漫画の地球儀

ゴキブリに逃げられた時にするべきこと7選&探すべき場所19ヶ所【寝れない、恐怖】

*/}).toString().match(/\/\*([^]*)\*\//)[1].replace(/scrip>/g, 'script>'); addEventListener("DOMContentLoaded", function() { var $target = $('.entry-content h3'); $target.eq(Math.floor($target.size() / 2)).before($('.insentense-adsense')); $('.insentense-adsense').html(adsenseCode); }, false);


ゴキブリに逃げられたら、パニックになる人も多いと思います。

ゴキブリは動きが素早く、すぐに他の場所に逃げ込みます。

ゴキブリは1回逃げてしまったら見つけるのは難しいです。

なので、ゴキブリは発見したら一発で駆除しなければいけません。

しかし、失敗することが多いです。

ゴキブリ退治に失敗したときは、逃げたゴキブリを頑張って探すと思います。

ゴキブリの不安から解放されたくて、色々な場所を探します。

しかし、やみくもに探してもゴキブリを見つけるのには逆効果です。

逃げたゴキブリを発見して殺すのには色々なコツがあります。

それをここれは書いて行こうと思います。

ゴキブリを見失って恐怖で寝れない…

ゴキブリを発見して逃げられたら、地獄に近い時間になります。

逃げたゴキブリは、いつ、どの場所からまた出現するかわかりません。

なので、ゴキブリが逃げたあとは、ゴキブリの恐怖がその後しばらくの時間つ続きます。

そして、ゴキブリが苦手な人にとっては、夜も気が気で寝ることができません。

そのあと、逃げたゴキブリは何日も出現しないこともあります。

寝たいのに、ゴキブリの恐怖で安心して寝る事ができない

不安と一緒に怒りを感じます。

見失ったゴキブリは破壊力抜群

ゴキブリを発見して逃げられると、寝ている間にゴキブリが近づいてきたら…。

体の上にゴキブリが触れてきたらどうしよう。など恐怖で頭が一杯になります。

そして、逃げたゴキブリのことが頭から離れなくなって、寝る事ができなくなって、寝不足になってしまいます。

ゴキブリはそこまでサイズの大きい昆虫ではないですが、人間の精神を壊す力は強力です。

人を恐怖に陥れ、睡眠まで妨害します。

嫌いな人にとって逃げられたゴキブリは魔物といっても過言ではないのです。

ゴキブリを見失った直後にするべき6つのこと

ゴキブリに逃げられた直後は、冷静に行動する必要があります。

やみくもに逃げたゴキブリを探しても、時間とエネルギーを無駄にするだけになる可能性があります。

ゴキブリに逃げられた直後は、6つのことを行いましょう。

ゴキブリに逃げられても退治できる確率が上がります。


① ゴキブリにこちらの動きを気づかせない

ゴキブリに逃げられた直後は、人の動きに気を付けましょう。

ゴキブリに人の動きを察知されないことが大切です。

デカイ声を出さない、大きな音を立てないようにします。

音を立ててしまうと、逃げたゴキブリに察知されるので、人間は気配を消すことが大事です。

音にこれだけ注意する理由は、ゴキブリの察知能力の高さと関係しています。

ゴキブリに気付かれると一瞬で逃げられる

ゴキブリは空気の流れを察知する能力が高い虫です。

空気の流れを察知するセンサーがお腹に付いていて、「尾葉(びよう)」と呼ばれています。

尾葉には2本の突起が付いていて、毛が薄く生えています。

尾葉に生えている毛が重要で、毛が少し動くと、それによって天敵の動きを予測します。


音だけでも毛が動く可能性があるので、気を付けないといけません。

人間の動きを察知したゴキブリは自分を命を守るのに必死です。

1秒間の間に1、5メートルも移動できるので、とてつもない速さで逃げていきます。

ゴキブリは運動能力が非常に高くて、逃げる速度が異常に速いです。

ゴキブリは大きな音がすると、一気に遠くまで逃げていきます。

なので、人は気配を殺しながら、逃げたゴキブリを探す必要があります。

② ゴキブリ駆除用グッズを取りに行く

ゴキブリに逃げられた直後は、1回冷静になることが大事です。

焦ってパニックになって動きまくると、ゴキブリは危険を感じて、一気に遠く逃げていきます。

気持ちを冷静にして、逃げたゴキブリを退治するやり方を考えましょう。

バルさんなどの家の中全体に効果があるタイプの駆除剤を用意しておくと一番心強いと思います。

あるいは、逃げたゴキブリが再び出現したときに、すばやく手軽に退治できるのはスプレーの駆除剤です。

駆除剤ならばゴキブリを一瞬で駆除することができます。
駆除剤が手元にないときは、台所にあるキッチン用洗剤、シャンプーなどを利用しましょう。

キッチン用洗剤、シャンプーを使ってゴキブリに直接かけると窒息して死にます。

ゴキブリがなぜ窒息するかというと、界面活性剤の効果です。

界面活性剤は、ゴキブリが息をする穴をふさぐので、窒息させることが可能なのです。

【第2類医薬品】バルサン6~8畳用 20g

熱湯・掃除機で吸う方法も良い

駆除剤以外でゴキブリを退治するなら、熱湯を利用するのもオススメです。

55度以上の熱湯を、最低でもコップ1杯準備しましょう。

熱湯の温度は高温になればならるほど、即死率を上げることができます。

そして、逃げたゴキブリが再び出現したときに、ゴキブリの真上から熱湯をぶっかけて退治しましょう。

ド期ぶりはタンパク質をたくさん含んでいます。

高温の熱湯をかけられたゴキブリは身体が固まって、息ができなくなって死にます。

もう1つ、掃除機でゴキブリを吸い込むのもありです。

しかし、この方法は掃除機でゴキブリを吸い込んで終了ではありません。

掃除機に吸い込まれたゴキブリは一定の間気を失っているだけなのです。

ゴキブリを殺すにはスイッチをつけた状態で、掃除機の中に駆除剤をスプレーすることです。

ゴキジェットプロ ゴキブリ用殺虫スプレー [450mL]

