漫画の地球儀

Firefoxを軽くする方法12選!【重い、遅い、回線早く、動作、時間がかかる、高速化、快適にする】

スポンサーリンク

Firefoxの動作が重い・遅いと感ることがありませんか?

動作がスムーズに行かずに遅いと時間を無駄にしてしまったりイライラしてしまうなんてこともあると思います。


今回はは、Firefoxを軽量化・高速化させるやり方を書いて行こうと思います。


Firefoxが重い・遅い原因とは?

利用しやすいブラウザとして好まれまれているFirefoxFirefox Quantumにアップデートされてから更に高速になってFirefox Quantumは今までのFirefoxより2倍速くなりました。

しかし、時にブラウザゲームや動画を視聴している時ブラウザが重い、動きが遅いと思ったことはありませんか?

ほとんどは、いきなりに重くなるのではなく、データがちょっとずつ溜まっていくのが原因です。

閲覧履歴やキャッシュ、ブラウザゲームのパスワードやIDなどパソコンを使用していれば勝手に溜まるデータばかりです。

重い、動作が遅いと思ったらどうすれしたらいいの?と困っている人の為にここでは、Firefoxを軽量化・高速化させるやり方12選を書いて行こうと思います。

定期的ににデータの整理をしましょう。

Firefoxを軽量化・高速化させる方法12選

それではFirefoxを軽量化・高速化するやり方12選を書いていきます。

1、Firefoxを再起動させる

1番シンプルなやり方は、ブラウザの右上にある「×」を押してブラウザを1回閉じてから再起動させる事です。
f:id:rick1208:20200207034205p:plain
再起動させることでメモリが解放されて、軽くすることができます。

また、タブをいくつか開いているときは「タブを閉じて終了しますか?」というメッセージが出ているので「タブを閉じる」を押して閉じてください。

あとはもう1度Firefoxを立ち上げればメモリが解放されて、軽くなります。

2、キャッシュ、履歴、cookieを消去する

Firefoxに限ったことではありませんが、ブラウザはキャッシュや履歴、cookieが蓄積してくるとと、読み込みが遅いなどのトラブルの原因になります。

もしかしたらキャッシュや履歴、cookieを消去してないから動作や読み込みが遅いのかもしれない…という人はキャッシュや履歴、cookieを消去してください。

まず上部にあるメニューから「ツール」を押して、次に「オプション」を押します。
f:id:rick1208:20200207035134p:plain
あれ?上部にメニューがない…という人は上部にカーソルを合わせて、右クリックし「メニューバー」を押してください。

これで出てきます。
f:id:rick1208:20200207035143p:plain

①「オプション」が開いたら左側のメニューから「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

②右側に「プライバシーとセキュリティ」が表示されたら下の方に下げていくと「履歴」があるので「履歴を消去」をクリックします。

すると「最近の履歴を消去」という画面が開きます。

①削除する履歴の期間を選びます。
f:id:rick1208:20200207035153p:plain
1時間以内の履歴、2時間以内の履歴、4時間以内の履歴、今日の履歴、すべての履歴の中から選ぶことが可能です。

期間はこの中から好きな期間を選択してください。

②次にどの履歴を消すか選びます。
f:id:rick1208:20200207035202p:plain
表示したページとダウンロードの履歴、現在のログイン情報、検索やフォームの記入履歴、Cookie、キャッシュの中から選びます。

この中で気を付けないといけないのが「現在のログイン情報」です。

HTTP認証でサイトにログインしているとき、その情報が消されて、ログアウト状態になります。

パスワードなどを忘れてしまった人はもう1回確認してください。

③最後に「今すぐ消去」を押せばキャッシュや履歴、cookieを消すことができます。
f:id:rick1208:20200207035210p:plain
キャッシュや履歴、cookieの消去は定期的にすることでpcの動きが遅いなどのトラブルを回避することが可能です。

ぜひ定期的にキャッシュや履歴、cookieの消去をしてください。

3、ブックマークの整理をする

仕事や趣味でインターネットはなくてはならないものになって、多くのサイトをブックマークしている人もいると思います。

でも、沢山のブックマークはpcの動きが遅くなる原因にもなります。

いい契機だと思って、いらないブックマークは消去して整理してみてください。

まず上部のメニューから「ブックマーク」を押して「すべてのブックマークを表示」を押します。
f:id:rick1208:20200207035220p:plain
するとすべてのブックマークが出てくるので、必要のないブックマーク右クリックして、メニューが出たら「削除」を押して消去してください。

