漫画の地球儀

iPhoneのパスコードを忘れたときの対処法!【パスワード、ロック解除、削除、利用できない、裏ワザ】

スポンサーリンク

iPhoneのパスコードを忘れた

ゲームやアプリのパスワードは忘れてしまってもメールアドレスや電話番号を使っての再発行や再設定が手軽なやり方でできます。

でも手軽にできないのがiPhoneを開くときに使うパスコードです。

プライバシーを守るセキュリティ対策として使われているパスコード。ついつい誰にもロック解除ができないように複雑なパスコードに設定してしまいます。

近年ではパスコードを記入しなくても指紋認証でロック解除が可能な機種も多くなってきました。

指紋認証はパスコードを記入するより短時間でロック解除が可能なので、パスコードを記入する機会が自然と減りました。

いつもiPhoneを利用するときは指紋認証でロック解除されるので問題ないですが、問題は再起動をした時です。

iPhoneは再起動するとまずパスコードの記入が必要な設定になっています。

再起動後はパスコードを記入してロックが解除をします。

1回パスコードでロック解除しないと指紋認証でロック解除ができません。

なのでパスコードが分からないとiPhoneのロックが解除できないのでiPhoneが利用できないという事です。

ロック解除できないとiPhoneが利用できないので、パスコードを忘れてしまいどうすればいいかわからない人もいると思います。

何回か思いつくパスコードを記入したけどすべてロックが解除できない、完全にパスコードがわからなくなってしまったので初期設定をしようとしている人のために、ここではパスコードを忘れた場合の対処法、裏ワザのやり方を書いて行こうと思います。

パスコードを忘れた場合に備えておくやり方も書いているので、パスコードを忘れないか不安な人も参考にしてください。


iPhoneのパスコードは何回間違えられる?

iPhoneのパスコードを忘れた場合、まず最初に思いつくパスワードをリストにして打ってみるやり方がおすすめです。


パスコードが一文字でも異なっていたら当然ロックは解除できないので、まずはパニくらないことです。

慎重に一文字ずつチェックしながら入力していきましょう。

パスコードを何回も記入できたらいいのですが、実はパスコードの記入回数には上限が決められています。

iPhoneから実際に記入できるパスコードの上限は10回までに決められています。

知らなかった人も多いかもしれません。

iPhoneでは、10回目の失敗の時にデータが削除される設定があります。

もしその設定が有効になっていると10回目にパスコードを失敗した時、ロックが解除できないだけではなく、iPhoneのデータがぜんぶ削除されiPhoneが工場から出荷されたときの状態に戻ってしまいます。

バックアップをとってなかった場合、設定し直さないといけません。

他にもパスコードを何回か記入したのに解除できないとき、失敗した回数ごとにiPhoneに制限がかかって利用できない時間が長くなります。

6回目以降間違った時

6回目以降パスコードを間違いロックが解除できないとき「iPhoneは使用できません 1分後にやり直してください」というメッセージが出てきます。

この1分毎は6回目のときです。

回数ごとに利用できない時間が長くなっていく設定になっています。

6回目、1分間利用不可
7回目、5分間利用不可
8回目、15分間利用不可
9回目、60分間利用不可
10回目、60分間利用不可

6回目の1分ぐらいの短い時間なら気にしない人も多いと思いますが、さすがに60分となると1時間なので1時間iPhoneが利用できないとキツイです。

11回以上間違った時

11回以上間違うとiPhoneではロックが解除できない状態になるよう設定されています。

iPhoneとパソコンをLightningケーブルで接続してiTunesからパスコードのロック解除をする必要があります。

このやり方でiTunesからは南回でもパスコードを記入できますが、いつまでもパスコードを思い出せずロックが解除できない場合もあり、初期化してバックアップするやり方の方が短い時間でできるケースもあります。



