漫画の地球儀

Androidでフィルタリング設定する方法【子供、有害サイト、ブロック、アダルトサイト、年齢制限】

スポンサーリンク

子どもでもスマホを利用する現代において、有害サイトや年齢制限のあるサイトをお子様が目にしないように、ちゃんとスマホのフィルタリング設定をしておきましょう。

今回はAndroidでフィルタリング設定するやり方を書いて行こうと思います。

Androidのフィルタリング設定


利用しているAndroidはフィルタリングの設定をちゃんとやっているでしょうか。

大人がChromeを出してGoogleYahoo!で検索をするとお子様に見せたくない検索結果が出ていることがあります。

もしお子様が見たらどうしようと不安に感じる人はぜひ、フィルタリングを設定して有害なサイトをブロックしましょう。

フィルタリングとは年齢制限がかけてあるサイトやアダルトサイト、有害サイトなど特定のサイトを出さないようにブロックしてくれる機能です。

Google Playストアでインストールできる無料アプリやChromeを開きGoogleYahoo!で検索して出て来た結果の中には、お子様に悪影響を与える情報も含まれている可能性があります。

Androidを利用すればYouTubeで動画、Chromeでインターネットの検索がお子様でも手軽にできます。

そして、フィルタリングをしていない場合、アダルトサイトや有害サイト、年齢制限があるサイトなどお子様に良くないサイトや動画を見てしまいます。

危険性は分かっているが一方でAndroidは、忙しいお母さんの強い味方でもあります。

料理で忙しい時や、少し静かにしてほしい時などAndroidで動画やインターネットを利用させると子どももちょっとの間静かにしてくれるので、すごい便利でAndroidに頼ってしまいます。

アダルトサイトや有害サイト、年齢制限があるサイトを閲覧してしまったらどうしようと不安に感じていても、ずっと子供のそばで見ていることは忙しいお母さんにはなかなかできません。

そこでここではお子様を有害サイトや、アダルトサイト、年齢制限がある特定のサイトなどをブロックしてお子様を守る方法、Androidでフィルタリングの設定をする方法、無料アプリをインストールする時制限をつける方法などを書いて行こうと思います。

Androidでフィルタリング設定する方法

それでは見出しを分けてそれぞれのフィルタリング設定するやり方を書いていきます。

Googleアカウント、Yahoo!のフィルタリングする設定

Chromeを開きGoogleYahoo!などのサーチを利用して、インターネットを検索すると有害サイトやアダルトサイト、年齢制限があるサイトなどお子様に良くないサイトが出てくる可能性があります。

でも小学生になるとGoogleYahoo!を利用して、勉強で大事な事などを検索します。

強制的にインターネットとの距離を持たせるのは今の時代に合っていません。

そこでChromeGoogleYahoo!を利用してお子様が検索した時、特定の子どもに悪影響を与えるサイトをブロックする設定を説明していきます。

まずはGoogleからです。

ChromeGoogleを出して一番下にある「設定」を押します。
f:id:rick1208:20200203202413p:plain
「設定」が出てきたら「検索設定」を押します。
f:id:rick1208:20200203202421p:plain
「検索設定」が出たら「不適切な検索結果を除外」にチェックを入れ一番下にある「保存」を押せば終了です。
f:id:rick1208:20200203202432p:plain
次はYahoo!にフィルタリングするやり方を書いていきます。

まずChromeを使いYahoo!を出して右上にある点が縦に並んでいる部分を押してください。
f:id:rick1208:20200203202441p:plain
メニューが開いたらその中の「PC 版サイト」を押します。
f:id:rick1208:20200203202448p:plain
「PC 版サイト」が出たら右上にある「検索設定」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200203202456p:plain
「検索設定」が出たら「セーフサーチ」の強、中、弱の中から好きなレベルを選択してチェック入れてください。
f:id:rick1208:20200203202505p:plain
「セーフサーチ」の下に「チャイルドロック」があります。

チャイルドロックをする」チェックを入れておくと、ログインしていなくても強の設定になるのでより安全にYahoo!を利用することが可能です。
f:id:rick1208:20200203202515p:plain
チェックが入れ終わったら一番下にある「設定を保存」を押せば終了です。

