漫画の地球儀

「Google Payments(グーグルペイメント)」の使い方!【Google Payとの違い、スマホ、パソコン、登録】

スポンサーリンク

Google Payments

f:id:rick1208:20200513160424p:plain
Google Paymentsとは、普段使用している人はあまり見受けられません。しかしGoogle Paymentsに登録をすると、役に立つことがあるのです。Googleサービスに登録して、パソコンやスマホで使用している人にとっては、Google Paymentsは必要な機能なのです。

それでは、Google Paymentsとは一体どういった機能で、どのように使うのかについて、本日は徹底的に説明していきますので参考にしてみてください。特にGoogleサービスに登録していて、モバイル決済サービスを使用している人は要チェックしてください。

では、次のステップではGoogle Paymentsとは、どのような機能なのか深堀をしていきます。

Googleサービスの支払い情報や残高を管理するサービス

f:id:rick1208:20200430203523p:plain
Google Paymentsとは、Googleサービスに登録してあるすべての「支払い情報や残高を管理」するサービスとなっております。普段、Googleサービスを登録して使用している人は、この機能を使うことで今までの支払い情報や残高をチェックすることが可能です。

ゲームの課金やネットショッピングなどの支払いをモバイル決済サービスで使用している人は、Google Paymentsの支払い履歴に登録され、Google Paymentsからすべての支払い情報や残高をチェックすることが可能なようになります。

例えば、ネットショッピングでいうとAmazonの購入履歴は、すべてGoogle Paymentsで管理されます。また、ホテルの予約なども管理されますので、スマホやパソコンがあれば今までの支払いをすべて管理してチェックすることが可能な便利な機能なのです。

Google Payとの違い

f:id:rick1208:20200429075028p:plain
ここで、Google Paymentsと密接な関係である「Google Pay」の説明をしていきたいと思います。Google PaymentsとGoogle Payを比較して、どのような違いがあるのか説明していきます。そもそもGoogle Payとは、どういったものか解説します。

Google Payとは、Googleが開発・提供するAndroid端末向けのオンラインショッピング、非接触型決済用アプリケーションソフトウェアであります。Androidスマホでは、Google Payがなければアプリなどをダウンロードすることが可能でせん。

とはいえ、Google Paymentsとは、どのような関係があるのか不透明なので、次のステップではGoogle PaymentsとGoogle Payの関係性について、深く説明していきます。

Google Payが決済サービスでGoogle Paymentsが財布

f:id:rick1208:20200429074555p:plain
まず最初は、Google Payがモバイル決済サービスの役割を担っています。Google Payを通してモバイル決済サービスを使用する場合は、Google Paymentsの取引の支払を行うために購入者が登録した口座を使用するという役割を果たす機能のことです。

簡単に言いますと、Google Payが「モバイル決済サービス」で、Google Payが「財布」となっております。このように仕組みを比較すると、このGoogle PaymentsとGoogle Payはお互いに機能の役割に関係があることが分かります。

Google Paymentsの支払いの仕組みは、購入者の支払手段を使用して購入金額を送金して、購入価格に相当する電子マネーを購入者に発行し、対応する額の電子マネーを購入者から販売者に送信する。このような機能を行っているのです。

登録のやり方

f:id:rick1208:20200429074542p:plain
Google Paymentsを使うには登録しなければなりません。厳密に言うと登録というよりは、Google Paymentsの機能を有効にすることにより、機能のオン・オフをGoogle Paymentsでコントロールすることが可能です。

スマホとパソコンどっちかでこのGoogle Paymentsの機能を有効にすると全部のデバイスで使用することが可能です。Google Paymentsを使用するには、Google Payに登録する必要がありますので、あらかじめGoogle Payの使用を始めてください。

それでは、スマホとパソコンでの登録のやり方について説明していきます。

スマホの場合

f:id:rick1208:20200429074530p:plain
Androidスマホからの場合は、Google Payをダウンロードしてください。やり方は下のリンクの管理コンソールにログインしてサービスのオンとオフを切り替えるだけで行えます。アカウントを追加を押して、管理者アカウントに切り替えてください。

パソコンの場合

f:id:rick1208:20200429073131p:plain
パソコンの場合でもスマホの場合と同じで、管理コンソールでサービスのオンとオフを切り替えるだけで行えます。気を付ける点としては、現在のアカウントではなく管理者アカウントでログインする必要があります。

iPhoneでの使用はできる?

f:id:rick1208:20200426224633p:plain
ここで疑問になってくるのが、iPhoneで使用可能なのか?です。iPhoneGoogle Paymentsを使用可能なかは、ずばり「iPhoneでは使用不可」です。なぜ?iPhoneではGoogle Paymentsを使うことができないのか説明します。

iPhoneで使えない理由は、読み取り端末にかざして決済する方法を取るのであれば使用をすることが可能でせん。要するに、Google Payアプリを通す必要がありますので、Google PaymentsはiPhoneで使用することができないのです。

気を付ける点としては、パソコンのようにデスクトップ版サイトに切り替えた場合のみ使用することが可能です。iPhoneでは、モバイル決済のGoogle Payが使えないので使用出来ないのです。この気を付ける点を理解しておくようにしてください。

