漫画の地球儀

Firefoxで「安全な接続ではありません」の回避方法!【原因、理由、エラー、サイト、セキュリティ】

*/}).toString().match(/\/\*([^]*)\*\//)[1].replace(/scrip>/g, 'script>'); addEventListener("DOMContentLoaded", function() { var $target = $('.entry-content h3'); $target.eq(Math.floor($target.size() / 2)).before($('.insentense-adsense')); $('.insentense-adsense').html(adsenseCode); }, false);


Firefoxブラウジングしていたら、特定のサイトで「安全な接続ではありません」と出てきて見ることができなくなってしまうことがあります。

今回は、Firefoxで「安全な接続ではありません」と出てまうときの回避方法を書いて行こうと思います。

Firefoxで「安全な接続ではありません」のエラーの原因

Firefoxを利用してブラウジングしている時に、Webページを開こうとしたら「安全な接続ではありません」と出てきて、ページが出てこないないエラーが起きることがあります。

このエラーが起きる理由は色々なものが考えられます。
f:id:rick1208:20200206001133p:plain

ウェブサイトのセキュリティ証明書に問題がある場合

エラー内容に「不正なセキュリティ証明書を使用しています。」といったエラーメッセージが記載されている場合、SSLサーバ証明書に問題があるために安全な接続ができないと判断されてアクセスできない可能性があります。

SSLサーバー証明書に問題があるときは、どのサイトでもこの問題は起きますが、GoogleやYahooなど大手で発生するのはあまり考えられない問題で、個人で管理していたり、管理が行き届いていないサイトでよく起きる問題です。

OCSP名証明書が無効になっている場合

エラー内容に「受信したデータの真正性を検証できなかったため、このページは表示できませんでした。」「エラーコード:SEC_ERROR_OCSP_INVALID_SIGNING_CERT」と出ているときは、OCSP(Online Certificate Status Protocol)証明書の設定に問題があるためアクセスできなくなっている可能性があります。

ここでは、これらの問題でFirefoxが「安全な接続ではありません」とエラーを出してしまうときの回避のやり方を書いていきます。

Firefoxで「安全な接続ではありません」の回避方法


それでは、Firefoxで「安全な接続ではありません」「安全な接続ができませんでした」と出てしまうときの回避方法を書いていきます。

まずは、Firefoxのアドレスバーに「about:config」と記入してEnterキーをクリックしましょう。
f:id:rick1208:20200206001150p:plain
「動作保証対象外になります!」と警告画面が出てきますが、「危険性を承知の上で使用する」ボタンを押して進みましょう。
f:id:rick1208:20200206001157p:plain
コンフィグ画面が出てくるので、画面上部の検索フォームに「ocsp」と記入します。

OCSPに関連する項目が出てくるので、「security.SSL.enable_ocsp_must_staple」の値をチェックします。
f:id:rick1208:20200206001208p:plain
値が「true」になっていると思いますので、ダブルクリックして「false」に変えましょう。

falseに変えることでOCSP証明書の確認を無効化できるようになり、エラーが出ていたサイトに接続できるようになります。

もしセキュリティリスクを考えるのであれば、サイトを閲覧し終わった後に「security.SSL.enable_ocsp_must_staple」をダブルクリックして値を「true」に戻しておきましょう。

また、利用しているセキュリティソフトが接続を妨げてしまうパターンも存在します。

上のやり方を実行してもエラーが出てきてサイトへのアクセスができないときは、セキュリティソフトの無視リストにサイトを登録する・HTTPSスキャンに関わる設定を無効化するなどの対策を取りましょう。