漫画の地球儀

Androidスマホが充電できない時の対処法いろいろ!【ランプがつかない、接触不良、修理、断線】

*/}).toString().match(/\/\*([^]*)\*\//)[1].replace(/scrip>/g, 'script>'); addEventListener("DOMContentLoaded", function() { var $target = $('.entry-content h3'); $target.eq(Math.floor($target.size() / 2)).before($('.insentense-adsense')); $('.insentense-adsense').html(adsenseCode); }, false);

Androidスマホを利用していて、充電しようとしてるのに充電できない状態になってしまったことがある人は多いと思います。

接触不良で充電できないのか、壊れていて修理しなければならないのかわからないこともあります。

今回は、Androidスマホが充電できないときの対処法を書いて行こうと思います。

Androidスマホが充電できない

f:id:rick1208:20200131184939p:plain
Androidスマホの電池残量が少なくなったから充電しようと充電ケーブルをつなげているのに、何故か充電できないとうようなことを経験した人は多いと思います。

スマホが充電できないとスマホとしての機能をほとんど果たせなくなるため、日常生活で支障を出てきます。

充電できない原因

Androidスマホが充電できなくなってしまう原因は複数の要因があります。

まずは充電ケーブルの接触不良です。

充電ケーブルがしっかりACアダプタとAndroidスマホ本体につながっているかチェックしてみましょう。

もしもしっかりと、つながっているのに充電できない場合は、充電ケーブルの内部で断線が起きているか、ACアダプタが壊れてしまっている可能性があります。

それ以外にも、Androidスマホのシステムに問題が起きて充電ケーブルを感知しなかったり、バッテリーが寿命に達している、Androidスマホが放電してしまっているなどの可能性があります。

そこでここでは、複数あるAndroidで充電できない問題で、これらの場合に対応した対処法をご書いて行こうと思います。

Androidスマホが充電できない場合の対処法

それでは、Androidスマホが充電できない場合の対処法を解説していこうと思います。

充電機器とAndroidスマホを確認してみる

まずはAndroidスマホと充電ケーブルがちゃんと繋がっているか・ACアダプタがコンセントに差さっているかどうかチェックしましょう。

ちゃんと接続されている場合、ACアダプタと充電ケーブル、そしてAndroidスマホの充電コネクターをそれぞれチェックしてみましょう。

もしもACアダプタと充電ケーブルに明らかな外傷があったときなどは壊れている可能性も高くなります。

これらの充電機器に問題がない場合も、Androidスマホの充電コネクターにホコリや汚れが付いていて、ちゃんと繋がっていなない状態になっている可能性もありますので接続コネクタを綿棒など優しい素材のもので拭いて掃除してみてください。

もし別のAndroidスマホ・充電機器があるときは、それらでつなげてAndroidスマホに原因があるのか充電機器に原因があるのかを判別しましょう。

正規の充電機器以外で充電していないかどうか確認する

Androidスマホに付いている正規のACアダプタと充電ケーブルではなく、家電量販店やコンビニ・100均などで買った別メーカーのACアダプタにつなげて充電をしようとしている場合、正常な充電ができないことがあります。
(特に100均などで買ったものは気をつけてください)

正規のACアダプタと充電ケーブルを使って充電をしてみましょう。

これで充電できるときは購入した非正規のACアダプタか充電ケーブルに問題があることかが判別できます。

Androidスマホを再起動する

充電機器が原因じゃなく、Androidスマホの充電コネクターも汚れが付いていないのに充電できない場合は、Android端末のシステムに問題が起きている可能性があります。

Androidスマホが起動している状態なら、1回再起動してみましょう。

システムに問題が起きているいるために充電できない場合はこれで解決することができます。

セーフモードで起動してみる


最近ダウンロードしたアプリがAndroidスマホに悪影響を与えていて、それが原因で充電ができない場合があります。

この場合は必要最低限の機能で動かせるセーフモードで立ち上げて充電できるかどうか試してみましょう。


セーフモードで起動するには、スマホ本体の電源ボタンを長押しして電源メニューを出しましょう。

多くのAndroidスマホがこの画面が出ている時に「電源を切る」「再起動」のどちらかを長押しすることでセーフモードに移行できるようになっています。

f:id:rick1208:20200131184809p:plain
「再起動してセーフモードに変更」と出てきたら「OK」ボタンを押すことでAndroidスマホが再起動して、再起動後にセーフモードに移行されます。
f:id:rick1208:20200131184819p:plain
セーフモードで充電ができるかどうか試してみて、充電ができる場合は他のアプリが悪影響を与えて充電できなくなっている可能性がとても高いです。

