漫画の地球儀

Windows Defenderのリアルタイム保護方法!【Windows10、無効、有効、ウイルススキャン、脅威の定義】

スポンサーリンク

有効

f:id:rick1208:20200502174623p:plain
Windows10-Windows Defenderとは、Windows10に標準装備されているセキュリティ機能の1つです。Windows Defenderはマルウェアと呼ばれる悪意のあるソフトウェア(ウイルス等)や疑わしいアプリをウイルススキャンをして検出し消去してくれます。

リアルタイム保護の機能を有効に設定しておくと、マルウェアがダウンロード、あるいは実行されそうな場合に警告メッセージを表示して、その警告レベルに応じて適用する動作を選びて対処することが可能です。

※ Windows10-Windows Defenderでは、マルウェアのリアルタイム保護と常駐スキャンを行うため、ほかのウイルス対策ソフトを実行している状態では、Windows10-Windows Defenderを有効にできない場合があります。

リアルタイム保護を有効化するやり方

f:id:rick1208:20200502174817p:plain
悪意のあるソフトウェアであるマルウェアからWindowsを守るためにリアルタイム保護を有効化しておきましょう。リアルタイム保護を有効化するやり方をご解説します。

Windows セキュリティは、以前のバージョンの Windows10では、Windows Defender セキュリティ センターと呼ばれていました。バージョンによって表記が異なります。

この後、Windodws Defender セキュリティセンターという言葉が出てきますが、私のパソコンにはWindows Defender セキュリティセンターがWindows セキュリティになっています。他にも表記が異なる点もありますので予めご了承ください。


それでは、Windows10-Windows Defenderのリアルタイム保護を有効化しましょう。スタートボタンを押します。
リアルタイム保護を有効化するやり方 設定を押します
f:id:rick1208:20200514131946p:plain
歯車の形の設定を押します。

f:id:rick1208:20200514132032p:plain
Windows の設定画面の一覧から更新とセキュリティを押します。

f:id:rick1208:20200514132054p:plain
画面左側にあるWindows セキュリティを押します。
f:id:rick1208:20200514132102p:plain
この画面にWindows セキュリティを開くがある人は、Windows セキュリティを押します。この画面が、「Windows Defender セキュリティセンターを開きます」になっている人は次をご覧ください。
f:id:rick1208:20200514132224p:plain
Windows セキュリティを押した後、「Windows Defender セキュリティセンターを開きます」がある人は、この「Windows Defender セキュリティセンターを開きます」を押します。

Windows セキュリティを開くを押した人は、次の画面にお進みください。
f:id:rick1208:20200514132234p:plain
セキュリティの概要にある、ウイルスと脅威の防止を押します。
f:id:rick1208:20200514132243p:plain
「ウイルスと脅威の防止の設定」がクリック可能な人は「ウイルスと脅威の防止の設定」を押します。「ウイルスと脅威の防止の設定」がクリックできない人は「ウイルスと脅威の防止の設定」にある設定の管理を押します。
f:id:rick1208:20200514132326p:plain
ウイルスと脅威の防止の設定画面で、リアルタイム保護とクラウド提供の保護を両方ともオンにします。「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「はい」を押します。これでリアルタイム保護とクラウド提供の保護を有効化することが可能でした。

クラウド提供の保護は、クラウド上の最新の保護データにアクセスして、より強固で迅速な保護を実現します。サンプルの自動送信をオンにしている場合、効果的です。」と記載されています。

リアルタイム保護とクラウド提供の保護を両方ともオンにしておきましょう。

無効

f:id:rick1208:20200502180620p:plain
Windows10-Windows Defender は、Windows10に最初からダウンロードされているセキュリティ対策ソフトです。 このWindows10-Windows Defender の関係で、アプリなどに支障が出ることがあります。

その場合、一時的にWindows10-windows Defenderのリアルタイム保護を「無効」にして対処することが可能です。Windows10-Windows Defender のリアルタイム保護を無効にする方法をご解説します。

リアルタイム保護を無効化するやり方

f:id:rick1208:20200502180651p:plain
Windows10-Windows Defenderのリアルタイム保護を無効化するやり人は次の通りです。はじめにスタートボタンを押します。
リアルタイム保護を無効化するやり方 設定を押します。

歯車の形の設定を押します。
リアルタイム保護を無効化するやり方 更新とセキュリティを押します。

Windowsの設定画面です。一覧から更新とセキュリティを押します。
リアルタイム保護を無効化するやり方セキュリティを開いてwindowsセキュリティを開くを押します。

画面左側にあるWindows セキュリティを押して、Windowsセキュリティ画面のWindowsセキュリティを開くを押します。この画面にWindowsセキュリティを開くがない人は次をご覧ください。
リアルタイム保護を無効化するやり方 Windowsセキュリティ Windows Defenderセキュリティセンターを開きますを押します。

