漫画の地球儀

iPhoneの「非使用のAppを取り除く」の使い方!!【メリット、デメリット、自動、手動、再インストール】

スポンサーリンク

「非使用のAppを取り除く」

「非使用のAppを取り除く機能」は、ストレージの空き容量が足りなくなったときに使用頻度の低いアプリのプログラムだけを消去する機能です。このとき、書類やユーザーのデータは保存されたまま。アプリを再ダウンロードすればいつでも元に戻せる状態です。

メリット

f:id:rick1208:20200502191942p:plain
通常、アプリを消去(アンダウンロード)すると、プログラムと一緒に書類やデータもなくなってしまいます。苦労して進めたゲームのセーブデータなども、すべてなくなります。このようなとき、「非使用のAppを取り除く機能」を利用してアプリを取り除けば、いつでもデータを復元可能なというメリットがあります。

「非使用のAppを取り除く機能」は、ストレージ容量が足りなくなったときに本領を発揮する機能です。たとえば出先でビデオや写真を撮影中、容量が足りなくなることがよくあります。このとき、サイズの大きなアプリを一時的に取り除けば、問題を回避可能です。アプリを取り除いても、書類やデータを残しておけるので安心です。その場しのぎに最適です。

デメリット

f:id:rick1208:20200502180651p:plain
なかなか便利そうに見える「非使用のAppを取り除く機能」ですが、デメリットもあります。アプリの配信が休止されたり終了されたりすると、再ダウンロードできなくなるという点です。書類やデータはiPhoneに保存されていますが、元通りにするにはApp Storeからアプリを再ダウンロードする必要があります。

以前なら、配信が終了しても、アプリをiTunesに保存しておけば再ダウンロード可能でした。しかし現在は、iTunes経由のダウンロードができなくなっています。App Storeでの配信が一時的に停止しているだけなら再開後に再ダウンロード可能ですが、配信自体が終了していると、書類やデータを失う危険があります。

また、書類やデータのサイズが巨大な場合、ストレージの節約効果も限定的です。たとえば動画の編集アプリなどは、アプリ本体よりもデータのほうが大きくなりがちです。このようなアプリの場合、プログラムを取り除いてもストレージの節約効果はあまり期待できないと思います。

「非使用のAppを取り除く」機能の使用方法

f:id:rick1208:20200502180711p:plain

非使用アプリを「自動」で取り除く方法

f:id:rick1208:20200514132822p:plain
「非使用のAppを取り除く」機能による自動消去を有効化するには、「設定」アプリ→一般→iPhoneストレージで「非使用のAppを取り除く」の使用をオンにします。ただ、設定を有効にしても、Appがすぐに取り除かれるわけではありません。端末の容量が足りなくなると消去されるようです。

ここでは解放可能な容量も表示されます。意外に大きなサイズが解放可能なことに驚くと思います。

f:id:rick1208:20200514132840p:plain
「非使用のAppを取り除く」機能のオン・オフは、「設定」アプリ→iTunes StoreApp Storeでも切り替えられる

非使用アプリを「手動」で取り除く方法

f:id:rick1208:20200514132858p:plain
iPhoneストレージ」画面ではアプリ名の下に前回使用した日付が表示されるので、使用頻度の低いアプリを見つけやすい

「設定」アプリ→一般→iPhoneストレージでは、ダウンロードしているアプリの一覧が表示されます。たとえ「非使用のAppを取り除く」機能を使用してなくても、個々のアプリを選びてAppを取り除くをタップすれば、そのアプリだけを手動で取り除くことが可能です。アプリを自動で消去されたくない人はこちらがおススメです。

取り除いたアプリを再インストールするには

f:id:rick1208:20200502180701p:plain
取り除いたアプリにはクラウド(雲)のマークが付く

「非使用のAppを取り除く」機能で消去したアプリは、「iPhoneストレージ」画面やホーム画面でチェック可能です。ホーム画面なら、アイコンの左下にクラウドのマークが表示されているので、すぐに分かります。アイコンを押すと、アプリの再インストールを開始します。