このブックマークを消去すると、Chromeなど別のブラウザのブックマークも消去されるの?と不安に感じる人もいるかも知れませんが、Chromeなど別のブラウザは関係ありません。
f:id:rick1208:20200207035228p:plain
定期的にブックマークのフォルダ分けなどをして、ブックマークを整頓して必要のないブックマークは消していってください。

またフォルダごと消去したいときは消去したいフォルダを右クリックしてメニューが出てきたら「削除」を押してください。

4、アドオンを調べる

Firefoxには役立つアドオンがいっぱい存在します。

ついつい、色々なアドオンをダウンロードしている人も多いと思います。

でも、このアドオンがFirefoxが重い原因になっているというパターンもあります。

このアドオンをインストールしてから重くなったから削除したい、使ってないアドオンを消去したいという人のためにアドオンの消去のやり方を書いていきます。

まず上部のメニューから「ツール」を押して、メニューが出てきたら「アドオン」を押します。
f:id:rick1208:20200207035252p:plain
f:id:rick1208:20200207035306p:plain
①「アドオン」が出てきたら左側のメニューから「拡張機能」を押します。

②右側に「拡張機能の管理」の画面が出るので消去したいアドオンの右上にある「・・・」を押して、メニューが出てきたら「削除」を押してください。

拡張機能の管理」には更新が止まり、利用できないアドオンも出ています。

利用できなくなっているアドオンは定期的に消去してください。

セーフモードを利用することでアドオンが原因で重いのかあるいは、それ以外の原因でFirefoxが重いのか確認することができます。

まず上部のメニューの「ヘルプ」を押して「アドオンを無効にして再起動」を押します。

すると「アドオンを無効にして再起動」というメッセージが出てくるので「再起動」を押します。
f:id:rick1208:20200207035325p:plain
「再起動」を押すとFirefoxが閉じて、勝手に再起動されます。

Firefoxのセーフモードはダウンロードしたアドオンやテーマを一時的に無効にした状態にされます。

Windowsにもセーフモードはありますが、全くの違うものです。

セーフモードでサイトにアクセスしたときに、サイトや動画が重くないかチェックしてください。

もしセーフモードでサイトや動画がスムーズに閲覧できるのなら、アドオンに原因がある可能性がすごい高いです。

アドオンを1個ずつ消去していって、どのアドオンが原因か確認してください。

もしセーフモードにしても動画やサイトが重いときはアドオンやテーマ以外の原因が考えられます。

5、Firefoxを最新バージョンにする

Firefoxの動作が重い、変だとと感じたらFirefoxのバージョンもチェックしてください。

Firefoxのバージョンが古いことで動作が重い、変なトラブルが発生するケースがあります。

この問題はFirefoxを最新バージョンにアップデートすると解決できます。

まず上部のメニューの「ツール」を押して、メニューが出てきたら「オプション」を押します。
f:id:rick1208:20200207035337p:plain
f:id:rick1208:20200207035343p:plain
①オプションが出てきたら左のメニューから「一般」を押します。

②少し右の画面を下にページを降ろすと「Firefoxの更新」があるので、そこで現在のバージョンをチェックしてください。

最新バージョンになっている場合は「ソフトウェアの更新を確認」と出ています。

「再起動してFirefoxを更新」と出てきた時は最新バージョンにアップデートする必要があります。

「再起動してFirefoxを更新」を押して、再起動してください。
f:id:rick1208:20200207035354p:plain
③「Firefoxの更新動作」で好みの更新動作を選ぶことが可能です。

おすすめは「更新を自動的にインストールする」です。

「更新を自動的にインストールする」にしておけば勝手に最新バージョンにアップデートされます。

また、利用中のバージョンをチェックするやり方は他にも存在します。

まず上部のメニューの「ヘルプ」を押して「Firefoxについて」を押してください。

すうしますと画面に現在利用しているバージョンが出てきます。

6、スムーズスクロールの機能をオフにする

スムーズスクロールを利用しているでしょうか。

スムーズスクロールを利用すれば長いページも読みやすいので、使っている人も多いと思います。

でも一方で、スムーズスクロールを利用するとスクロールが滑らかになって、独特の動きをするので、パソコンに負荷がかかりパソコンの動きが重くなるという問題もあります。

スムーズスクロールじゃなくてもいいという人はオフにすることでパソコンへの負荷を少なくできます。


まず上部のメニューから「ツール」を押して「オプション」を押します。

メニューの「一般」を押して、「ブラウザ」の「スムーズスクロール機能を使用する」のチェックを外す
f:id:rick1208:20200207035405p:plain
f:id:rick1208:20200207035415p:plain
①「オプション」が出たら左のメニューの「一般」を押します。

