漫画の地球儀

「Microsoft OneNote」の使い方!【Android、iPhone、画像、表、同期、共有、機能、無料、活用方法】

スポンサーリンク

Microsoft OneNote

f:id:rick1208:20200512210342p:plain
Microsoft OneNoteとは、Microsoft社のOfficeシリーズのひとつで、メモやノートのように使用可能なデジタルノートソフトです。2013年に登場して以来、3年おきに新しいバージョンが発売されています。

ここでは、「Microsoft OneNote for Windows」という最新バージョンについて解説します。これともうひとつ、「OneNote 2016」というバージョンがあります。

Microsoftが提供するデジタルノートソフト

f:id:rick1208:20200405184459p:plain
OneNoteは、文章を書いてチェックマークを入れたり、絵や図を描いたり、紙のノートのように自由に貼りつけることが可能な、デジタルノートソフトです。

紙のノートよりも便利なところは、これらのノートを家族や仕事仲間などとオンラインで共有することができたり、複数のデバイスで使うことも可能なところです。また、書き留める以外にも、音声データや動画もメモとして貼りつけることが可能です。

このように、自由度が高く直感的に使えるところがOneNoteの特徴です。

Office365のアカウントがあれば無料で使える

f:id:rick1208:20200405184542p:plain
Office365のアカウントとは、WordやExcel、OnedriveなどのOfficeソフトを使用するときに必要なアカウントです。アカウントは無料で作ることが可能です。

Office搭載のパソコンを買ったり、Office365を契約してライセンスを得た方ならば、Microsoft OneNoteは無料で制限なく使用することが可能です。

Officeアプリのライセンスがなくても、制限の範囲内で無料で利用できる

f:id:rick1208:20200405184518p:plain
Office搭載のパソコンを買ったり、Office365の契約をしなくても、Microsoft OneNoteの機能は無料で使用することが可能です。

現在最新のバージョン、OneNote for Windows 10はライセンスが必要ですが、ひとつ前のバージョンのMicrosoft OneNote 2016ならば、ライセンスがなくても無料で使用することが可能です。

ただし、商用使用でないこと、データの保存先がOneDrive(Officeアプリのひとつ)に限定されるという条件があります。

Android/iPhoneでもアプリを提供

f:id:rick1208:20200405184400p:plain
Microsoft OneNoteは、パソコン以外にもモバイル端末でも使用することが可能です。OneNoteは、スマホタブレットなど端末を選びません。

iPhone

iOS版のOneNoteのダウンロードはこちらのリンクから。

Microsoft OneNote

Microsoft OneNote

apps.apple.com

Microsoft OneNoteの特徴、機能

f:id:rick1208:20200405184308p:plain
Microsoft OneNoteのデジタルノートソフトとしての特徴や機能は次のようになっています。ページを構成する要素はテキストだけに留まらず、便利に使いこなすことが可能なようになっています。

1つのノートはセクションとページという単位で構成

f:id:rick1208:20200405184205p:plain

OneNoteは、ひとつのノートごとにセクションとページという単位で構成されているところが特徴です。セクションとは区切りのことです。ページは、紙のノートと同じく、ノートを構成する1枚ずつのページのことです。

例えば、「料理ノート」の中に、「和食」「洋食」「中華」というセクションを作り、和食のセクションの中にはみそ汁、煮物といったページを作っていくという構成になっています。

このように、ノートの中で情報が散らからないように整理可能です。ページの内容は、自由に書き込んだり記録したりすることが可能です。検索機能もあり、情報を活用しやすいところもOneNoteの特徴です。

画像や表を自由に配置出来る

f:id:rick1208:20200405184256p:plain
OfficeソフトのWordでも画像や表を配置することが可能ですが、OneNoteの場合はWordのような段や列という概念がありません。紙のノートに自由に貼りつけるように配置することが可能です。
テキストの無い表だけのページなども可能

OneNoteのページの構成は、文字だけに限りません。もちろん、テキストがなくてもページを作ることが可能です。表だけを配置して見やすく整理することや、画像をたくさん貼りつけたりすることも可能です。

OneDriveへの保存でリアルタイムでの同期、共有

f:id:rick1208:20200407211755p:plain
OneDriveとは、Microsoft社が提供するクラウドストレージサービスのことです。アカウントがあれば5Gまで無料で使用することが可能です。Office365を契約すれば、さらに大容量のストレージを使用することも可能です。

ノートの保存であれば、ひとまず5Gあれば容量としては十分なので、まず最初は使用してみることをおススメします。

ノートの保存先は選択可能ですが、クラウドストレージに保存することでどのデバイスからでもノートにアクセスすることが可能なようになり、OneNoteをより一層便利に使いこなすことが可能なようになります。

