漫画の地球儀

iPhoneの電源ボタンが反応しないときの対処方法!【直し方、壊れた、陥没、押せなくなった、修理】

スポンサーリンク

iPhoneの電源ボタンが壊れた


・いきなりiPhoneの電源ボタンが押せなくなった。

iPhoneを落とした衝撃で電源ボタンが壊れた。

・電源ボタンが劣化して押せなくなってしまった。

・電源ボタンを押せるのに反応しない。感知しない。

・バッテリーの消費が早くてして電源が入らない。

といったことで悩んでいる人は必見です。

ここではiPhoneの電源ボタンが感知しないとき、壊れたとき、陥没したとき、押せないときの対処法と直し方、修理のやり方について書いていきます。

電源ボタンが使えないiPhoneの電源を切る方法

まずボタンが反応しなくてどうすればいいかわからないけど、とにかくiPhoneの電源を切ったりスリープ状態にしたいときがあると思います。

ボタンが壊れていてもiPhoneに標準で入っている「Assistive Touch(アシスティブタッチ)」という機能を利用すれば電源を切ったり、スリープ状態にすることが可能です。


※これは画面をタッチすることが困難な人や支援アクセサリが必要な人も手軽にiPhoneを利用できる機能です。

Assistive Touchには「アシスタントタッチ」とか「補助的なタッチ」という意味があります。

Assistive TouchでiPhoneの電源を切る

ホーム画面で「設定」アイコンを押しましょう。

下にスクロールして「一般」を押します。
f:id:rick1208:20200209231527p:plain
次に「アクセシビリティ」を押します。
f:id:rick1208:20200209231535p:plain
下にスクロールし、「Assistive Touch」を押す。
f:id:rick1208:20200209231546p:plain
「Assistive Touch」のスライドボタンをオン(黄緑色)にします。
f:id:rick1208:20200209231553p:plain
するとiPhone画面の右下にこのような灰色のマークが出てきます。

このマークを押してください。

※ちなみにマメ知識的な情報ですが、Assistive Touchマークはスクリーンショットでは写りません。
f:id:rick1208:20200209231603p:plain
灰色のAssistive Touchマークを押すとこのような画面が出てきます。

ここで「デバイス」を押します。
f:id:rick1208:20200209231611p:plain

iPhoneをスリープする場合

「画面をロック」を押すとスリープ状態にすることができます。

iPhoneの電源を切る場合

f:id:rick1208:20200209231620p:plain

また、長押しするとiPhoneの電源を切ることが可能です。

これで電源ボタンが壊れても陥没しても、反応しなくても感知しなくてもiPhoneの電源を切ることができます。
f:id:rick1208:20200209231630p:plain

電源ボタンが使えなくてもスクショが撮れる

またこちらの「スクリーンショット」を押せば電源ボタンが反応しない場合でもスクショを撮ることが可能です。
f:id:rick1208:20200209231639p:plain

iPhoneの電源ボタンが効かない時に電源を入れる方法


電源ボタンが反応しないiPhoneの電源を切ることができました。


しかし「電源を入れるにはどうするの!?」 と思った人もいると思います。

大丈夫です

実はiPhoneに充電ケーブルを接続して充電をすれば電源が自動的に入ります。


充電を始めても電源が入らないとき

そんなときはあきらめて修理に頼みましょう。

AppleCareに加入しているならAppleに連絡するか、費用が高いと感じるなら専門の業者に依頼しましょう。

また自分でできる修理キットも売っていますのですぐに自分で修理したい人はおススメです。

次はiPhoneの修理について詳しく書いていきます。

iPhoneの電源ボタンの修理と直し方

iPhoneの修理について「無料」「有料」の2つ場合があります。

AppleCareや保証期間などが関係してきますので、自分のiPhoneの状態に合わせて正しい修理方法を選びましょう。

AppleCare+の保証期間2年以内の修理なら

バッテリーの消耗による電源関連の故障なら、バッテリーの蓄電容量が80%以下に劣化しているときは無料でバッテリー交換してもらえます。

ただしバッテリー交換がいらないiPhoneのとき、保証対象外となって、修理代金は8800円かかります。

また電源関連と別の問題で電源ボタンが反応しないときには、原因特定の上あらためて修理代金が知らされます。

AppleCareに加入しているかどうか知らない人は、自分のiPhoneAppleCare+に加入しているかどうかはAppleCareのサイトで見ることが可能です。

自分のiPhoneのシリアル番号を用意して調べてみてください。

ちなみにAppleCareに入っていても2年間の保証になりますので、3年目からは勝手に無加入になります。

そうなるとやっぱりiPhoneは定期的に買い替えるのが良いのかもしれません。

専門の業者に修理してもらう

AppleCareでの修理費用が高く感じる、あるいは早く直したい、という人には専門の修理業者に連絡してみましょう。

修理業者は、AppleCareで修理を依頼するより早く安くで修理してもらえるところが大半です。

まとめ

・Assistive Touchを利用する
・切った電源の入れ方
・電源ボタンの修理と直し方

と、ここまで書いてきましたが、困ったときのヒントになると思います。

iPhoneの電源ボタンが反応しなくても「Assistive Touch」でスリープ、電源オフ、スクリーンショットなどが可能なことがお分かりいただけたかと思います。