漫画の地球儀

ipoint.exeを停止してもOK?【停止方法、windows、メモリ、バックグラウンド】

f:id:rick1208:20200126082438p:plain

Windowsのパソコンでは、バックグラウンドでいろいろななプロセスが動いています。


今回説明するipoint.exeもバックグラウンドで動くプロセスの一つです。

今回は、ipoint.exeについて・停止していいのか、そして停止方法について書いていきます。

ipoint.exeとは?

windowsのパソコンは、バックグラウンドでいろいろななプロセスが動いています。



そういったプロセスは必要なものといらないものが混合していて、いらないプロセスもメモリを使っていたり、動作することでCPUやディスク使用率が上昇して、パソコンが重くなることがあります。

ここでは、プロセス「ipoint.exe」について書いて行こうと思います。

ipoint.exeは、Microsoft IntelliPointソフトウェアのプロセスで、Microsoft USB ポインティングバイスでボタンやホイールに機能を割り当てるといったことができます。

簡単に解説すると、USBマウスのクリックボタンやホイールボタンの挙動をコントロールできるプロセスです。


ipoint.exeは停止して問題ない?


ipoint.exeは、上で書いたとおり、USBマウスのクリックボタンやホイールボタンをコントロールしています。

なので、マウスボタンをカスタマイズしているときは停止するのはやめておいたほうがいいです。


反対に、マウスボタンを全くカスタマイズしていないのであれば停止しても大丈夫です。


また、利用しているマウスに専用のソフトウェアが付属しているときはipoint.exeが競合してしまうので邪魔になります。この場合はとめておきましょう。


ipoint.exeの停止方法

ipoint.exeのプロセスをとめるには、タスクバーの何もないところで右クリックして、メニューからタスクマネージャーを立ち上げましょう。

f:id:rick1208:20200127005933p:plain
タスクマネージャーが立ち上がったら、プロセス一覧にある「ipoint.exe」を右クリックして「タスクの終了」を押してして停止させましょう。


f:id:rick1208:20200127010007p:plain
次に「スタートアップ」タブを押してスタートアップ項目を出して、「Microsoft IntelliPoint」を押して選んだら、「無効にする」ボタンを押しましょう。

これで、Windowsの起動時にMicrosoft IntelliPointが立ち上がらなくなるのでipoint.exeが完全にとまります。

f:id:rick1208:20200127010029p:plain