iPhoneのパスコードを忘れた場合の対処法・裏ワザ


iPhoneのパスコードを忘れた場合、どんなふうな対処をしたらいいのか、裏ワザのやり方について書いていきます。

iPhoneを探す」がオンの場合

パスコードを忘れてロックが解除できない場合は面倒ですが1回iPhoneを初期化して、バックアップを取っていればバックアップから復元するやり方になります。


その時に「iPhoneを探す」をオンにしているとスムーズに対処が可能なので方法を書いていきます。

まずパソコンとiPhoneをLightningケーブルで接続します。

パソコンとiPhoneを接続してiCloudにアクセスして、サインインします。
f:id:rick1208:20200209225157p:plain
iCloudにログインできたら上のメニューのにある「すべてのデバイス」を押して、今回パスコードを忘れたiPhoneを選びます。
f:id:rick1208:20200209225205p:plain
すると選択したiPhoneのメニューが出るので「iPhoneを消去」を押します。

これでiPhoneが初期化されました。
f:id:rick1208:20200209225213p:plain
後はiPhoneを起動させ「Appとデータ」が出てきたら「iCloudバックアップから復元」あるいは「iTunesバックアップから復元」を選べば復元がスタートします。

iPadなど他のデバイスからも初期化できるちょっとした裏ワザ

パソコン所持していないからできないと残念に思った人もいらっしゃると思いますが、ちょっとした裏ワザで「iPhoneを探す」がオンになっているとき、iPadなど別のデバイスからも初期化可能な裏ワザがあります。

まずロック解除ができないiPhone以外のiOSバイスに「iPhoneを探す」をインストールして開きます。

iPhoneを探す」が出たら初期化したいiPhoneApple IDとパスワードを記入してサインインします。

ログインしたらApple IDに基づいた端末が出てくるので目的のiPhoneを押して「iPhoneを削除」を押せばiPhoneの初期化が可能です。

iPadも別のデバイスも所持していない人は漫画喫茶などのパソコンを使用してもOKです。

この裏ワザを知っているとパソコンを所持してなくても安心です。

パスコードが分からなくて迷ってる人がいたらこの裏ワザを教えてあげてください。

iPhoneを探す」がオフの場合

次は「iPhoneを探す」がオフになっているときの対処法、裏ワザのやり方を書いていきます。

iPhoneを探す」がオフになっているときiTunesを利用して対処します。

パソコンとiPhoneをLightningケーブルで接続してiTunesを開きます。

iTunesが立ち上げたら上のメニューにあるiPhoneのマークを押します。
f:id:rick1208:20200209225226p:plain
メニューが開いたらバックアップの「今すぐバックアップ」を押します。
f:id:rick1208:20200209225235p:plain
先にバックアップをとっておくことで今の状態のiPhoneに戻せます。

この前バックアップしたからとらなくてもいいやと思っている人も念のためバックアップをしておいた方が安心です。


バックアップが完了したら「iPhoneを復元」を押します。

これでiPhoneが初期化されているのでパスコードが無効になっています。
f:id:rick1208:20200209225246p:plain
後はiPhoneを起動させ「Appとデータ」が出てきたら「iTunesバックアップから復元」を選んで復元を待てば終了です。

最終手段のリカバリーモードで解除

上で書いたやり方でロックが解除できないとき、最終手段のリカバリーモードで初期化します。

まずはパソコンでiTunesを立ち上げます。

パソコンにLightningケーブルを接続します。

今はまだiPhoneには繋がないでください。

次にiPhoneの電源を切ります。

iPhoneの電源を切ったらホームボタンを押しながらLightningケーブルに接続します。

するとiTunesの画面にiPhoneの復元を促すメッセージが出てくるので「iPhoneを復元」を選択します。

これでiPhoneが出荷時の状態に戻りました。

このやり方でできない人は機種ごとにリカバリーモードにするやり方を下にまとめたので見てください。


iPhone 6以前の端末

・ホームボタンとスリープ(スリープ解除ボタン)を長押しします。

リカバリーモードの画面が出てくるまで長押ししてください。

iPhone 7/iPhone 7Plus

・音量を下げるボタンとスリープ(スリープ解除ボタン)を同時に長押しします。

リカバリーモードの画面が出てくるまで長押ししてください。


iPhone 8以降の端末

音量を上げるボタンを押してすぐに放します。

音量を下げるボタンを押してすぐに放します。

リカバリーモードの画面が出てくるまでサイドボタンを押し続けます。

iPhone 8以降からちょっと複雑になっているので間違えないように気をつけてください。

店舗でパスコードを調べてもらえばいいのでは?