Google Paymentsの使用方法

f:id:rick1208:20200429072930p:plain
では、ここからはGoogle Paymentsの基本操作に関して説明させていただきます。基本操作はパソコンとスマホで変わってきますので、それぞれのGoogle Paymentsの基本操作を理解しておく必要があります。

それでは、Google Paymentsの基本操作である。モバイル決済サービスの方法や残高の管理操作を説明していきたいと思います。

基本操作のやり方

f:id:rick1208:20200426163125p:plain
Google Paymentsの基本操作は、スマホやパソコンからGoogleアカウントのサイトにアクセスしていきます。お支払いと定期購入の項目をスマホやパソコンで開いてください。Google Paymentsの基本操作はここから行います。

お支払いと定期購入の購入項目では、過去の購入履歴が表示されています。定期購入の項目では、定期購入サービスのお支払い情報を管理可能です。予約の項目では、ホテルの予約やフライトの予約を管理可能です。このように基本操作を行います。

つづいては、モバイル決済サービスを使用可能な場所やモバイル決済サービスの支払い方法について説明をさせていただきます。

使用可能な場所

基本操作である使用可能な場所を説明します。AmazonGoogle Payのアプリ内の商品、Google関連サービスで使用をすることが可能です。

支払い方法

基本操作である支払い方法は、モバイル決済サービスを使用します。キャリア決済やクレジットカードから支払うことが可能です。

その他の機能

Google Paymentsの基本操作では、その他の機能も覚えておいてください。購入を管理、予約を管理、定期購入を管理することが可能です。

管理する基本操作は、管理したい商品履歴を選びます。ここから注文メールや購入履歴を消去することが可能です。

Google Paymentsとその他のモバイル決済サービスの比較

f:id:rick1208:20200421221040p:plain
ここからは、Google Paymentsとその他のモバイル決済サービスの比較をしてみます。比較をすると、Google Paymentsがどのような機能を所持しているのかよく把握することが可能です。

主なサービスとの比較

f:id:rick1208:20200421221745p:plain
では、Google Paymentsと4つのサービスの比較を行っていきます。

Google Pay

最初の比較対象はGoogle Payです。Google Payは、電子マネーやコツの管理やチャージが画面上で可能な、非接触型の電子決済サービスです。Google Pay上でも支払い情報や残高を管理することが可能です。
Google Pay(日本)– ポイントも支払いもこれ 1 つで

Apple Pay

つづいての比較は「Apple Pay」です。Apple Payは、アップルの電子財布及び非接触型決済サービスです。複数のクレジットカードが一元で管理可能です。管理機能は比較すると、Apple Payの方が優秀です。
Apple Pay - Apple(日本)

Line Pay

つぎの比較対象は「Line Pay」です。Line Payは、「LINE」が提供するキャッシュレス決済・送金サービスです。9社のコツカードの一括管理が可能です。管理機能も比較すると優れております。
line.me



楽天ペイ

最後に比較をするのは「楽天ペイ」です。楽天ペイは、楽天IDを所持していれば街のお店でスマホのみでお買い物が可能な決済サービスです。楽天スーパーコツやクレジットカード情報を管理することが可能です。
smartpay.rakuten.co.jp


Google Paymentsの気を付ける点

f:id:rick1208:20200421221724p:plain
では、Google Paymentsの気を付ける点について説明します。知っておくべき気を付ける点ですので、ちゃんとと理解をしておくことが大事です。

気を付ける点

f:id:rick1208:20200421221056p:plain
Google Paymentsの気を付ける点を3つほど解説します。


一つ目の気を付ける点ですがGoogle Paymentsは「決済サービスではない」ということです。あくまでも管理するサービスです。

二つ目の気を付ける点は「アカウントの管理が重要」ということです。この気を付ける点は本当に重要で、使用可能なアカウントを指定したり、特定のアカウントに対してサービスのオンとオフを切り替える必要があります。管理が大変なのです。

またパスワードさえ知っていれば、誰でも簡単にアカウントにログイン可能ですので、アカウントの管理はちゃんととしておく必要があります。

最後の気を付ける点は「Googleサービスのみ使用可能」ということです。Googleアカウントを利用しているサービス以外は、使えません。

Google Paymentsで有効、無効を設定する方法

f:id:rick1208:20200421201534p:plain

最後に、Google Paymentsで有効、無効の設定を変更する方法を説明して、この記事を締めたいと思います。

使用可能なユーザーの指定やり方

f:id:rick1208:20200421201509p:plain
管理コンソールのホームページから、「アプリ」 「その他の Google サービス」 にアクセスします。管理コンソールのホームページから、アプリへ行き、その他の Google サービス」にアクセスします。Google ペイメントを選びましょう。

サービスを編集アイコンをタッチすると最上位組織と組織部門が表示されます。すべての組織に設定を適用するには、「オン(すべてのユーザー)」 を押します。これで、Google Paymentsを使用することが可能です。

Payments が利用されているサービス

f:id:rick1208:20200420231944p:plain
Paymentsが利用されるすべてのサービスは、YouTubeなどのサービスに設定が反映されます。