漫画の地球儀

Googleのパーソナル検索を削除する方法!【消去、検索履歴、無効化、ブックマークレット、検索順位】

スポンサーリンク

パーソナル検索を消去

f:id:rick1208:20200501005932p:plain

Googleのパーソナル検索

f:id:rick1208:20200501011049p:plain
Googleのパーソナル検索はと、パーソナライズド検索(Personalized Search)やパーソナライゼーションとも呼ばれているもので、Googleで導入されている検索機能の一つです。

それぞれのユーザー毎に異なる、ユーザーが一番求める検索条件や目的をくみ取ることで、そのユーザーが「一番求める検索結果」をカスタマイズして自動表示する機能が、Googleのパーソナル検索です。

このパーソナル検索の機能は、2005年6月から開始されたもので、いま現在、Googleで検索したときはパーソナライズされた結果(パーソナル検索)が表示されるようになっています。このことは、Googleで検索する人の数だけ、それぞれ異なるパーソナライズ(パーソナル検索)された検索結果が表示されてくるということです。

例えば、検索した地域やキーワードによるパーソナル検索は、以下のように函館で「ラーメン」と検索した場合、函館周辺のラーメン店に関する情報をパーソナライズし表示します。
f:id:rick1208:20200516155850p:plain

パーソナル検索を行うときに、主に以下のデータから、そのユーザーが最も求める検索結果をパーソナライズし表示していると考えられます。

①検索しているユーザーの位置情報
②以前に検索したキーワード
③ソーシャルの使用状況
④過去に表示したサイトや押したリンク

ということは、これらの情報を消去することができれば、パーソナル検索の動作を管理することが可能なということです。次に、検索履歴を消去する方法について説明します。

Googleの検索履歴を消去する

f:id:rick1208:20200501011701p:plain
Googleで検索する度に、パソコンやスマートフォンに検索した履歴が残ります。この検索した履歴は自動的に消去されるものではありませんので、消去する場合には「履歴の消去」という動作を行う必要があります。それでは、Googleのパーソナル検索に関係し、かつ、とても重要な箇所となるGoogleの検索履歴を消去する方法について説明します。

注意する点は、Googleアカウントでログインして連携している場合は、パソコンで履歴の消去を行うとそれと連携したスマートフォンの方の履歴も消去されてしまうということです。

連携した他のデバイスのパーソナル検索に影響を与えないようにするには、履歴の消去を行う前に、消去を行うデバイスGoogleアカウントをログアウトしておく必要があります。消去してしまってからでは遅いので、履歴の消去前には、ちゃんとチェックしておくほうがよいと思います。
f:id:rick1208:20200516155930p:plain

最初に、Googleアカウントでログインしていない場合の履歴の消去方法から説明します。まず、画面右上の赤い四角でかこった箇所を押し、開いたメニューの上のほうにある「履歴」を選びます。もうひとつ画面が開いてきますので、その画面の一番上の履歴を選びます。
f:id:rick1208:20200516155941p:plain

ここで画面が切り替わり、履歴の一覧画面が表示されてきます。画面右の赤い四角の記号の箇所を選択すると、「履歴から消去」が表示されますので、これを選択することで、個別に履歴の消去を行うことが可能です。
f:id:rick1208:20200516155953p:plain


また、個別の消去ではなく、一括して履歴の消去を行いたい場合には、同じ画面の今度は左側に「見ること履歴データを消去する」を選びます。
f:id:rick1208:20200516160004p:plain

消去範囲や条件を指定する画面が開いてきますので、ここで範囲指定を行い、「データを消去」を選択することで履歴が消去されます。

Googleアカウントでログインしている場合には、消去するやり方が変わってきます。Googleアカウント(マイアクティビティ)から検索履歴を消去するには、まず、画面右上の赤い四角でかこった箇所を押し、開いたメニューの中の下のほうにある「設定」を選びます。すると下記画面のように画面が切り替わりますので、その中の「Googleアカウントの管理」を選びます。
f:id:rick1208:20200516160025p:plain

画面が切り替わりますので、画面左上の「データとカスタマイズ」を選びます。変わった画面の、中ほどにある「ウェブとアプリのアクティビティ」を選びます。
f:id:rick1208:20200516160036p:plain

変わった画面の、画面中ほどに表示される「履歴を管理」を選びます。
f:id:rick1208:20200516160048p:plain

画面左上にある「アクティビティを消去する基準」を選びます。表示された画面にて、消去する条件や、消去する日付等を指定し、「消去」を選択することで最終的に消去されます。
f:id:rick1208:20200516160058p:plain

パーソナル検索を無効化に設定する方法

Googleの検索履歴の設定を変更する

f:id:rick1208:20200516160113p:plain
Googleアカウントでログインしている時に、Google検索するとアカウントに履歴が残ってしまいます。検索履歴が残ることを無効化するやり方を説明します。