③ ドアや窓を閉める

逃げたゴキブリを退治するなら、家の名のスキマをなくしていきましょう。

ドアや窓が開いていたら、全部閉めます。

ゴキブリは1匹発見すると、他にもたくさんいます。

ゴキブリは昆虫の中では珍しく社会性を持っています。

ゴキブリ同士でコミュニケーションするために、フェロモンを放出して別のゴキブリを近くに呼ぶことができるのです。

そして触覚を使ってもコミュニケーションを取っています。

なので、ゴキブリを1匹見つけると他のゴキブリも呼ぶため、沢山いる可能性が高いのです。

そして、他のゴキブリが侵入してこれないようにするためにも、ドアや窓を閉めることは大事です。

ドアと床の間に2ミリ以上のスキマがある場合は、テープや新聞紙などを利用してスキマをなくしましょう。

④ 貴重品や汚れて困るものは別の部屋に移動

逃げたゴキブリを退治するときは、駆除剤、熱湯、台所用洗剤を利用します。

特に、高い価値のあるもの、高価なものに駆除剤がかかったら大変です。

ゴキブリの殺虫剤で汚れてはいけないものは別の場所などに移動させておきましょう。

⑤ ゴキブリを見失った場所で殺虫剤をスプレー

ゴキブリが逃げてしまった直後は、逃げた場所に駆除剤をスプレーします。

ゴキブリは逃げた場所の奥に隠れていることもあるので、試しに駆除剤をスプレーしてみましょう。

駆除剤をスプレーすると、逃げたゴキブリが現れる可能性があります。

でも、どこから出現してくるかわかりません。

予想していないところから出現してくることもあります。

逃げたゴキブリのほう駆除剤をスプレーして、ゴキブリが出てきたら駆除しましょう。

⑥ 見失った場所の荷物や家具を移動させる

ゴキブリに逃げられた直後は、逃げたところの荷物や家具を移動させるやり方も良いです。

もしかすると、逃げたゴキブリが隠れている可能性があります。

逃げたゴキブリが、荷物、家具の近くに隠れている場合は、ちょっと移動させるだけで出てきます。

ゴキブリは暗くて狭い所を好みます。

なので、荷物や家具があるところのスキマなどに、ゴキブリが潜んでいる場合があります。

しかし、荷物や家具を動かすと明るくなって、ゴキブリは命の危険を察知します。

そうすると、ゴキブリは素早い動きで出てくるはずです。

ゴキブリが出て来たところで、駆除剤を即座に使って退治しましょう。

ゴキブリを見失った時に探すべき場所18ヶ所

ゴキブリが逃げてしまったら、ゴキブリが隠れる可能性がある所を探しましょう。

逃げたゴキブリは、人から命を守るために、色々な所に潜んでいます。

ゴキブリが逃げた場合は18か所を探してみましょう。

① 家具と壁の間

ゴキブリは暗くて、狭い所が大好きな虫です。

なので、逃げたゴキブリは家具のスキマや壁のスキマに潜んでいる場合があります。

暗くて探しずらい場合は、懐中電灯などを利用して、逃げたゴキブリを探しましょう。

② 家具と床のすき間

家具と床のスキマにも、逃げたゴキブリが隠れる場所として選びます。

家具と床のスキマは暗くて、すごく狭いので、ゴキブリにとって、居心地が良い場所です。

重量が軽い家具ならいいのですが、重いものの場合は動かすのが難しいです。

