漫画の地球儀

Androidのセルスタンバイ問題対策!バッテリーを長持ちさせるには【原因、理由、電池、回線、スマホ】

スポンサーリンク

Androidのセルスタンバイとは?

AndroidスマホのSIMをdocomoなどの三大キャリアからMVNO格安SIMに利用を変更した時に、何故かバッテリーの消費が早くなるなどの問題が発生したことはありませんか?

そのバッテリーの消費の早さは、セルスタンバイ問題が原因で発生している可能性があります。
f:id:rick1208:20200207103725p:plain
セルスタンバイ問題とは、3Gの無線通信を受信できるスマホにおいて「セルスタンバイ」プロセスによってバッテリーの消費が早くなってしまう現象のことです。

通話回線に未接続の時にセルスタンバイ状態になるのですが、この状態になると通話回線を検索し続けるためにバッテリーの消費が早くなってしまって、いっきにバッテリーの残量が減なくなってしまいます。

LTEの無線通信の環境下では起きず、一般的にに3Gの無線通信で発生するとされています。

セルスタンバイ状態が発生したかどうかをチェックするには、設定を出して「電池」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200207103734p:plain
バッテリーを消費しているグラフの中に「セルスタンバイ」が入っている場合は、そのスマホではセルスタンバイ問題が起きています。

ここでは、この厄介なAndroidのセルスタンバイ問題の対策方法について書いていきます。

Androidのセルスタンバイ問題の対策をしよう

それでは、Androidスマホで起きるセルスタンバイ問題の対策について書いていきます。

通話機能付きorSMS付きSIMを利用する

f:id:rick1208:20200207103750p:plain
MVNOで提供されているデータ通信専用のSIMカードは、スマホの端末によっては受信できない3G回線を探し続けてセルスタンバイ状態を引き起こしていしまいます。

データ通信専用のSIMカードを利用していてセルスタンバイ現象が発生してしまったときは、通話機能付きのSIMカードかSMS付きのSIMカードに切り替えてみましょう。

通話回線を受信できるようにすることで、セルスタンバイを回避することが可能になります。

セルスタンバイ状態にならないスマホを購入する


MVNO格安SIMでセルスタンバイ問題が多く発生している関係からか、最近のSIMフリースマホはセルスタンバイ対策をしているためセルスタンバイが起きにくくなっています。

もしスマホを買い替える予定があるのであれば、買う予定のスマホがセルスタンバイ問題が発生しにくい端末なのかどうか調べてみましょう。

モバイルルーターを利用する

f:id:rick1208:20200207103804p:plain
モバイルWiFiルーターを使用することでセルスタンバイを回避することが可能です。

利用しているスマホがデータ通信のみでの使用の場合はデータ通信専用SIMだとセルスタンバイが起きててしまいますが、モバイルWiFiルーターを使って通信することで対策することが可能です。

機内モードを使う

f:id:rick1208:20200207103810p:plain
スマホに入っている「機内モード」は、無線通信や電話通信を遮って無効にするためセルスタンバイを回避することが可能です。

機内モードに設定するとWiFiBluetoothも一緒に無効化されますが、後から個別にオンにすることが可能なので通信環境はWiFiのみといった場合に適しています。


スマホのroot化を行う

f:id:rick1208:20200207103823p:plain
Androidスマホは、普通の人が誤って大事なシステムをいじったりしないように「ユーザー権限」の範囲内の動作しかいじれないようになっています。

でもroot化をすることでユーザー権限範囲外の動作もいじれるようになるので、通信周りのシステムをいじってセルスタンバイを回避することもできます。

しかし、スマホのroot化は専門的な知識が要ります。

システムを変えることになるので少し間違っただけでスマホが起動不可(通称:文鎮)になってしまうことも普通に起こり得ます。

また携帯電話メーカーはroot化を許可していないので、root化をした場合はメーカーの保証を受けられなくなってしまいます。

セルスタンバイ対策ができるとはいえ、可能な限りこのやり方はやめておいたほうがいいです。

以上がセルスタンバイ問題の対策になります。

こういった問題などでAndroidスマホのバッテリーが心配な人は、バッテリーの管理・節電アプリを利用して管理する方法もあります。

まとめ


MVNO格安SIMは増えてくると共に問題視されるようになったセルスタンバイ問題。

セルスタンバイ状態になるとバッテリーの消費が早くなって、すぐににバッテリー残量が少なくなってしまうこともあります。

もし利用しているスマホSIMカードでセルスタンバイが起きた場合、こういった対策方法を参考にしてセルスタンバイ問題を解決しましょう。