これで有害サイトやアダルトサイト、年齢制限がある特定のサイトが検索結果に出ないようにブロックされました。

Chromeでお子様がGoogleYahoo!を安心して利用して色々な事を検索できます。

ペアレンタルコントロールGoogle Playストアに制限をつける設定

次はGoogle Playストアのペアレンタルコントロールを設定するやり方です。

Google Playストアには無料のアプリがいろいろ存在します。

子どもたちは無料なのでどんどんアプリをインストールしたがりますが、中には有害アプリや、年齢制限があるアプリあり子どもたちがインストールしてしまうと危険です。

有害な無料アプリからお子様を守るためにGoogle Playストアには、特定のアプリをブロックするペアレンタルコントロール機能がついています。

まずGoogle Playストアを出して左上にある三本の横線を押します。
f:id:rick1208:20200203202535p:plain
メニューが出たら「設定」を押します。
f:id:rick1208:20200203202543p:plain
「設定」が開いたら「保護者による使用制限」を押しましょう。

f:id:rick1208:20200203202557p:plain
「保護者による使用制限」が出たら「保護者による使用制限」をオンにします。
f:id:rick1208:20200203202605p:plain
すると「利用コンテンツの制限の設定」が表示されるので、制限したい項目を押します。
f:id:rick1208:20200203202614p:plain
すると上限の年齢が選択できるので、上限の年齢を選択して下の保存を押したら終了です。
f:id:rick1208:20200203202625p:plain
これでペアレンタルコントロールが設定でき、アダルトなアプリや年齢制限があるアプリなどお子様に悪影響を与えるアプリがブロックされました。

安全な無料アプリでも不安なのでインストールできないようにしたい人には「保護者による使用制限」の設定がおすすめです。


上で説明した「保護者による使用制限」の下にある「購入時には認証を必要とする」を押します。

f:id:rick1208:20200203202641p:plain
項目から「この端末でGoogle Playから購入するときは常に」にチェックをつけます。
f:id:rick1208:20200203202649p:plain
これでGoogle Playストアでアプリをインストールする時、認証が必要になります。

お子様に認証番号を教えなければ勝手にインストールされる心配がありません。

ペアレンタルコントロール機能と一緒に設定することでより安全になります。

YouTubeのフィルタリング設定

次はYouTubeのフィルタリング設定について書いていきます。

無料で動画が閲覧できるYouTubeは、小さなお子様も夢中にさせる楽しい動画がいっぱい存在します。

しかし一方で、お子様に悪影響を与える動画もいっぱいあります。

そんな動画から子どもを守るために特定の有害な動画をブロックするフィルタリングの設定を解説していきます。

YouTubeを開き右上のアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200203202700p:plain
するとメニューが開くので「設定」を押します。
f:id:rick1208:20200203202708p:plain
「設定」が出たら「全般」を押します。
f:id:rick1208:20200203202715p:plain
「全般」が出たら「制限付きモード」をオンにします。
f:id:rick1208:20200203202722p:plain
これでYouTubeのフィルタリングの設定ができました。

でもこの設定を変えるのは誰でも手軽にできるので気を付ける必要です。

YouTubeにはお子さま向けのYouTubeアプリ「YouTube kids」もあります。

こちらのアプリには最初からフィルタリングがかかっているので、安心してお子様に見せることができます。


Twitterにフィルタリングする方法

Androidにはペアレンタルコントロール機能が残念ながらついていません。

ペアレンタルコントロールがない代わりに携帯電話会社が便利な無料アプリをリリースしていますす。

auUQを利用している人には「あんしんフィルター for UQ mobile」がおすすめです。
f:id:rick1208:20200203202733p:plain
Twitterなど特定のアプリだけではなくInstagramなど色々なアプリの規制が可能です。


お子様を守ってくれる心強いアプリです。

ドコモやソフトバンクも同様なアプリをリリースしているのでGoogleストアで検索し、ペアレンタルコントロール機能の変わりに使用してください。

iPhoneTwitterのフィルタリングがしたい場合iPhoneにはペアレンタルコントロール機能がついています

まとめ

Androidでフィルタリング設定する方法を解説しました。インターネットや無料アプリは、私たちの生活には欠かせないものになりました。

それは子どもたちにとっても同様です。今では学校でインターネットの利用方法を勉強してきます。

Androidを利用することでより身近になりました。

しかしインターネットには有害サイトやアダルトサイト、年齢制限があるサイトもいっぱい存在します。

まずは子どもとインターネット、アプリの危険性についてきちんと話し、更に子どもを守るためにフィルタリングを設定し、子どもが安全にインターネットやアプリを利用できる環境を作ってあげてください。