調べるのも面倒、店舗に行った方が短時間でできる!裏ワザがあるはず!と思う人も多いと思います。

近年ではAppleストア以外にも即日修理、短時間で修理が可能な非正規の修理ショップや携帯会社の店舗も多くなって身近にあるので行きやすくなりました。

でも残念ながらどこの店舗に行ってもパスコードのロック解除はやってくれません。

店員さんもパスコードを調べる方法もなく、裏ワザもないので優しく断られるだけの可能性もあります。

無事ロック解除した方は今後パスコードを忘れた場合に備えよう

無事にロック解除ができたら今後またパスコードを忘れた場合のために、いくつか準備しておく方法を書いていきます。

メモや手帳に書いておく

メモや手帳にパスコードをメモしておくやり方が一番手軽で時間も手間もかかりません。

パスコードを忘れてもメモや手帳を開くだけでロック解除が可能になります。

パスコード以外にも、Apple IDやパスワードも自分に分かるように書いておくと、もしもの時に助かります。

そのメモまでなくしてしまったら意味がないなで必ず自分の分かる場所に保管してください。

iTunesと同期しておく

パソコンを所持している人は、時間に余裕がある時ぜひ同期してください。

iTunesと同期さえしていればiPhoneのパスコードにロックがかかってもいつでも解除が可能な強い味方になってくれます。

何か大切なデータがある時もiTunesと定期的にに同期するようにしましょう。

iCloudと同期しておく

パソコンを所持していない人はiCloudと同期しておきましょう。

バックアップも時間に余裕があるときに定期的ににiCloudに取っておくことで初期化してもバックアップがあるので安心です。

iPhoneを探す」をオンにしておく

パスコードを忘れた場合「iPhoneを探せ」がオンになっていると別のデバイスから初期化することでロック解除が可能です。

iPadや漫画喫茶のパソコンからでもロックの解除が可能なのですごい便利です。

ロック解除後は復元をすれば今まで通りiPhoneが利用できます。

iPhoneを探す」はすごい役立つアプリです。

ぜひ「iPhoneを探す」オンにしておいてください。

備えをする前にパスコードを忘れた時

備える前にパスコードを忘れてしまった…と困っている人にとっておきの裏ワザがあります。

電源を切らないことです。

小まめに充電して、絶対に電源が切れないようにしてください。

電源が切れたり再起動させてしまうとiPhoneを立ち上げた時、必ずパスコードを記入しなくてはいけません。

しかし電源が落ちたり再起動させなければ指紋認証でロック解除が可能です。

まとめ


iPhoneのパスコードを忘れた場合の対処法、裏ワザを書いてきました。

iPhoneには色々なの個人情報が入っています。

中には人に知られたくないものもいっぱいあり、パスコードは私たちのプライバシーを守るために欠かせない機能です。

パスコードを忘れた場合はどうしても初期化する必要があって、初期化と聞くとデータが消去すると不安に感じて躊躇してしまいます。

でも時には、ここで書いたように初期化をする方が忘れて思い出せないパスコードを記入するより早いときがあります。

初期化してもバックアップさえちゃんと取っていれば同じ状態に戻せるので大丈夫です。

パスコードを忘れた場合に備えてメモを書いておくなどを実行して、パスコードを忘れて困っている時は解除できないとパニくるのではなく、ぜひこれを参考にして解決してください。