漫画の地球儀

ムカデに刺された時の対処法【応急処置、解毒方法、防止方法、症状】

*/}).toString().match(/\/\*([^]*)\*\//)[1].replace(/scrip>/g, 'script>'); addEventListener("DOMContentLoaded", function() { var $target = $('.entry-content h3'); $target.eq(Math.floor($target.size() / 2)).before($('.insentense-adsense')); $('.insentense-adsense').html(adsenseCode); }, false);


春の終わりごろから秋にかけて、ムカデが繁殖しやすくなります。

ムカデは基本的に冬の季節は地中の中にいますが、部屋の中などの「気温が15度以上の場所」があると、冬でも地上に出てくる場合もあります。

ムカデは母親と子供で一緒に移動することがあって、1匹発見すると複数匹いると言われているので1匹駆除しただけでは安心できません。

ムカデはゴキブリをエサにしている益虫である一方で、毒を所持していて、刺される危険性があります。

今回はムカデに刺されたときはどのような対処をすればいいのか。ムカデに刺されたらどんな市販薬を使えばいいいのかを書いて行こうと思います。

ムカデに噛まれたらどうなる?

ムカデの害は「刺す」のではなくて、「噛む」ことです。

噛まれると針が刺さった感じの痛みや、火傷を負って少し時間が経ったときのような痛みがします。

そのあと、どんどん噛まれた部位が赤くなって腫れあがっていきます。

ムカデに噛まれた痛さは、成人していても我慢することができないような激痛です。

小さいお子様やご老人などの、体が小さい人、体調があまり優れない人などが噛まれてしまうと症状はもっと酷くなります。

最悪な場合だとアナフィラキシーショックを引き起こして、アレルギー反応が体の全体に起きる可能性もあります。

ムカデの毒は人の血液やタンパク質を壊す害があります。
そうすると、意識障害や呼吸困難を引き起こすこともありえるため、とても危ないです。

アナフィラキシーショックとは?

アナフィラキシーショックは少しの時間でアレルギー反応を起こします。

反応は、体の全体の皮膚や粘膜、呼吸器、循環器など、色々な場所に同時に起きて、その結果「血圧が一気に降下したり」「意識がなくなる」といった危ない状態を引き起こします。

アナフィラキシーショックの【症状】

症状はアナフィラキシーの原因(例を挙げるとムカデに噛まれたなど)から数分~数時間の間で起きます。

症状は「体全体の皮膚にじんましんが起きる」「いろいろな部分がかゆくなったり赤くなる」「口、舌、くちびる、まぶた等が赤く腫れる」などです。

こういった症状が出てきたら、アナフィラキシーが起きている可能性があります。

そして、それ以外にも疑った方がいい症状として「息切れが起きる」「いきなり咳が止まらなくなる」「呼吸をする時にふえのようなヒューヒューという音がする」「いきなりお腹が痛くなったり、吐き気がしたりする」「急激に血圧が下がる」「ふらついて、立っていられなくなる」「倒れる」「無意識におしっこを漏らしてしまった」などの症状がアナフィラキシーを疑ったほうが良いでsう。

アナフィラキシーショックが【出るまでの時間】

アナフィラキシーの症状が発現するまでの時間は「薬物などによる反応」が一番早くて、「ムカデなどの昆虫の毒」によって起きるものがその次に早いです。

一番遅く現れるⓙが「食べ物を消化して吸収した反応」によって起きるものです。

人の体の大きさなどの個人差があるので、一概には言えませんが、英国率統計局の調べによると、それらの平均時間は「薬物で約5分」「スズメバチで約15分」「食べ物の消化吸収で約35分」です。