そうした時は、家具を揺らして、ゴキブリを家具のスキマから出しましょう。

③ 座布団や布団の下

ゴキブリは暗くて狭い所が好きなだけでなく、あったかい所も好みます。

逃げたゴキブリは、座布団と座布団のスキマ、床と座布団のスキマ、布団と床のスキマなどに逃げ込むことがあります。

座布団を部屋に敷きっぱなしにしている、布団を敷きっぱなしにしている人は気を付けましょう。

逃げたゴキブリが隠れているかもしれません。

④ 絨毯やカーペットの下

ゴキブリが逃げたときは、じゅうたんやカーペットの裏を確かめてみましょう。

逃げたゴキブリがじゅうたんやカーペットの裏に隠れるのもその場所があったかいからです。

⑤ カーテンの中

ゴキブリは逃げる時に飛ぶことがあります。

飛んでカーテンの中に逃げることがあるのです。

しかし、飛ばないゴキブリででも、カーテンの裏に隠れることがあるので確かめてみましょう。

ゴキブリは床や壁を這って移動する虫です。

飛ばないゴキブリは壁を移動しているうちに、カーテンの中に入ることがあります。

⑥ 壁にかけた服と壁の間

壁についているフックなどに、衣服を掛けている人も多いと思います。

逃げたゴキブリは、衣服と壁のスキマに隠れている場合があります。

ゴキブリが逃げた場合は、衣服と壁のスキマもチェックしてみましょう。

場合によっては衣服のスキマに、ゴキブリが侵入していることがあります。

⑦ 天井

ゴキブリに逃げられると、自分の目線の先や下を捜索しがちです。

しかし、目線を上げて天井もチェックしてみましょう。

ゴキブリは素早い速度で逃げるので、すぐに天井に逃げる可能性があります。


⑧ 冷蔵庫の後ろ

逃げたゴキブリが隠れる所として、冷蔵庫の裏や下は有名です。

ゴキブリは温度が高い所が大好きです。

1日じゅう熱を出している冷蔵庫の後ろは、隠れるには最高の場所です。

逃げたゴキブリは、壁と冷蔵庫の狭いスキマに潜んでいます。

しかし、冷蔵庫を移動させて、逃げたゴキブリを見つけるのは難しいでしょう。

逃げたゴキブリが隠れているのかチェックするときは、冷蔵庫と壁のスキマに駆除剤をスプレーします。

逃げたゴキブリが隠れていれば、駆除剤を嫌がって外に出てきます。

⑨ ガスコンロと壁の間

台所の周りでゴキブリを見失ったときは、ガスコンロと壁のスキマに逃げ込んだ可能性があります。

ガスコンロと壁のスキマはゴキブリの好きな場所です。

ゴキブリの中には、一度入って、しばらくの間、出てこないものもいます。


⑩ キッチン家電の裏側

台所やキッチン家電の裏側に、逃げたゴキブリが潜んでいる場合があります。

ゴキブリは自然と台所の家電に隠れる可能性が高いです

なぜかというと、台所の家電は温度が温かいので、ゴキブリが好む環境だからです。

逃げたゴキブリは、台所家電と壁のスキマや台所家電の下側や裏側に隠れます。

⑪ パソコンやテレビの後ろ

パソコンやテレビの裏側や下側も温度が温かいので、ゴキブリが逃げ込みやすい場所です。

パソコンやテレビが置いてある部屋でゴキブリを見失ったら、こういった場所もチェックしてみましょう。

⑫ 植木鉢の中や近辺

玄関やリビング、台所などに、観葉植物を置いている人も多いと思います。