上記「Googleの検索履歴を消去する」に書きました「アクティビティ管理」の画面を開き「ウェブとアプリのアクティビティ」をOFFにします。OFFにすると、次の画面となりますので、画面右下の「一時停止」を選択することで、検索履歴を残すことを無効化することが可能です。これで、パーソナル検索の機能が停止します。注意する点は、この設定変更だけでは、Googleの検索履歴は消去されないということです。
f:id:rick1208:20200516160151p:plain

パーソナル検索を無効化する方法

URLに「&pws=0」をつけて検索する

ここではとても簡単に、パーソナル検索を無効化する方法について説明します。手動で一時的にパーソナル検索を無効化可能ですので、パーソナル検索が有効な状態での検索結果と、パーソナル検索が無効化された状態での検索結果を簡単に比較することが可能です。

やり人はいたって簡単で、手動で検索結果URLの後ろに「&pws=0」をつけて再度Enterを押すだけです。これで、パーソナル検索の機能が働かない検索結果が表示されます。
f:id:rick1208:20200516160207p:plain

ブックマークレット

ブックマークレットというのは、対象のウェブページで、簡単な機能を動かすことが可能な機能です。さきほど説明しました、検索結果URLの後ろに「&pws=0」をつけて、再度検索するが、まさにこの機能のことです。
f:id:rick1208:20200516160234p:plain

シークレットモードを使用する

もうひとつ、パーソナル検索を無効化する方法が、ブラウザのシークレットモードを使用する方法があります。シークレットモードを使うと、ブラウザに履歴や検索履歴に残らず、ウィンドウを閉じると自動的にCookie等の情報もパソコンから消去されます。
f:id:rick1208:20200516160248p:plain

Google Chromeを使用している場合のシークレットモードを説明します。画面の右上にある「Google Chromeの設定」ボタンを押し、「シークレットウィンドウを開く」を選択するとシークレットモードでの画面が起動します。そうすると、以下のような「シークレット」という表示と、マークが画面の右上に表示されます。

Google Chromeを起動している状態で、キーボードでのショートカット「Ctrl + Shift + N」でも、シークレットモードでの画面が立ち上がります。
f:id:rick1208:20200516160337p:plain

これによりパーソナル検索の機能が動く可能性が低くなりますが、完全にパーソナル検索の機能が停止するようではないようです。シークレットモードでは、過去の見ること情報を使わないため、極力パーソナル検索の要素が省かれますが、位置情報についてはそのまま使用されるようです。

完全にパーソナル検索の機能を動作させないように検索するには、1回検索した検索結果URLの後ろに&pws=0」をつけた検索を行う必要があるようです。

もうひとつ、Microsoft Edgeの場合についても説明します。InPrivateウィンドウを開くことで、Google Chromeのシークレットモードのような画面で検索することが可能です。InPrivateウィンドウでは、Cookieや履歴等の見ることデータがパソコンに保存されずに、ウィンドウ終了時に消去されます。

Microsoft Edgeの右上の設定から、「新しい InPrivate ウィンドウ」を選択するで、InPrivate ウィンドウが立ち上がります。パーソナル検索は、Googleで検索するときに関係してきますが、他ブラウザでの履歴も関係してきます。
f:id:rick1208:20200516160356p:plain

キーボードでのショートカット「Ctrl + Shift + P」でも、InPrivateウィンドウが立ち上がります。
f:id:rick1208:20200516160406p:plain

パーソナル検索を消去・無効化するとどうなる?

f:id:rick1208:20200501010934p:plain

検索順位が変更する

f:id:rick1208:20200501010412p:plain
パーソナル検索の機能は、とても便利なものですが、例えば自社のWebサイトの順位をチェックするときには、このパーソナル検索の機能が働いていると本当の順位をチェック可能でせん。

なぜなら、自社のWebサイトだと何度も検索したり、何かのときに出したりするので、Googleに検索履歴を残すことになり、この行為により、Googleは「使用しているユーザーにとって、このサイトはとても重要である」と判断し、その結果、検索内容をパーソナライズし検索順位を上位に所持してくるからです。

その為、実ときには自社Webサイトの検索順位がかなり下位に表示されるような状況にもかかわらず、あなたのブラウザで検索すると、知らず知らずのうちにパーソナル検索の機能が働き、パーソナライズされた検索順位が上位に表示されるという現象が起きるわけです。
ということは、Googleの検索履歴を消去すると検索順位が変わってくるということです。

まとめ

f:id:rick1208:20200501005943p:plain

それでは、今まで書いてきました、パーソナル検索を消去・無効化した検索を実ときに行ってみましょう。まず最初は、Googleアカウント(マイアクティビティ)から検索履歴を消去します。その上で、1回、検索(パーソナル検索)を実施します。その後、手動で検索結果URLの後ろに「&pws=0」をつけて、再度検索(パーソナル検索)を実施してみましょう。

これにより、パーソナライズされていない本来のパーソナル検索の検索結果が表示されます。何かの情報を検索するときに、とても便利なパーソナル検索ですが、使用する状況によっては意図しない結果が表示される場合もあります。パーソナル検索の機能を、使用する状況によって都合よくON、OFFすることで、検索目的に沿った結果を見出します。