漫画の地球儀

Macの「リマインダー」機能の使い方【todoリスト、Cloud、やることリスト、タスク、リマインド】

*/}).toString().match(/\/\*([^]*)\*\//)[1].replace(/scrip>/g, 'script>'); addEventListener("DOMContentLoaded", function() { var $target = $('.entry-content h3'); $target.eq(Math.floor($target.size() / 2)).before($('.insentense-adsense')); $('.insentense-adsense').html(adsenseCode); }, false);


やるべきことやその期限をど忘れてしてしまって、困った経験をしたことがある人は多いと思います。

忘れてはいけないtodoを管理するためにはMacの「リマインダー」を使いましょう。

ここではは、Mac純正の「リマインダー」アプリの利用方法を書いて行こうと思います。

Macのリマインダー機能

Macには「リマインダー」のアプリが標準で搭載されています。

リマインダーでは、しなければならないことをリスト化してチェックできたり、期限などを設定して忘れないように通知させることもできます。

Macだけでなく、スマホとの同期や、Yahoo!など他のインターネットアカウントのtodo機能との同期も可能です。

リマインダーを利用すればアラームで教えてくれるので、大切なことをうっかり忘れてしまうことはありません。

リマインダーはMac本体、iCloudのどちらにも保存できます。

他のデバイスからもリマインダーを利用したいときは、先にPCの方のiCloudから同期の設定をオンにしておきましょう。

更にiCloudを使っている人や家族とのリマインダーリストのシェアにも対応しています。

そんな便利なリマインダー機能について今回ご紹介していきます。

Macのリマインダー機能の使い方

では、Macのリマインダー機能を利用してみましょう。

リマインダーアプリを立ち上げます。


リマインダーを追加したいリストを選んで、右上にある「+」あるいは最初の行を押すと、タスク内容が記入できます。
f:id:rick1208:20200130180801p:plain
リマインダーはリストに分類できます。

左下にある「リストを追加」を押すと、Mac内か、iCloud内か追加先を選べます。

f:id:rick1208:20200130180822p:plain
タスクが終了したら、ラジオボタンにチェックをつけると、リストに表示されなくなります。

f:id:rick1208:20200130180832p:plain

Macのリマインダー機能の利用方法実例

Macのリマインダー機能をtodoリスト・やることリストとして利用してみましょう。

todoリスト

期限があるtodo

タスクを記入した行にカーソルを合わせると、右端に「!」マークが出てきます。

この「!」を押すと、通知設定や優先度の設定が可能です。

期限があるタスクの場合、通知を日付に設定すればOKです。

特定の場所でのtodo

f:id:rick1208:20200130180856p:plain
リマインダーアプリでは、場所を選んでしてタスクを通知させることもできます。

あるエリアに到着、あるいは出発するときにタスクをリマインドさせます。

基準となるエリアは、青い円の部分をドラッグすれば調整ができます。

店の近くに寄ったら、買わなければならないものを通知させる、といった利用法ができます。
f:id:rick1208:20200130181021p:plain

やることリスト

定期的にやることをアラームでリマインドさせることも可能です。

習慣づけのサポートにも利用してみましょう。


定期的にやることを通知させる、やることリストとしても使えます。

日付を通知し、繰り返しを毎日、毎週、毎月、○日ごとなどと間隔を決めておけばOKです。

アラームで通知してくれます。
f:id:rick1208:20200130181259p:plain
Macのリマインダー機能

リマインダーで期限のあるToDoを管理しよう
特定の場所を選んでToDoも可能
定期的にやる事をリマインドする事もできる


Macのリマインダーをスマホに同期する

iCloudに保存したMacのリマインダーはスマホと同期させることができます。

PCが手元にない場合でもアラームで通知を受けられるので便利です。

MaciPhoneとの同期を設定してみましょう。


「設定」から「Apple ID」を押してiCloudの設定を出します
f:id:rick1208:20200130181318p:plain
iCloudを使用しているAPPの設定」画面となりますので、リマインダーの設定をONに切り替えます。

MacIPhone間でリマインダーアプリの同期が完了しました。

PCのアプリの機能に加え、スマホではPCのアプリから一覧することができない、実行済みの項目もチェックできます。
f:id:rick1208:20200130181330p:plain

まとめ

Mac純正のリマインダーアプリは、シンプルですがiPhoneとの連携がよく完成度が高いです。

今まで使ってなかった人もぜひお試しください。