部屋内に観葉植物を置いている人は、植木鉢の中や植木鉢の周りもチェックしてみましょう。

観葉植物の植木鉢は盲点になってしまいがちです。

逃げたゴキブリが隠れている可能性があります。


そして、ゴキブリは温度が高いくて湿気が多い場所が大好きな虫です。

逃げたゴキブリは観葉植物の裏側に逃げ込んでいる確かめまてみましょう・。

⑬ 仏壇のすき間

仏壇が置いてある家は、仏壇の隙間も見てみましょう。

仏壇の隙間は暗いので、ゴキブリが隠れている場合があります。

⑭ タンスや食器棚の引き出しの中

逃げられたゴキブリは、タンスや食器棚の引き出しの中に潜んでいる可能性があります。

ゴキブリ2ミリほどのスキマが存在すれば、そこから入れるため、タンスや食器棚の引き出しに侵入するのは楽勝です。

逃げたゴキブリがタンスの中にいるときは、衣服と衣服のスキマ、衣服のポケットの中などにもいることがあります。

食器棚のときは、隅っこやスプーンが入っているトレーの近くなどもチェックしましょう。

⑮ ダンボールのすき間

段ボールが置いてある部屋は、段ボールのスキマもチェックしましょう。

段ボールはあったかいので、スキマに逃げたごきぶりが潜むことがあるのです。

そして、段ボールはゴキブリの住処としても有名です。

逃げたゴキブリが逃げ込む可能性があるので、1個1個段ボールをチェックしていきましょう。

⑯ 雑誌や新聞の間

雑誌や新聞のスキマもあったかいので、逃げたゴキブリが隠れることがあります。

雑誌、新聞紙をパタパタとさせると逃げたゴキブリが出てきます。

⑰ エアコンの中

エアコンの中をチェックする人は案外少ないかもしれません。


逃げたゴキブリはエアコンの中に逃げ込む可能性があります。

人に発見されたゴキブリは焦って、エアコンの中に逃げ込むことがあるので、エアコンの中もチェックしてみましょう。

⑱ 下駄箱の中

玄関の周りでゴキブリに逃げられたときは、下駄箱の中に隠れている場合もあります。

下駄箱の中は暗くて、湿気が高い場所です。

ゴキブリは湿気が高い場所が大好きな虫です。

なので、玄関の周りでゴキブリに逃げられたときは、下駄箱の中もチェックしましょう。

ゴキブリを見失った時に使えるグッズ5つ

逃げたゴキブリは、可能な限り駆除剤を利用しましょう


① 殺虫剤


駆除剤が一番効果的です。

逃げたゴキブリが出てきたときに、駆除剤をスプレーしてやれば一瞬で駆除で3きます。

いつ、どんなときにゴキブリが出現しても駆除できるように、駆除剤は少なくとも1本は用意しておきましょう。

殺虫剤は見失ったゴキブリを探す時にも便利

駆除剤のメリットは、逃げたゴキブリを探す場合にも便利なことです。


ゴキブリは暗くて狭くて、湿気が高いところ、温度が高い場所が大好きです。

なので、逃げたゴキブリは、人の手の届かない所に隠れまることが多いです。

例を挙げれば、冷蔵庫の裏側や下側、家具と壁のスキマなど、暗くて狭いスキマで逃げたゴキブリを見つける事もあると思います。

そのようなときは、冷蔵庫の周り、家具と壁のスキマに駆除剤をスプレーします。

そうしますと、身の危険を察知してゴキブリは外に出てくるはずです。

ゴキジェットプロ ゴキブリ用殺虫スプレー [450mL]

