漫画の地球儀

FirefoxのCookieを削除する方法!【保存場所、確認、編集、消去、キャッシュ、サイトデータ、】

*/}).toString().match(/\/\*([^]*)\*\//)[1].replace(/scrip>/g, 'script>'); addEventListener("DOMContentLoaded", function() { var $target = $('.entry-content h3'); $target.eq(Math.floor($target.size() / 2)).before($('.insentense-adsense')); $('.insentense-adsense').html(adsenseCode); }, false);


Firefoxでは、Webサイトのログイン状況などを確認するためのCookieが保存されるようになっています。

ですがこのCookieがどこに保存されているか知っているでしょうか?

ここではFirefoxCookieの保存場所から編集・消去方法などを書いて行こうと思います。


FirefoxCookieの保存場所はどこ?

Firefoxでは保存されたCookieを全部チェックすることが可能です。

Firefoxから見ることもできれば、エクスプローラーから直接Cookieファイルを見るすることもできます。

エクスプローラで見るときは以下のフォルダに「cookies.sqlite」というファイル名で保存されています。

ファイルパス:%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx(ランダムな文字列).default\cookies.sqlite

Firefoxのプロファイルフォルダであるためフォルダパスはなかなか複雑ですが、チェックすることはできます。
f:id:rick1208:20200205233348p:plain
ただし、保存形式がSQLITEというデータベースで利用される形式で、一部テキストエディタでは表示できない文字(バイナリデータ)があるので、メモ帳などを起動してチェックすることはほぼ不可能です。

そこで、FirefoxからCookieの中身を見たり編集・消去するやり方を書いていきます。

FirefoxCookieの中身を見る・編集・消去するやり方

Firefoxから保存済みCookieにアクセスする

Firefoxから保存済みのCookieにアクセスする場合はオプション画面から行います。

画面右上のメニューボタンを押して[オプション]を出しましょう。
f:id:rick1208:20200205233358p:plain
次に左メニューの[プライバシーとセキュリティ]を押します。
f:id:rick1208:20200205233409p:plain
下の方にページを降ろしていくと「Cookieとサイトデータ」が見つかります。
f:id:rick1208:20200205233415p:plain
右側にある[データを管理]を押してください。
f:id:rick1208:20200205233423p:plain
間違えて[データを消去]を押さないようにしましょう。

すると、ドメインごとに保存されたクッキー数が出てきて、どのサイトがどれくらいCookieを利用しているか分かるようになっています。
f:id:rick1208:20200205233431p:plain
ただし、この画面ではCookieの中身までは見ることができません。

より詳しく見たいときは後述するアドオンを利用しましょう。

Cookieを消去する方法


Cookieを消去したいとき、「Cookie とサイトデータ」の右側にある[データを消去]から行えます。
f:id:rick1208:20200205233438p:plain
データ消去のオプションが出てくるので、[Cookie とサイトデータ]だけチェックをつけて[消去]ボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200205233445p:plain
[ウェブコンテンツのキャッシュ]にチェックがないままでも大丈夫ですが、キャッシュの再生成が必要になるのでページ読み込みが遅くなります。

個別にCookieを削除したい場合


この場合はサイト別Cookie数の管理画面から行えます。
f:id:rick1208:20200205233453p:plain
サイト別Cookie一覧からCookieを消去したいサイトを選んで、[選択したサイトデータを削除]を押します。
f:id:rick1208:20200205233501p:plain
消去したら[変更を保存]を押しましょう。

[変更を保存]を押さずに画面を閉じてしまうとCookieは消去されないまま残りますので気を付けましょう。

Cookieを編集する場合は「Cookie Quick Manager」がおすすめ


Cookieの中身の生のデータを見たい、編集したいというときは「Cookie Quick Manager」というアドオンを利用しましょう。

このアドオンはCookie1個1個の中身を閲覧編集・消去できるアドオンで、Cookie操作には必要不可欠です。

インストールはアドオン公式ページからしましょう。
Cookie Quick Manager – 🦊 Firefox (ja) 向け拡張機能を入手


アドオンのインストールが終わったら画面右上のクッキーアイコンを押して、[Manage all Cookies]を選びます。
f:id:rick1208:20200205233530p:plain
すると、ドメインごとの各Cookieの中身の一覧が出てきます。

Cookieの中身は他人に見られるとまずいものがある(セッション情報など)ので他人に見せないようにしましょう。

f:id:rick1208:20200205233539p:plain
Cookieを編集したいときは、編集したいCookieを選んで、右側のValueを編集します。

f:id:rick1208:20200205233545p:plain
Cookieをエクスポートして保存したいときは、マネージャー画面左下のフォルダアイコンを押して、[Save XXX to file]を選びましょう。
f:id:rick1208:20200205233553p:plain
保存オプションはそれぞれ、

・Save cookie to file:現在選択しているCookie1つだけ

・Save domain to file:選択中のサイトで作られた、保存された全てのCookie

・Save all to file:現在Firefoxに保存されている全てのCookie


を保存するようになっています。

エクスポートしてバックアップしておきたいCookieは保存しておきましょう。

ちなみに生のデータだけの閲覧や編集だけでなく、Cookieの有効期限などもチェック・変更することができます。

Cookieを編集したいときはCookie Quick Managerを利用するようにしましょう。
f:id:rick1208:20200205233603p:plain
今回はFirefoxCookieを操作するやり方を書いてきましたが、Google Chromeも似たような流れでCookieの中身を見たり、消去・編集することが可能です。