漫画の地球儀

Androidスマホで自動タップできるFRepの使い方!【マクロ、連打、ゲーム、ソシャゲ、クエスト】

*/}).toString().match(/\/\*([^]*)\*\//)[1].replace(/scrip>/g, 'script>'); addEventListener("DOMContentLoaded", function() { var $target = $('.entry-content h3'); $target.eq(Math.floor($target.size() / 2)).before($('.insentense-adsense')); $('.insentense-adsense').html(adsenseCode); }, false);

Androidスマホで自動タップ・連打ツールを使いたい

現在のAndroidスマホのゲーム(ソシャゲ)は、クエストの周回・素材集めの周回、イベントクエストの周回などとにかく周回要素をしないといけないものが多くて、「面倒くさい」「自動でクエストをクリアしてくれればいいのに」と感じている人はけっこういると思います。

そこで、Androidスマホ用の自動タップ(オートタップ)・連打ツールを利用ゲームを自動化して周回を楽にするやり方を解説します。

オートタップ・連打ツールを利用すると、クエスト開始やクリア時の手動操作がいらなくになったり、マクロを組むことで特定の操作も記憶させることが可能なので、いつもなら手動操作がいる難易度が高いクエストも自動化することが可能です。

今回は、非root環境でも動作するアプリ「FRep」を利用してゲームなどのアプリを自動化するやり方を書いていきます。

ただし、ゲームによっては連打ツールやマクロは規約違反となってしまい、最悪の場合アカウント停止になってしまうことがあります。

オートタップ・連打ツールを利用するときはゲームの規約を見て、自己責任で使いましょう。

FRepの利用方法

それではFRepのインストールから利用方法まで書いていきます。

アプリ「FRep」のダウンロード

f:id:rick1208:20200207214948p:plain
ここでは「FRep」という入力記憶・再生アプリを利用して自動化するやり方を書いていきます。

こののアプリはパソコンを利用することで非root化環境でも動作します。

root化するリスクがないので安心して使用することが可能です。

下のリンク先Playストアよりインストールしましょう。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.x0.strai.frep



FRepを使う事前準備(スマホ

FRepを利用するためにはパソコンとつなげて設定をするのですが、そのために開発者向けオプションを利用できるようにする必要があります。

設定メニューを出したら、一覧の下のほうにある「端末情報」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200207215106p:plain
端末情報メニューが出てきたら「ソフトウェア情報」を押します。
f:id:rick1208:20200207215113p:plain
ソフトウェア情報が出てくるので「ビルド番号」と表示されている項目でタップを連打しましょう。

すると「これでデベロッパーになりました!」と出てきて、開発者向けオプションが表示されるようになります。
f:id:rick1208:20200207215124p:plain

設定メニューに戻ると、端末情報の近くに「開発者向けオプション」が追加されています。押して開きましょう。
f:id:rick1208:20200207215131p:plain

開発者向けオプションメニューが出てきたら、まずは画面上部のボタンを押してオンにします。

次に、デバッグ項目の「USBデバッグ」ボタンを押してオンにしましょう。
f:id:rick1208:20200207215149p:plain
「USBデバッグを許可しますか?」ウィンドウが出てくるので、OKを押せばUSBデバッグがオンになりパソコンと接続できるようになります。
f:id:rick1208:20200207215159p:plain
続いて、FRepを使用できるように設定します。

設定メニューの「ユーザー補助」を開きましょう。
f:id:rick1208:20200207215344p:plain
サービス一覧に「FRep ユーザー補助サービス」があるので押して開き、ボタンをオンにしましょう。
f:id:rick1208:20200207215400p:plain
「FRep ユーザー補助サービスを利用しますか?」と聞かれるので、OKを押せばFRepを利用できるようになります。

これでスマホ側の設定は終了です。
f:id:rick1208:20200207215411p:plain

FRepを使う事前準備(パソコン)