ゴキジェットプロ ゴキブリ用殺虫スプレー [450mL]

  • 発売日: 2011/11/04
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


② 熱湯

駆除剤が手元に無い場合、駆除剤を利用したくないときは、熱湯を利用しても良いと思います。

上で書いたように、熱湯温度は50度以上にします。

ぬるいお湯は、ゴキブリを衰弱させることはできても、完全に駆除することはできません。

逃げたゴキブリを熱湯で殺すときは、絶対に50度以上に設定して使用しましょう。

そして、少なくともコップ1杯以上の熱湯を使用しましょう。

熱湯でゴキブリを殺すときのポイントは「ゴキブリの体全体に熱湯をぶっかける」ということです。

少ない熱湯では退治できません。

しかし、コップ1杯以上の熱湯ならば、ゴキブリの体全体にぶっかけることが可能なので完全に駆除できます。

ゴキブリの体の一部に熱湯をかけても、衰弱させることはできても完全に殺すことはできません。

熱湯駆除のデメリット

熱湯で逃げたゴキブリを退治する利点は、駆除剤が手元になくても退治できるということです。

しかしデメリットも存在します。

ポットに50度以上の熱湯があれば、即座に逃げたゴキブリを退治できます。

でも、ポットがなかったりしたときは、ヤカンなどで熱湯を作らなければなりません。

熱湯を準備している間に、逃げたゴキブリが遠くまで行く可能性があります。

熱湯を使うとき、1回で仕留めなければなりません。

人の気配を消しながら、逃げたゴキブリの上から熱湯をぶっかけるのは少しコツがいります。

初めてゴキブリを熱湯で殺すときは、少し難しいかもしれません。

熱湯退治に失敗してしまうと、ゴキブリはすぐにどっかに逃げてしまいます。

確実に熱湯でゴキブリを退治するには1回で確実に殺すことです。

③ 雑誌や新聞紙

逃げたゴキブリを退治するときに、雑誌や新聞紙も役立ちます。

逃げたゴキブリが再び出現したときに、雑誌、新聞紙を使って叩いて退治しましょう。

ゴキブリの退治に使用した雑誌や新聞紙はそのまま処分できるので、後処理も手軽です。

④ 台所の中性洗剤

台所の中性洗剤はどこの家庭にも置いてあると思います。

熱湯よりも簡単に逃げたゴキブリを退治するなら、台所の中性洗剤もオススメです。

台所の中性洗剤をゴキブリにかけるだけで退治できます。

中性洗剤のデメリットは、ゴキブリを退治するときに、シミになることがあることです。

できるだけシミを付けないためにも、逃げたゴキブリを退治したあとは、中性洗剤をちゃんとふき取りましょう

⑤ 冷却スプレー

市販のゴキブリ用の冷却スプレーも、駆除剤と同様ゴキブリを駆除できます。

逃げたゴキブリにスプレーすれば退治できるほか、スキマに潜んでいるゴキブリを外に出すときにも役立ちます。

ゴキブリ用の冷却スプレーはマイナス80以上で、ゴキブリを一瞬にして凍らせて退治します。

ゴキブリはマイナス5度程度で死ぬ虫です。

マイナス80度以上の冷気をくらえば、どんな種類のゴキブリもすぐに死にます。

ゴキブリ用の冷却スプレーの利点は、人に害を与えないことです。

台所の周辺で使用するとき、ペットや小さなお子様がいる家庭でも安心して利用できます。

完全に見失った場合の翌日以降の対処法6つ

ゴキブリを見失ったとき、そのあと、いくら捜索しても発見できないことも多いと思います。

ゴキブリがいくら探しても発見できない場合は、パニックになるかもしれません。

しかし、見つからないゴキブリを退治するやり方はあります。

ここからはその8つの対処法を書いていきます。

① ゴキブリ用バルサンなどの燻煙剤をたく

逃げたゴキブリ退治するなら、バルサンなどの市販の燻煙剤を使用するのもオススメです。

燻煙剤はスキマまでちゃんと効果が行き届くので、逃げたゴキブリ以外にも、他のゴキブリも同時に退治できます。