②右の画面を少し下にページを降ろすと「ブラウザ」があるので「スムーズスクロール機能を使用する」のチェックを外します。

これでスムーズスクロールがオフに変わりました。

動作が変わったかチェックしてください。

7、プロシキの設定をオフにする

そもそもプロシキの設定って何?という人も多いと思います。

プロシキとはシンプルに言うと、代理サーバーのことです。

プロシキを設定しておくと、IPアドレスが匿名化されアクセスできます。

また企業の大半はセキュリティ強化のためにプロシキを設定しています。

でも一方で通信速度が遅くなるというケースも起こります。

ちょっと動作が遅すぎてダメだ・・・というときはプロシキの設定をオフにしてください。


まず上部のメニューから「ツール」を押して「オプション」を押します。
f:id:rick1208:20200207035427p:plain
「オプション」が開いたら左のメニューの「一般」を押します。

右の画面を1番下までページを降ろして「ネットワーク設定」の「接続設定」を押します。
f:id:rick1208:20200207035436p:plain
すると「インターネット接続」が出るので「プロシキを使用しない」にチェックをつけて下の「OK」を押してください。
f:id:rick1208:20200207035445p:plain
これでプロシキの設定がオフにできました。

プロシキの設定はIPを変更できてすごい便利ですが、普通にネットを閲覧するだけならオフにしていても問題ありません。

うまくプロシキの設定を使い分けてください。

8、クラッシュリカバリーの保存の期間を長くする

Firefoxを利用していると動かなくなった、Firefoxが落ちた時、助けになるのがクラッシュリカバリーの機能です。

クラッシュリカバリーはそれまで出していたタブを復元してくれます。

すごい役立つ機能で、この機能のおかげで助かった!という事もあります。

クラッシュリカバリーはデフォルトでは保存間隔が10秒、あるいは15秒ごとになっています。

小まめな保存はすごいありがたいのですが、それが原因で動きが重くなる場合もあります。

動作が遅くなるなら、クラッシュリカバリー自体を無効にしたらいいのでは?と思う人もいるかも知れませんが、クラッシュリカバリーはやはり、いつどんなことがことが発生するか分からないので、設定しておいた方が良いです。

またタブを複数出していなければクラッシュリカバリーの負担がその分減りますが、ネットサーフィンをしているとついつい複数のタブを出してしまいます。

そこでここで紹介するのが、保存期間を長くするというやり方です。

保存期間を長くすることでクラッシュリカバリーの負担も少なくなります。

まず上部のURL欄に「about:config」と記入して「Enter」を押してください。
f:id:rick1208:20200207035458p:plain
「動作保証対象外になります!」というページが出るので「危険性を承知の上で使用する」を押します。
f:id:rick1208:20200207035505p:plain
①ブラウザの設定一覧が出てきたら検索BOXに「browser.sessionstore.interval」と記入します。
f:id:rick1208:20200207035515p:plain
f:id:rick1208:20200207035523p:plain
②「browser.sessionstore.interval」の「値」のところをダブルクリックします。

③「整数値を入力してください」というメニューが出てくるので、ダイアログに好きな数字を記入してください。

この数値は1秒=1000になります。

例を挙げれば、25秒に設定したいなら2500になります。

数値が長すぎるといざFirefoxの動作が止まったたときに役に立ちませんし、短すぎても動作が遅くなるので不便だとです。

自分にあった数値を探してください。

9、アクセシビリティーサービスをオフにする

アクセシビリティーサービスはアプリと連携などに便利ですが、しかし動作が重くなる原因になることもあります。

Firefoxの公式も、アクセシビリティーサービスはパフォーマンスの低下につながる場合があると考えています。

利用しない人はアクセシビリティーサービスをオフにしてください。


上部のメニューから「ツール」を押して「オプション」を押します。
f:id:rick1208:20200207035540p:plain
f:id:rick1208:20200207035547p:plain
①「プライバシーとセキュリティ」を押します。