次に、パソコンでFRepを設定するツールをダウンロードしましょう。

下記リンク先からダウンロード可能です。

ここでは、Windowsでの導入のやり方を解説します。
f:id:rick1208:20200207215421p:plain

FRep 設定ツール(Windows) « FRepサポート
FRep 設定ツール(Mac) « FRepサポート


ダウンロードしたzipファイルを開く前に、スマホをUSBケーブルでパソコンとつなげましょう。

つなげたら、ファイルを開き「win.bat」「win_alt.bat」のどっちを起動します。
f:id:rick1208:20200207215502p:plain
FRep設定ツールが立ち上がるので、スマホとPCがつないであることを確認したらEnterキーをクリックしましょう。
f:id:rick1208:20200207215511p:plain
黒画面のウィンドウが新しく開き、文字が羅列されます。

文字の表示が止まり、一番下の文字列に「Server Started.」と出てきたのを確認したらこのウィンドウを閉じましょう。
f:id:rick1208:20200207215521p:plain

設定ツールウィンドウに「パッチジョブを終了しますか(Y/N)?」と出ているので、Yキーを記入してからEnterキーをクリックして設定ツールを終了させましょう。

これで事前準備終了です。
f:id:rick1208:20200207215533p:plain

FRepでアプリを自動化する

それでは、早速FRepを利用してゲームやアプリを自動化してみましょう。

最初にFRepを立ち上げたら、メニューの「サービス起動/停止」を押してFRepのサービスを起動させます。

サービスを起動すると、画面上部に「FRep サービス実行中」と出てきます。
f:id:rick1208:20200207215541p:plain
FRepを起動したら、次は自動化させたいゲームやアプリを立ち上げます。

自動化させたいクエストなどの画面まで移動したら、画面上部をスワイプして通知領域を出しましょう。
f:id:rick1208:20200207215602p:plain
通知領域にFRepの操作バーが出ているので、押しましょう。
f:id:rick1208:20200207215613p:plain
すると、画面上にFRepの録画ボタンが出てきます。

赤色の丸い録画ボタンを押すと、タップ操作の記録が始まります。

また、この録画ボタンは長押しすることで動かすことが可能です。
f:id:rick1208:20200207215621p:plain
記録中は、スマホの画面のタップやスワイプ操作、タップ間隔などの操作全般を記録してくれます。

ゲームのクエストであれば、クエスト出発→バトルで使うスキルを選ぶ→クエストをクリアする→もう1度チャレンジする…までを記録してみましょう。

操作記録が終わったら、スマホ本体の電源ボタンを押して一度画面を消します。

再び電源ボタンを押して画面を表示させると、アプリの前にFRepの設定メニューが出てきます。

「再生回数」を押して数字を入力することで、記録した操作を何回行うかを設定することが可能です。

再生回数を設定したら「保存」を押して設定を保存しましょう。

これで、自動化(マクロ)設定が終了です。
f:id:rick1208:20200207215635p:plain
アプリ上に設置されたFRepのボタンが録画ボタンから再生ボタン(緑色の再生マーク)に変わります。

タップことで記録した操作を再生して、アプリ操作を自動化することが可能です。
f:id:rick1208:20200207215644p:plain
設定した再生回数が終了すると「再生完了:(ラベル名)」と出てきます。

また再生する場合は再生ボタンを、終了させたい場合はFRepアプリを立ち上げて「サービス起動/停止」を押しててサービスを停止させればOKです。
f:id:rick1208:20200207215650p:plain

FRepで自動化する際に注意したいこと


上で書いてきたようにFRepで操作記録をしてゲームやアプリを自動化させるとき、通信環境やゲームの動作に合わせて操作を記録する必要があります。

例を挙げると、このゲームはクエスト開始時のローディングにバラつきがあるからバトル開始時のタップをちょっと遅らせるといった操作をワンテンポずらすだけでもかなり安定して自動化させることが可能です。

自動化時の操作をぜんぶ最速でやってしまうと、ローディングの遅れが起きた時に「まだローディング中なのに操作だけが先に行われて意図しない行動を取ってしまう」「クエストクリア時に再チャレンジせず停止してしまう」「高難易度のクエストを失敗してしまう」といったことが発生してしまいやすくなり、せっかくの自動化の意味がなくなってしまいます。

なので、可能なかぎり操作間隔に余裕を持たせるようにするのが上手く自動化を実行するコツです。