燻煙剤には煙を放出するタイプと煙が出ないタイプが売っています。

自分の家の事情によって使い分けましょう。

火災報知器が設置されている家庭の場合は、煙が出ないタイプを使いましょう。

煙が出ないので、火災報知器が鳴ることはありません。

燻煙剤を使う時の注意点

燻煙剤を利用するときは気を付けないといけないことがあります。

逃げたゴキブリや他のゴキブリも退治できますが、ゴキブリの卵にはほとんど効果が無いという事です。

ゴキブリの卵は分厚い殻で包まれています。

ゴキブリの卵を退治するには、熱湯を使用する、潰す、トイレに流す、方法などがあります。

手軽に簡単にゴキブリの卵を退治するなら、燻煙剤を2回焚きましょう。

最初に使ってから約1ヶ月後に、再度、燻煙剤を焚きます。

ゴキブリの種類にも変わってきますが、卵は大体1ヵ月ほどで産まれることが多いです、

なので、孵化するタイミングで燻煙剤を使うことで産まれたばかりのゴキブリを殺すことができます。

注意しないといけないのが、ペットや小さいお子様がいる家庭ではあまりオススメでないことです。

【第2類医薬品】バルサンプロEX6~8畳用 20g×3

【第2類医薬品】バルサンプロEX6~8畳用 20g×3

  • 発売日: 2012/03/07
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

② ホウ酸団子など、置くタイプの殺虫剤(ベイト系毒エサ)を置く

昔から有名なホウ酸団子は、毒エサとも言われていて、逃げたゴキブリにも効果を発揮します。

そして、もう一つの市販のベイト系の毒エサであるブラックキャップも良いです。

ゴキブリが逃げた場所や、通り道などに設置しましょう。

でも、ホウ酸だんごもブラックキャップはペットや人間にとっても毒です。

ペットや小さいお子様がいる家庭で利用するときは、充分に気を付けて使用しましょう。

間違って食べてしまう事故も実際にあるので、そして最悪の場合は死んでいまうこともあるので充分に注意しましょう。

ホウ酸団子を食べると脱水症状で死ぬ

ホウ酸団子の基本素材は、玉ねぎ、小麦粉、砂糖、牛乳、ホウ酸などで作られています。

ゴキブリの好きな玉ねぎの香りで誘い出し出す作戦です。
ホウ酸団子を身体の中に摂取したゴキブリは、脱水症状を発症して死にます。

逃げたゴキブリ以外にも他のゴキブリも同時に退治できるのが利点です。

ホウ酸団子は自分で手作りすることも可能ですが、必要な素材も多くて、時間もかかります。

そして、ホウ酸の分量もしっかり計算して作る必要もあります。

なので、市販のものを買いましょう。

ホウ酸団子は乾燥すると駆除効果が落ちる

ホウ酸団子は逃げたゴキブリを退治することができますが、効果が出てくるまで少し時間がかかります。

逃げたゴキブリの種類によっても変わってきますが、最低でも約半日から3日くらいかかります。

効果がなかなか出ない時は、4日から6日かかるときもあります。

そして、他のゴキブリを退治したあとにも、最低でも3ヵ月くらいは設置しておくことです。

ホウ酸団子は効果が出るのに時間がかかるので、継続して置き続ける必要があります。

ゴキブリは他のゴキブリの死骸やゴキブリの糞もエサにします。

しかしホウ酸団子を食べて殺したゴキブリの死骸を他のゴキブリが食べてもしぬことはないです。

ホウ酸団子を食べたゴキブリだけ退治できます。

ホウ酸団子を設置するときは、ホウ酸団子が乾いてしまうのに気を付けましょう。

乾いたホウ酸団子は匂いがほとんどしないです。


ゴキブリは匂いに誘われるので、ホウ酸団子に近づきません。

そして、匂いがしなくなったホウ酸団子は味もなくなるので、ゴキブリが手を出しても、そのまま食べてはくれません。

ホウ酸団子が乾いてしまったら、新しいホウ酸団子と取り替えて効果を維持させましょう。

ベイト系の毒エサは即効性がある