また、OneNoteには、途中で保存するという概念はありません。リアルタイムでの同期や共有が可能なところもOneNoteの特徴です。

音声データやオンラインビデオのペーストも可能

f:id:rick1208:20200407212140p:plain
OneNoteのページを構成する要素は、文字や画像だけではありません。音声データやオンラインビデオも貼りつけることが可能です。

会議の音声をペーストて資料の表を添付したり、料理のレシピ動画をペーストて材料を記入したり、使い人は色々です。仕事でもプライベートでもOneNoteは活用可能です。

Microsoft OneNoteの使用方法

f:id:rick1208:20200407212441p:plain
Microsoft OneNoteの使用方法を、スクリーンショットを用いて説明していきます。

ノートブックの作成

f:id:rick1208:20200407212248p:plain
まず最初は、ノートブックを作成します。バージョンによって表示が若干異なることがあるようですが、基本的には同じです。筆者のパソコンはWindows10で、OneNoteは最新版です。「Officeアプリ」からOneNoteを開いています。

ファイルタブから新規を選択

f:id:rick1208:20200512205615p:plain
上部のバーに「ファイル」というタブがありますのでそちらを押します。次に、画面左にある「新規」を選んで下さい。

ファイルタブが見当たらない場合は、ページ下部にあることもあります。OneNoteのバージョンの違いによって表示が異なることがあるようです。

保存場所、ノートブック名の記入

f:id:rick1208:20200512205649p:plain
ノートの保存場所を指定します。ハードディスク上でも良いのですが、Onedriveに保存すると、タブレットなど、現在使用している端末以外からもノートにアクセス可能なようになるためおススメです。ノートブックの名前をつけます。

ノートブックの作成をクリック

f:id:rick1208:20200512205725p:plain
「ノートブックの作成」を押します。

共有設定の選択

f:id:rick1208:20200512205748p:plain
ノートを作成すると、ポップアップボックスが立ち上がり、他のユーザーとノートを共有するかどうか選択することが可能です。

「ユーザーの招待」をクリックすると、メールアドレスで他のユーザーを招待したり、リンクを作ってURLを教えたり、オンライン会議でノートを共有したりすることが可能なようになります。

セクションの追加

f:id:rick1208:20200512205910p:plain
整理したい内容に合わせて、セクションを追加することが可能です。セクションを消去したい場合は、右クリックのあと「消去」を選択すると消去することが可能です。

上部タブの+をクリック

f:id:rick1208:20200512205918p:plain

セクションを追加する場合は、上部タブの+マークの部分を押すと、新しいセクションを追加することが可能です。

セクション名の記入

f:id:rick1208:20200512205931p:plain
セクション名を記入するには、「新しいセクション」と書かれたタブを右押し、「名前の変更」を押します。その後、任意のセクション名を記入してください。

ページの追加

f:id:rick1208:20200512210025p:plain
ページも自由に追加してノートを増やすことが可能です。

右カラムのページの追加をクリック

f:id:rick1208:20200512210041p:plain
ページの追加をクリックすることで、ページ数はどんどん増やせます。ページは末尾に追加されていきます。ページの順番を入れ替える方法は簡単です。ページ名のタブをドラッグするだけで移動可能です。

Microsoft OneNoteの活用方法

f:id:rick1208:20200407212500p:plain
Microsoft OneNoteをいろいろなことに利用してみましょう。おススメの方法をご解説します。

名刺の管理

f:id:rick1208:20200407212715p:plain
名刺は、そのままの状態にしておくと、どこかに失くしてしまったり、必要な時に出て来なかったりすることがあります。仕事で名刺をいただくことが多い人は、整理をするのも大変です。OneNoteは名刺の整理に向いています。

セクション名で会社名など属性管理

セクション名を会社名にすることで、どっちの会社の方か一目で分かるようになります。家庭では一例としてセクション名を「家のメンテナンス」にし、家電量販店の担当の方や、水回りの修理の方などの名刺を整理してはいかがと思いますか。

ページに名刺の画像を追加

スマホのスキャナアプリなどを使用して取り込んだ名刺の画像を、ページに追加していきます。

Microsoft OneNoteなら画像内の文字も検索可能

OneNoteOCR機能が備わっているため、名刺の画像を貼るだけで、画像内の名前や会社名などを文字として検索することが可能です。

レシピノート

f:id:rick1208:20200407220329p:plain
OneNoteはレシピの整理にはうってつけです。日々の食事を作るためにレシピを検索している人は多いと思います。しかし、お気に入りのレシピがひとつのサイトにまとまっているとは限りません。

そんな時は、OneNoteに出力してページに貼りつけてしまいましょう。我が家オリジナルのレシピ集を作ることが可能です。OneNoteの中を検索するだけになり、情報が集約されていきます。

YouTubeなどの調理動画もペーストできる

最近では、レシピは動画レシピサイトをして使用いる方も多いと思います。OneNoteは画像や文字以外にも、動画も貼りつけることが可能です。動画つきのオリジナルレシピ集を作って、日々の料理にOneNoteを活用しましょう。