「保存」を押します。住所に合わせてピンも自動的に移動します。これで、顧客データの新規追加は終了です。

まとめ

f:id:rick1208:20200502174623p:plain
現在地周辺の検索や経路検索のみでも十分に活用可能なGoogleマップですが、Excelデータをインポートしてプロット・マッピングすることで営業ツールとしても活用可能です。基本の顧客データさえ作ってしまえば、追加や消去、編集はすべてGoogleマップ上で完結するので、余計な作業も必要ありません。

Googleマップをビジネスツールとして活用し、作業を効率化していきましょう。