Windowsセキュリティを押して、Windowsセキュリティ画面でWindows Defenderセキュリティセンターを開きますを押します。

先ほどWindowsセキュリティを開くを押した人はこの画面を飛ばして次にお進みください。

セキュリティの概要の一覧ににある、ウイルスと脅威の防止を押します。

「ウイルスと脅威の防止の設定」を押します。もしくは「ウイルスと脅威の防止の設定」にある設定の管理を押します。

ウィルスと脅威の防止の設定画面です。リアルタイム保護とクラウド提供の保護を両方ともオフにします。「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「はい」を押します。

これでリアルタイム保護とクラウド提供の保護を両方とも無効化することが可能でした。

Windows Defenderのリアルタイム保護を有効化できない時の対処法

Windows10-Windows Defenderのリアルタイム保護を有効化できない時があります。Windows10-Windows Defenderのリアルタイム保護を有効化できない時の対処法をご解説します。

他のセキュリティソフトを無効化する

f:id:rick1208:20200501012802p:plain
Windows10-Windows Defenderのリアルタイム保護を有効化できない時の対処法は、Windows10-Windows Defender以外のウイルス対策アプリを無効化する方法です。

Windows10に限らず、ウイルス対策アプリは、常に1つしか有効化することが可能でせん。Windows10-Windowsセキュリティ以外に他のウイルス対策アプリをダウンロードしている場合は、両方とも有効化することができないのです。

別のウイルス対策アプリを無効化すると、Windowsセキュリティは自動的にオンになります。

Windows10-Windows Defender に切り替える場合は、他のセキュリティソフトを無効化することでWindows10-Windows Defenderが有効化すると考えられます。

Windows Defenderのリアルタイム保護を使用する時の気を付ける点

Windows10-Windows Defenderのリアルタイム保護を使用する時の気を付ける点があります。Windows10-Windows Defenderのリアルタイム保護を使用する時の気を付ける点をご解説します。

無効化しても一定時間経過後にオンになる

f:id:rick1208:20200426165707p:plain

Windows10のWindows Defenderのリアルタイム保護を使用する時の気を付ける点は、無効化しても一定時間経過後にオンに戻ってしまうということです。

リアルタイム保護は、マルウェアを特定し、デバイスでダウンロードあるいは実行されないようにします。この設定をしばらくオフにすると、自動的にオンに戻ります。

Windows10をマルウェアから守るためにWindows10-Windows Defender は、オフに設定しても一定時間経過すると自動的にオンに戻ることを覚えておいてください。

「脅威の定義」を最新にしてウイルススキャンの精度を上げる

f:id:rick1208:20200426165651p:plain
Windows10-Windows Defenderとは、マルウェアと呼ばれる悪意のあるソフトウェア(ウイルスやスパイウェアなど)や疑わしいアプリをウイルススキャンすることで検出し、消去することが可能です。

Windows10-Windows Defenderの「脅威の定義」は、ウイルススキャンの精度を上げるためにも常に最新の状態にしておく必要があります。

バイスには Microsoft によって最新の定義が自動的にダウンロードされますが、最新の定義がダウンロードされているかどうかを手動でチェックすることも可能です。

Wiindows10-Windows Defenderの更新機能から手動で脅威の定義を最新に更新して、ウイルススキャンの精度を上げることも可能です。「脅威の定義」を最新にしてウイルススキャンの精度を上げるやり方をご解説します。

Windows10-Windows Defenderの「脅威の定義」を最新にしてウイルススキャンの精度を上げましょう。スタートボタンを押します。

設定を押します。

Windows設定の左側にあるWindowsセキュリティを押します。

Windowsセキュリティ画面で、ウイルスと脅威の防止を押します。

ウイルスと脅威の防止の設定画面から、ウイルスと脅威の防止の更新の、更新プログラムのチェックを押します。

保護の更新のセキュリティ インテリジェンスの更新プログラムのチェックを押します。

更新されたことがチェック可能です。これで行為の定義を最新にしてウイルススキャンの精度を上げることが可能でした。

手動でスキャンを実行する方法

f:id:rick1208:20200426165618p:plain
もしも、特定のファイルあるいはフォルダーに対するリスクについて不安な場合は、エクスプローラーから手動でスキャンを実行することが可能です。

f:id:rick1208:20200514132350p:plain
特定のファイルあるいはフォルダーに対してリスクが不安な場合は、エクスプローラーを起動してファイルあるいはフォルダーを右押して、メニューの中からWindows Defender でスキャンするを押します。

まとめ

「Windows10」Windows Defenderのリアルタイム保護を有効化・無効化する方法をご解説しました。Windows10-Windows Defenderを有効にして、リアルタイム保護とクラウド提供の保護を両方ともオンにしておきましょう。

常に安心してWindows10を使用するのでにWindows10-Windows Defenderを最新の状態に更新できているかをチェックしてみると良いです。