漫画の地球儀

Macで「すべてのアプリケーションの実行を許可」する方法【 開発元不明なアプリを起動、非公式、野良アプリ】

*/}).toString().match(/\/\*([^]*)\*\//)[1].replace(/scrip>/g, 'script>'); addEventListener("DOMContentLoaded", function() { var $target = $('.entry-content h3'); $target.eq(Math.floor($target.size() / 2)).before($('.insentense-adsense')); $('.insentense-adsense').html(adsenseCode); }, false);

MacのOS Sierraからインストールしたアプリの実行許可の選択肢に「すべてのアプリケーションの実行を許可」がデフォルトで非表示になっています。


そのため開発元不明のアプリが起動できない状態です。この場合の対処法について書いて行こうと思います。。


Macでダウンロードしたアプリケーションが開けない・起動できない


いままでのMacのOSならばダウンロードしたアプリケーションに実行許可を与えるには、システム環境設定からセキュリティとプライバーシーを開いて、鍵アイコンを押して、「すべてのアプリケーションを許可」にチェックを付ければどのようなアプリでも実行が可能でした。
f:id:rick1208:20200127194220p:plain

でも、Mac OSのHigh Sierraからセキュリティが強化され、「すべてのアプリケーションを追加」が項目になく、変更できない状態です。

Macでダウンロードしたアプリケーションで開発元が不明のアプリについては起動できなくなっています。
f:id:rick1208:20200127194231p:plain
公式のアプリや開発元が判明しているアプリ以外のアプリ、つまり野良アプリは起動できない状態で、その実行許可の変更も画面上からいっさい出来ないようになっています。

一方で公式のソフトではないけれど、安全と判明しているソフトで、ダウンロードしたいというソフトがあり、そのソフトを起動できずに困っているという人も多いと思います。

ここでははMacでインストールしたアプリケーションが開けない・起動できないときの対処法について書いて行こうと思います。


Macでダウンロードしたアプリケーションが開けない・起動できない場合の対処法

Macでインストールした非公式で開発元が不明のアプリケーションを起動するには、Mac OS Sierraでデフォルト非表示となっている「すべてのアプリケーションを許可」にチェックを付けます。

これにはターミナルの操作が必要です。


Lannchpadを開き「その他」の中から「ターミナル」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200127194244p:plain
ターミナル上で以下のコマンドを実行します。

sudo spctl --master-disable>

パスワードを求められたときは、Macにログイン時のパスワードを記入しましょう。

その後、何も言われなければコマンドの実行は成功になります。。
f:id:rick1208:20200127194254p:plain
もう1度、セキュリティとプライバシーを開いてみましょう。

すうしますと、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」に「すべてのアプリケーションを許可」というのが増えています。

「すべてのアプリケーションを許可」にチェックを付けて、この状態で必要なソフトを起動しましょう。
f:id:rick1208:20200127194307p:plain
現在mpのセキュリティレベルは弱いレベルなので、必要なソフトを起動したら、実行許可の設定をもとの設定に必ず戻しておきましょう。


f:id:rick1208:20200127194314p:plain