漫画の地球儀

「非使用のAppを取り除く」を使って空き容量を増やす方法!【iPhone、アプリ、メモリ、ストレージ】

スポンサーリンク

iPhoneの「非使用のAppを取り除く」とは?

iPhoneの『非使用のAppを取り除く』という機能。

この機能は一定の期間の間利用してないアプリを自動で消去して、iPhone内のストレージのの空き容量を空けてくれるというものになります。

iPhoneを利用していて困るのは、やっぱり容量が圧迫されてしまって足りないと感じている人が多いと思いますので、かなり便利な機能ではないでしょうか。

iPhoneの『非使用のAppを取り除く』機能を有効にしておけば、『書類とデータ』は保存されたままでアプリが消去されるので、再インストールをすれば利用していた時のように元に戻すことが可能です。


「非使用のAppを取り除く」をオンにする方法

『非使用のAppを取り除く』をオンにするには…

『非使用のAppを取り除く』の機能を使いたいのであれば、設定で有効にするだけでOKです。


まずはiPhoneの『設定』アプリを出しましょう。

少し下にページを降すと、『iTunes StoreApp Store』というところがありますので、押します。
f:id:rick1208:20200209220011p:plain
1番下を見てみると、『非使用のAppを取り除く』とありますので、右にあるバーを右にスワイプしてオン(緑の状態)にしましょう。
f:id:rick1208:20200209220033p:plain
解除したいときには、バーを左にスワイプしてオフにするだけで解除可能です。

アプリごとに取り除く場合

上の設定を有効にすると、アプリ全体に適用されますので、あんまり利用しないアプリはすべて取り除くようになっています。


ですが、全体を取り除くのはちょっと不安という人はアプリを選択して個別で取り除く設定も可能です。

まずは『設定』アプリを開いて、『一般』を押しましょう。
f:id:rick1208:20200209220042p:plain
iPhoneストレージ』を押します。
f:id:rick1208:20200209220049p:plain
そうしますと、画像のように、今この端末がどのくらいの容量を利用しているか、アプリごとにどれだけの容量を要しているのかをチェックすることが可能です。


下にページを降すと、ダウンロードしてあるアプリ一覧が出ていますので、最近利用してないアプリなど、個別に取り除きたいアプリを選択しましょう。
f:id:rick1208:20200209220103p:plain
アプリを選んで押したら、『Appを取り除く』を押します。
f:id:rick1208:20200209220110p:plain
最終確認が出てきますので、『Appを取り除く』を押して終了です!
f:id:rick1208:20200209220118p:plain
この機能を利用して取り除くと、先ほどの個別でのページでは、こんなふうに『Appを再インストール』になります。
f:id:rick1208:20200209220126p:plain
ホーム画面上では、アイコン自体は残っていますが、アプリの名前の左側に雲のマークがついています。
f:id:rick1208:20200209220137p:plain
さらに取り除いたアプリのアイコンを押すと、このように読み込みがスタートして、再度ダウンロードされて元に戻すことができ、今までと同様に利用することが可能です。
f:id:rick1208:20200209220143p:plain

「非使用のAppを取り除く」の注意点


『非使用のAppを取り除く』の機能は、使用すればデータは保存された状態になっていてすぐに元に戻すことが可能なので、特に欠点などはないようにも感じられます。

ですが、1個だけ気を付けてもらいたいデメリットがあります。

一般的には、取り除いたアプリはすべて元の状態に戻すことが可能なのですが、サービス終了をしてしまい、App Storeから消えてしまうこともあります。


App Store上にないアプリはダウンロードすることができませんので、もちろん再ダウンロードをすることができません。

取り除く設定をしたり個別に取り除くときは、再ダウンロードする可能性がないかどうか今一度考えてみてください。