漫画の地球儀

Windows10のCortana(コルタナ)を停止する方法!【オフ、重い、メモリ、無効化、邪魔】

スポンサーリンク

Windows10のCortana(コルタナ)を無効化して停止(オフ)にするやり方を書いていきます。

Cortanaは役立つ機能ですが、人によってはオン/オフを切り替えたいという人が多いです。

Cortanaが必要ないという人は今回の記事を参考に無効化しておきましょう。

Windows10のCortana(コルタナ)を無効化して停止(オフ)

みなさんはWindows10に入っているCortana(コルタナ)を利用しているでしょうか?

Cortana(コルタナ)とはシンプルに解説するとWindows10の音声認証アシスタント機能のことです。

利用ユーザーの音声を認識しファイルの検索や音楽をかけたりなどPCの操作ができるようになります。

一方でCortana(コルタナ)を無効化して停止(オフ)したいと感じている人も多いです。その理由としては

①そもそも利用しない機能なので必要ないし邪魔だしうざい

②コルタナが動いているとメモリを圧迫して重いので必要ない

③コルタナを使いこなせないので無効化したい

などなど、もちろんコルタナはうまく利用できれば便利な機能ですが、新しい機能なのでメモリの負荷になって重かったり、使いこなせない、必要ないという意見があります。

そこでここでは最初から有効(オン)になっている、Windows10のCortana(コルタナ)を停止(オフ)するやり方を書いて行こうと思います。

Windows10のCortana(コルタナ)を無効化して停止にする方法

Windows10ではもちろんCortana(コルタナ)を無効化して停止(オフ)にすることはできます。

やり方を順番に見ていきましょう。

まず今回の設定変更はWindowsレジストリを変えるやり方となります。

方法を誤るとWindowsが故障する危険性があるので、慎重にやってもらいたいのと何かあっても自己責任となりますのでご承知下さい。

まずは「Windowsキー+R」のショートカットキーで「ファイル名を指定実行」を開きましょう。

次に「regedit」と記入してOKボタンをクリックします。
f:id:rick1208:20200205231800p:plain
レジストリエディターがシステムに変更を加えようとしている旨のアラートが表示されるので、許可をして進みます。

Windows10のレジストリエディターが出てきます。

左のフォルダツリーから「コンピューター→HKEY_LOCAL_MACHINE」の中身を表示します。
f:id:rick1208:20200205231810p:plain
「SOFTWARE→Policies→Windows」と進みましょう。

次にWindowsフォルダの中に「Windows Search」を見つけましょう。

もしもWindows Searchが無い人は作成することになります。

Windowsフォルダを右クリックをして新規を選んで「キー」を選びます。
f:id:rick1208:20200205231818p:plain
キー名を「Windows Search」としましょう。

するとWindowsフォルダに「Windows Search」フォルダが加わります。


このWindows Searchフォルダを右クリックで、メニューを出して「新規」を選び、次にDWORD(32ビット)値を選びます。
f:id:rick1208:20200205231828p:plain
右側に新規で1行増えますので、ここの名前を「AllowCortana」と入力します。
f:id:rick1208:20200205231837p:plain
次にAllowCortanaを右クリックで「修正」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200205231843p:plain
AllowCortanaの値が0になっていればOKです。(デフォルトでおそらく0になっているはずです)

この状態でOKをクリックします。
f:id:rick1208:20200205231851p:plain
これで設定は終わりです。

設定を適用するためにWindowsのシステムを再起動させましょう。


再起動後にWindowsのデスクトップをチェックしてみると、検索ボックスが変更されてCortana(コルタナ)が無効化し停止されているのがわかるかと思います。

これでコルタナをオフに出来ました。
f:id:rick1208:20200205231904p:plain

無効にしたCortana(コルタナ)を起動する方法

次に無効にしたCortana(コルタナ)を復活(オン)させるやり方を書いていきます。

無効化したときとほぼ同じようなやり方になります。

Windowsキー+Rでファイル名を指定して実行を出して、regeditからレジストリエディターを開きましょう。
f:id:rick1208:20200205231915p:plain
Windows Searchまでフォルダを辿りAllowCortanaの値を修正します。

値のデータを0から1にして、OKボタンをクリックしましょう。
f:id:rick1208:20200205231921p:plain
Windowsを再起動すれば、Cortana(コルタナ)が復活していると思います。
f:id:rick1208:20200205231928p:plain

まとめ

Windows10のCortana(コルタナ)を無効化して停止(オフ)にするやり方を書いてきました。

レジストリをいじっているので、危険を伴う設定変更です。

自己責任でお願いいたします。

Windows10のコルタナは人によっては必要ない、邪魔な機能という人もいますので、ぜひ今後簡単にオン/オフの変更ができるように改良をしてほしいところです。

もしもそれまで待てずに、すぐにでも無効化したいという人はぜひここの記事を参考に試してみて下さい。