最近ダウンロードしたアプリのアンインストールを行って、もう1度通常モードで起動して充電ができるかどうかチェックしてみましょう。

通常モードに戻すには再起動をするだけなので簡単です。

Androidスマホのシステムアップデートを行う


Androidスマホファームウェア(システム)が古い場合に充電機能に問題が起きる可能性があります。

この場合はシステムアップデートをして新しく更新しましょう。


設定を開いたら「端末情報」を押して端末情報メニューを出しましょう。

一覧の中にある「システムアップデート(システム更新)」を押します。

f:id:rick1208:20200131184839p:plain
システムのアップデートがあるかどうかチェックがされ、アップデートがある場合はダウンロードされます。

ダウンロードが終わったあとにスマホの画面にアップデートの操作について出てきます。

指示通りにアップデートをして、アップデート後に充電できるかどうかチェックしてみましょう。
f:id:rick1208:20200131184849p:plain
システムアップデートを行うときに気を付けないといけないのが、最低でもスマホの電池残量が15~20パーセントは残っている状態で行ってください。

アップデート中に電池がなくなってしまうと、最悪の場合起動不可になってしまう可能性があります。

もし電池が15~20パーセントもないときは、他の手段で充電できるかどうかやってみましょう。

放電してしまっている場合


Androidスマホの電池がなくなっている状態でしばらく放置すると「完全放電」状態となるときがあります。

これはバッテリーが空っぽの状態です。

完全放電状態で、ACアダプターから充電しようとしたとき、充電しているのに充電できていない状態となる場合があるのです。

対応方法①

完全放電をした場合は、充電ケーブルをつなげて1時間ほど放置して、LEDランプがついているか・充電マークが画面に出ているかどうかチェックしましょう。

対応方法②

ACアダプターと比較して出力される電流が少ないPCのUSBポートから充電してみるなど出力元を変更してみましょう。


小さい電力で充電した場合うまく充電されるケースがあります。

LEDランプを確認する

f:id:rick1208:20200131184909p:plain
充電中はAndroidスマホのLEDランプが点灯して正常な充電ができているかどうかを教えてくれます。

普通は充電中にLEDランプが赤色などでランプがつきますが、機種によっては正常に充電できていないときは点滅するなどの特殊な動作をするものもあります。

この場合はLEDランプの動作を見て説明書でチェックしましょう。

充電マークが表示されているのに充電されない場合

充電ケーブルをつなげて感知はするけど、充電マークついてるのに充電されない…というときは、バッテリーの接触不良あるいはバッテリーが寿命に達している可能性があります。

バッテリーが取り外し可能なタイプの場合、接触不良が発生してしまうことがあるのでバッテリーの付けはずしを行ってみましょう。

もし取り外しできないタイプの場合はこのやり方はできないので強制的にやり取り外そうとは絶対にしないでください。

バッテリーの寿命の場合ですが、一般的にはバッテリーは2年から3年程度は持つものですが上で書いたように完全放電を行ってしまったり、充電をやりながらスマホを利用していたり頻繁に充電を行っていた場合はバッテリーの劣化が早くなるので、基本のバッテリーの寿命よりも早い段階で寿命に達してしまいます。

バッテリーが寿命に達してしまった場合、自分で交換できるタイプであればバッテリーを準備して付け替える、交換できないタイプの場合はメーカーにバッテリー交換を頼みましょう。


また、バッテリーの交換後は上記に書いたようなバッテリーの劣化に繋がるスマホの利用の仕方はしないように気を付けましょう。

Androidスマホの修理を依頼する

上に書いた対処法をやってみてもAndroidスマホの充電ができない場合は、Androidスマホを修理に出しましょう。

Androidスマホを修理に出すには、docomoなどのキャリア窓口で依頼する・利用しているAndroidスマホのメーカーサポートに依頼するなどのやり方があります。


修理はお金がかかりますが、Androidスマホの保証期間内であれば修理や交換が無料になる可能性もあります。

もし保証期間内であれば、早めに修理を依頼したほうが良いです。

保証期間外でも約4000円ほどでバッテリーの交換ができます。

ただし、修理のときにはデータの初期化がされてしまうことが大半です。

Androidスマホの修理を依頼する前に、データのバックアップを取っておきましょう。

また、キャリアやメーカーに修理を依頼しないで、電気屋さんや個人の修理サービスに頼むというやり方もあります。

こちらの方法で修理を依頼する場合、一般的な修理サービスよりも早く修理される・費用が安くなる可能性があるなどのメリットがあります。

しかし、正規の修理でないためメーカーサポートを受けられなくなってしまうなどのデメリットが起きてしまう点に気を付けましょう。