漫画の地球儀

MacのTime Machine(タイムマシン)利用方法、使い方!【バックアップ、外付けHDD、容量、復元】

スポンサーリンク

Macを利用している人で、バックアップ機能である「Mac Time Machine」を利用したことはあるでしょうか。

一定の日時のファイルやデータを保存しておける機能です。

Time Machineは、データを復元するときや別のMacに移動させる際に役立ちます。



MacのTime Machine(タイムマシン)とは

Macを利用している人は、普段データをどんなふうに管理していますか。

MacのTime Machineとは、Macに保存している画像・メール・曲などのファイルをバックアップできる機能です。

バックアップとは、データを特定の場所に保存することです。

バックアップデータは、外付けのストレージデバイス(HDDなど)などに保存します。

バックアップを取っておけば、仮に間違ってファイルを消しても復旧することができます。

万が一のために、バックアップを取っておくことをおすすめします。

新しいMacにデータを移動させる場合も、Time Machineを利用できます。

以下、Time Machineの利用方法を書いていきます。。

MacのTime Machine(タイムマシン)の使い方・設定

、Time Machineを利用してバックアップのやり方の手順を追います。

初回のバックアップ

まず最初に、バックアップデータを保存する外付けHDDを準備して、Macにつなぎます。

MacがHDDを認識すればOKです。


初回のバックアップは以下のような画面が出てきます。

「バックアップディスクとして使用」を押します。
f:id:rick1208:20200130102227p:plain
もしHDDがTime Machineで利用する必要なフォーマットになっていないときは、ディスクを消すように求められるのでで、「消去」を押しましょう。

初回のバックアップは、このまま自動的にバックアップされますが、時間がかかる場合があります。

2回目以降のバックアップ

Time Machineの設定画面をチェックします。画面右上のAppleマークを押します。

メニューから「システム環境設定」を押します。

f:id:rick1208:20200130102239p:plain
「Time Machine」のアイコンがあるので押します。


f:id:rick1208:20200130102249p:plain
2回目からあとのバックアップは、外付けHDDをつなげて電源アダプタをさした状態で行われます。

項目一番下にある「Time Machineをメニューバーに表示」にチェックをつけると操作がカンタンになります。

メニューバーに表示できるようになると、時計のようなアイコン(Time Machine)が増えます。

それを押すと、Time Machineの機能が利用できます。

「今すぐバックアップを作成」を押すと、バックアップが始まります。
f:id:rick1208:20200130102259p:plain

外付けHDDの安全な取り外し

外付けHDDを取り外す時に、いきなりケーブルを引っこ抜いて外す人がいますが、MacからHDDを安全に外すには、以下のようにやってください。


FinderからHDDを右クリックして、「”HDD名”を取り出す」を押します。

HDDのランプの光がなくなれば、取り外しが可能です。
f:id:rick1208:20200130102307p:plain
または、Macを完全にシャットダウンしてから、HDDを取り外すやり方でもOKです。

Time Machine(タイムマシン)のバックアップからの復元方法

復元とは、バックアップしたデータを元に戻すことです。

以下、取ったバックアップからデータを復元するやり方を書いていきます。

外付けHDDをMacに接続します。メニューバーの「Time Machine」アイコンをクリックします。

「Time Machineに入る」をクリックします。
f:id:rick1208:20200130102316p:plain
バックアップデータの一覧が出てきます。

f:id:rick1208:20200130102327p:plain
右から日時を選んで、復元させたいフォルダやファイルを選びます。

下にある「復元」ボタンを押します。
f:id:rick1208:20200130102338p:plain
該当のフォルダに指定したファイルあるいはフォルダを復元が完了します。

Time Machine(タイムマシン)でバックアップできない場合


Time Machineを利用してバックアップができないときは、以下の確認をやってください。

HDDの確認


Macにつなげてもも外付けHDDのランプがつかないときは、外付けHDDが壊れているかケーブルが破損していてMac側が感知できていない可能性があります。

Macの確認

外付けHDDのランプがついているけどMac側で感知できない場合は、Macのソフトウェアが最新であるかをチェックしてください。

そして、Macの再起動をしてください。

Time Machine(タイムマシン)のバックアップでおすすめの外付けHDD

Macにつなげる外付けストレージデバイスは、基本的にはHDDが利用されます。

以下に、必要な容量と外付けHDDのおすすめをいくつか書いて行こうと思います。

おすすめの容量

Time Machineに利用する外付けHDDの容量の目安は、現在のMacの使用サイズの2〜3倍にするのがいいです。

使用容量のチェックは、Time Machineの設定画面を出して、「オプション」を押します。

「バックアップ完了後の予想サイズ」を参考にしてください。

この場合、およそ80GBなので160GB〜240GB以上のHDDがおススメです。
f:id:rick1208:20200130102356p:plain
または、利用しているMacのストレージ容量に合わせて計算することもできます。

たとえば128GBのMacであれば、HDDは256GB〜384GB以上のHDDが理想となります。

ただ、最近の外付けHDDは大半が1TB以上にものなので、あまり容量を使わないのであれば1TBを選んで、それ以上であれば必要に合わせて2TB以上を買うのがおすすめです。

おすすめのHDD

おすすめのHDDとそのポイントを書いていきます。

選ぶときの参考にしてください。

・Logitec 外付けHDD 外付けハードディスク USB3.1 Gen1(USB3.0) 3TB LHD-ENA030U3WS

稼働音が静かで熱対策もされているHDD
容量も1TB〜6TBを選択できます

・BUFFALO バッファロー Thunderbolt+USB3.0Type-C変換ケーブル付ポータブルHDD 2TB HD-PA2.0TU3-C

「USB」と「Thunderbolt」の2通りの接続方法を利用できます

容量も1TBと2TBがあります

Transcend USB3.0 2.5インチ スリムポータブルHDD 耐衝撃 M3シリーズ ミリタリーグリーン 2TB 3年保証 TS2TSJ25M3G

周りをシリコンラバーケースで覆っていて耐衝撃性があります

容量は1TBと2TBがあります


外付けHDDは普通Macから取り外して保管するものになります。

間違って落としたりぶつけても壊さないようにそれぞれの保護収納ケースがついています。

ケースがあった方がより安全に保管できます。

まとめ

つなげてしまえば、Macがほとんど自動でバックアップしてくれるので意外と簡単にできます。HDDに関しても、1TBであっても今は昔と比較して買いやすい値段になっています。

まだTime Machineを利用したことがない人は、ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。