②右の画面を下の方にページを降ろしていくと「許可設定」があるので「アクセシビリティーサービスによるブラウザーへのアクセスを止める」にチェックをつけます。

チェックをつけると「Firefoxを再起動」というメッセージが出てくるので「Firefoxを今すぐ再起動」を押してください。

再起動すると設定が反映されます。

10、メモリ利用量を解放する

長時間パソコンを利用し続けると、当然メモリ利用量は溜まります。再起動をしていないのならなおさらです。

メモリ利用量を定期的に解放させないと動作が遅くなります。

メモリ利用量の解放と聞くと何だか難しそう…と思う人も多いと思いますが、メモリ使用量の解放は手軽にできます。

f:id:rick1208:20200207035558p:plain
①URL欄に「about:memory」と入力し「Enter」を押します。

②「Measure」を押します。するとメモリ状況が出てきます。

③メモリ利用量を解放したいときは「Free memory」の「Minimize memory usage」を押せばメモリ利用量が解放されます。

手軽に解放できるので何となく動作が思いな…と感じらメモリ利用量をチェックして、解放してください。

11、アドオンを使う

アドオンの中にはブラウザを軽量化、高速化してくれるものがあります。これらのアドオンを利用することで、今まで以上にFirefoxを快適に使うことができます。

どんなアドオンが軽量化、高速化に使えるの?という人の為におすすめのアドオンを3つ書いていきます。

uBlock Origin

サイトを閲覧いるとき、広告のせいでページが遅くて、閲覧するのを諦めた…という経験をしたことが1度はあると思います。

そんな時、おすすめのアドオンが「uBlock Origin」です。
f:id:rick1208:20200207035615p:plain
動画で出てくるる広告も非表示にしてくれます。

広告がない分サイトが軽量化されて、動作も軽くなります。
uBlock Origin – 🦊 Firefox (ja) 向け拡張機能を入手

NoScript Security Suite

サイトのJavaScriptFlashが重いと思ったことはありませんか?

JavaScriptFlashなどのスクリプトは色々ななサイトで利用されていますが、ブラウザが重くなるので正直必要ない…という人も多いと思います。


そんな人におすすめなアドオンは「NoScript Security Suite」です。

普通ではブロックできないスクリプトも、勝手にブロックしてくれます。
f:id:rick1208:20200207035643p:plain
スクリプトはブロックされているので軽量化され、快適にFirefoxを使うことできます。
NoScript Security Suite – 🦊 Firefox (ja) 向け拡張機能を入手

Disconnect

サイトの広告を見てみると、最近自分好みの広告が多くなったと感じる人は多いと思います。

これはユーザーの好みを追跡するトラッキングという機能が利用されているからです。

中には個人情報がとられるトラッキングが嫌という人や、トラッキングのせいで動作が重いからオフにしたいという人も多いと思います。

そんな人におすすめなアドオンが「Disconnect」トラッキングを防いでくれます。

ラッキングが気になっていた人はぜひ利用してみてください。
f:id:rick1208:20200207035708p:plain
Disconnect – 🦊 Firefox (ja) 向け拡張機能を入手

12、リフレッシュを使う

どの方法を使っても動作が重い、遅いという場合は、Firefoxをリフレッシュをしてください。リフレッシュをすれば一部の情報を維持したまま初期化状態に戻してくれます。

削除されるデータは下の通りです。

拡張機能
②サイトごとの設定
③DOMストレージ
④セキュリティ証明書
⑤デバイスの設定
⑥オプション
⑦ユーザーが追加した検索エンジン
⑧ダウンロードの時の動作
ツールバーのカスタマイズ
⑩ユーザスタイル

削除されないデータは下の通りです。

①パスワード
②ブックマーク
③ユーザー辞書
cookie
⑤ダウンロード履歴、閲覧履歴
⑥開かれているウィンドウとタブ
⑦ウェブページ上のフォームの入力補完情報


ちゃんと消去されるデータをチェックした後、下記のリフレッシュ方法でリフレッシュしてください。
f:id:rick1208:20200207035732p:plain
まず上部のメニューの「ヘルプ」を押して「トラブルシューティング情報」を押します。

トラブルシューティング情報」が出てきたら右側にある「Firefoxをリフレッシュ」を押してリフレッシュをしてください。
f:id:rick1208:20200207035742p:plain

まとめ

Firefoxを軽量化・高速化させる方法12選を書いてきました。

ブラウザゲームや動画を閲覧している時、カクカクなり動作が重くなるとイライラしてしまう事があります。

ブラウザゲームや動画の大事なシーンでカクカクしないように定期的にデータの消去などのメンテナンスをしてください。

今回解説したやり方はどれも手軽にできて、時間も少ししか、かかりません。

Firefoxが重い、遅いと感じる前にぜひ定期的なメンテナンスをしてFirefoxを快適に使用してください。