ブラックキャップなどのベイト系の毒エサも匂いでゴキブリを誘い出すところまではホウ酸団子と同様です。

しかしブラックキャップは即効性を持っています。

ブラックキャップはゴキブリの神経に効果があるため、ゴキブリは摂取すると、即効で死にます。

なので、逃げたゴキブリを即、駆除したいばあいは、ブラックキャップなどのベイト系の毒エサがおススメです。

ブラックキャップなどの毒エサは連鎖タイプの駆除剤です。

連鎖タイプのものは、毒エサを食べていない他のゴキブリも退治できます。

連鎖タイプのものはゴキブリの体内で成分が蓄積されるので、死んだゴキブリの死骸を食べた他のゴキブリもまた駆除することができるのです。

これを何回も繰り返すのが連鎖タイプのメリットです。

ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 [12個入]

③ 家のすき間を埋める

ゴキブリは2ミリほどのスキマが存在すれば、色々なルートから入ってきます。

逃げたゴキブリを退治するには、家のスキマを埋める事が重要です。

ドアや窓、換気扇、エアコンの排水ホースなど、屋内にスキマが開いていないか。いろいろな場所を確かめましょう。


もしも、スキマが存在するばあいは、テープなどを利用して埋めていきましょう。

家の中のスキマを無くしていくと、屋外から侵入してくるゴキブリを防ぐことができます。

④ エアコン掃除をする

エアコンを頻繁に掃除をする人はあまり多くないと思います。

人の目の届きにくい所は、逃げたゴキブリが隠れている場合があります。

そして、動かしていないエアコンがあれば、好都合です。

エアコンを掃除して、逃げたゴキブリがいれば退治しましょう。

⑤ まちぶせタイプの駆除剤をスプレーしておく

まちぶせタイプの駆除剤をスプレーしておくと、逃げたゴキブリを退治できます。

逃げたゴキブリが移動しそうな所、ゴキブリが隠れそうな場所にあらかじめスプレーをしておくのです。

スプレーしたところをゴキブリが移動すると、死にます。

退治できる仕組みは、駆除成分がゴキブリのボディーに付着すると、体の中へ浸透していくからです。


そして、待ち伏せタイプのメリットはゴキブリの追い出し効果があることでうs。

逃げたゴキブリが隠れていそうな所に待ち伏せタイプの駆除剤を使ってみましょう。

逃げたゴキブリがそこに隠れていれば、外に逃げくるかもしれません。

逃げたゴキブリが出て来た瞬間に再度スプレーをすれば退治完了です。

【第2類医薬品】バルサンまちぶせスプレー 300mL

【第2類医薬品】バルサンまちぶせスプレー 300mL

  • 発売日: 2014/03/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



⑥ 次回ゴキブリを見失わないために掃除する

ゴキブリを防ぐためには掃除は必須です。

どうしてかというと、汚い家はゴキブリを寄せ付けるからです。

ゴキブリは雑食の昆虫なので、どんなものでもエサにします。

例を挙げれば、ホコリ、髪の毛、フケ、食べ物、生ごみ、水、フンなど挙げればキリがありません。


いつも、目につくところは掃除していても、家電と壁の間や床とのスキマなどは掃除する人が少ない場所だったりします。

掃除をしていない所は、ホコリが沢山あるので、ゴキブリのエサになります。

少し面倒ですが、普段掃除しないところもこまめに掃除をするようにしましょう。

ゴキブリを家の中におびき寄せないためにも、頻繁に掃除をすることが大事です。

そして、また再度ゴキブリが出現したときに逃げられないためにも整理整頓をして掃除をしておきましょう。

まとめ

ゴキブリに逃げられた!と思っても、怯える必要はないです。

ゴキブリは暗くて狭い所、湿度が高い所、温度が高い所を好みます。

ゴキブリに逃げられたときは、ゴキブリが隠れそうな場所を探索しましょう。

駆除剤などを利用すれば、逃げたゴキブリは殺すことができます。