漫画の地球儀

Androidで音声入力する方法!【メール、LINE、スマホ、やり方、OS、バージョン、Google】

スポンサーリンク

Androidスマホで音声入力するための設定

Androidで音声入力をするにはまずは音声入力が可能となっているか無効となっていないかをチェックする必要があります。

所持しているスマホAndroidバージョンを確認しましょう。

音声入力に対応しているバージョンは一般的にに4,0以上からですが、バージョン4,2以上であれば、日本語の音声入力ができます。

AndroidのOSのバージョンの確認方法

ご利用のAndroidバージョンは、「設定」画面の端末情報から見ることができます。

「端末情報」を押します。
f:id:rick1208:20200209234205p:plain
こんなふうにAndroidバージョンが「4.2」以上であれば、日本語の音声認識が利用可能です。
f:id:rick1208:20200209234216p:plain

Google音声入力が正常に使用できるか確認


次にGoogle音声入力が正常に利用できるかをチェックします。

先ほどの「設定」画面から「言語と入力」を押します。

Google音声入力」を押します。
f:id:rick1208:20200209234226p:plain
「音声」画面が出てきます。

「オンライン音声認識」を押します。
f:id:rick1208:20200209234234p:plain
日本語の音声認識が可能かどうか確認します。

「インストール済」に「日本語」があることをチェックしてください。
​​​​​​​
「日本語」がインストールされていない場合は、日本語で音声入力しても無効となります。

「すべて」から「日本語」を見つけてインストールしてください。
f:id:rick1208:20200209234243p:plain
これで音声入力の用意は終わりです。

Androidスマホで音声入力する方法

では、音声入力をするにはどうすればいいか?

Androidでメールなどを利用していて、文字を入力するときに表示されるキーボードから音声入力は可能です。

左上のマイクアイコン、左下の「文字」ボタンをタップします。

マイクアイコンはタップ、「文字」ボタンはタップして長押しします。
f:id:rick1208:20200209234252p:plain
iWnn IMEメニューという画面が出てきます。

「入力モード切替」をタップします。
f:id:rick1208:20200209234311p:plain
入力モードの切替から一番下にある「音声入力」を選択します。
f:id:rick1208:20200209234319p:plain
キーボード画面が音声入力画面に変更されます。これで音声での文字入力が可能になります。

音声入力画面の呼び出しは、どのアプリでも同様に行えます。
f:id:rick1208:20200209234326p:plain
ここから実際にアプリでの音声入力を試してみます。よく使うと思われるLINEとメール(Gmail)でやってみましょう。

LINEでAndroid音声入力

まずは、LINEで音声入力してみます。

マイクに対して「こんにちは」と話すと、入力されます。

また、入力された文字を押すと変換候補の選択肢が出力されます。
f:id:rick1208:20200209234336p:plain
単語では認識されにくいようです。

試しに文章「今日の食事はどうしますか」と音声入力してみます
f:id:rick1208:20200209234344p:plain
同じく文章を話してみます。

「今日は何時に帰りますか」と話しましたが、「何時」が「何日」と少し異なって表示されています。
f:id:rick1208:20200209234351p:plain
出力時では、修正され正しく変換して出力してくれました。

LINEでは利用頻度が低いかと思いますが、スペースや改行は音声入力で操作できません。
f:id:rick1208:20200209234358p:plain
このまましばらく話さないでいると、一時停止状態になります。

この状態では、話しても無効になります。

タップすれば、またすぐに音声認識状態になります。

メールでAndroid音声入力

Gmailでもやってみましょう。方法は同様です。

件名を押して、音声入力します。

件名も音声で記入できます。
f:id:rick1208:20200209234407p:plain
次に、「メールを作成」を押して本文を音声入力しましょう。

本文の方は、2文章連続音声入力してみました。

漢字変換も一瞬にして行い、音声の精度認識はすごく高いです。

ただ「。」やスペースあるいは改行は音声ではできないので普通の操作でやります。
f:id:rick1208:20200209234416p:plain
言葉を1個づ発するよりも、普通に話すような感じで文章を話したほうが漢字変換含めて正確に記入されました。

また、周囲がうるさくてもその音を拾うことなく無効としてくれます。

残念ながら、現時点で「。」や「?」やスペース・改行を音声で操作する機能はついていなく、そこは普通のタッチ入力で文章を整える必要があります。

でも、それを差し引いでも、変換の正確さや入力の速さで音声入力はとても便利な機能です。

Androidスマホで音声入力できない場合の対処法

上のやり方で音声入力できない、キーボードが音声認識画面に切り替わって音声を話しても入力がされれない場合、それはアプリの不具合やマイクが壊れているかもしれません。

アプリ不具合

アプリの不具合のときは以下の操作をしてください。

スマホ端末の再起動を行う。
・ソフトウェアアップデート
Googleアプリの更新または再インストール

ソフトウェアアップデートのありなしは、先ほどの設定の「端末情報」画面から「ソフトウェアアップデート」を押して、以下の画面でチェックしてください。
f:id:rick1208:20200209234426p:plain
Googleアプリは、Playストアから検索して表示できます。

「更新」を押すと更新されます。

再インストールの場合は、「アンインストール」を押してGoogleアプリをもう1度インストールしてください。
f:id:rick1208:20200209234435p:plain

マイク故障


マイクが壊れていないかを確認する場合は、「音声レコーダー」などの録音アプリがダウンロードされていれば自分の声が正常に録音されるか、あるいは、誰かに電話して自分の声が向こうに聞こえるかをチェックしてみてください。

まとめ

Androidの音声入力は実際にしてみると以外に手軽にできます。

最近のスマホならすでに必要なアプリや設定がされているので、即音声入力できると思います。


ただしスペースや改行が音声では記入できないので、入力し終えた後に文章の調整が必要です。

けれども1度やってみると自然な話し言葉でどんどん入力してくれるので、また利用してみたくなります。