アナフィラキシーの【治療方法】

皮膚や粘膜に症状が出る場合は、抗ヒスタミン薬で治すことができます。

症状がひどい時は、傾向副腎皮膚ホルモンステロイド剤を利用することもあります。

ムカデに噛まれて、体調が悪いなと感じるときは、自分勝手に判断したりせずに、すぐに病院に行って医者に診てもらった方が良いです。

ムカデに噛まれた時の応急処置

ムカデに噛まれた場合は、噛まれた部分をすぐに温めることが重要です。

シャワーや水道から42度以上のお湯を流して噛まれた部分を15分以上当てて温めましょう。

温めてる間にアルカリ性の石鹸で毒を洗うと、より効果が高まります。

やってはダメなこと

42度以下の水や、ぬるま湯でやると逆効果なので注意しましょう。

おススメではない方法

洋画などで「口で毒を吸い取って、吐き出す」という方法をやっていることがありますが、知識を持っていないでこれをマネするのは少し危険です。

吸った本人に毒が侵入しないように、すぐに水やアルコールをふくんで吐き出すなど、知識とコツがいります。

「他に治療する方法が無くて、それに加えて、小さい子供やご高齢の方や体調が優れない方が噛まれた時などの最終手段」だと考えましょう。


腫れや痛みに対する処置

ムカデに噛まれて赤く腫れあがり症状が悪い場合や、痛みがひどい場合は、冷水や保冷剤などで冷やすのがおススメです。

そしてステロイド外用剤を患部に塗りましょう。

激痛がする場合は病院で局所麻酔剤や鎮痛剤の利用、ステロイド剤内服、抗生物質内服といった治療を受けましょう。
【指定第2類医薬品】エンクロン 軟膏EX 12g ※セルフメディケーション税制対象商品

ムカデに噛まれた時に効く薬は?

「ムヒ」「オイラックス」などの市販の抗ヒスタミン剤ステロイド剤が含まれている薬はムカデに噛まれたときによく効きます。

ムカデが生息している場所に出掛けるときは準備しておくと良いです。

ムヒS

【第3類医薬品】ムヒS 18g

【第3類医薬品】ムヒS 18g

  • 発売日: 1981/01/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

皆さんご存知の有名な薬品です。

赤と白のチューブに入ったクリーム状の薬剤です。

昔からよく利用されている「ムヒS」は虫に噛まれたり、刺されたりした時以外にも、アセモやジンマシンなどにも効果があるロングセラー商品です。

かゆみの原因のヒスタミンと呼ばれる物質を抑える「ジフェンヒドラミン」という成分が含まれているので、ムカデに噛まれたときに効果があります。

100グラムあたり「ジフェンヒドラミン」が1グラム含まれています。

液体ムヒS2a

【指定第2類医薬品】液体ムヒS2a 50mL

【指定第2類医薬品】液体ムヒS2a 50mL

  • 発売日: 2008/04/03
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

嵐の相葉くんのCMで有名な液体ムヒS2aは、基本成分「デキサメタゾン酢酸エステル」が含まれています。

これは炎症を抑制するステロイド成分で、液体ムヒS2aの中には100mLあたり25ml入っています。

この成分は、赤く腫れあがったりするのを抑制してくれる効果があります。

子供でも握りやすい50mlの容器なので、液体が手に付く事もなくてサッと塗ることが可能です。

使い方は1日に数回塗ると良いです。

ムヒアルファSⅡ

【指定第2類医薬品】ムヒアルファSII 15g

【指定第2類医薬品】ムヒアルファSII 15g

  • 発売日: 2015/04/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

チューブに入ったクリーム状のムヒです。

こっちも成分の中に「デキサメタゾン酢酸エステル」が含まれています;。

含まれている量は100グラムあたり25mlなので「液体ムヒS」と同量です。

液体の方がいいのか、クリームの方がいいのかは使いやすさで決めると良いです。

ムヒアルファSⅡは、イエ蚊やヤブ蚊、ダニに噛まれたときに利用するように記載されているので、虫刺され用のムヒとして開発されたムヒと言えるでしょう。

チューブに15グラム入っています。

液体ムヒアルファEX

液体ムヒアルファEXは、基本成分の中に「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が100mlの中に1グラム含まれています。

この成分は、かゆみの元になっているヒスタミンという成分を抑えて働かなくするものです。

かゆくなる原因を抑えてくれるのです。

液体ムヒアルファEXは、ムカデ以外にも、蚊、ダニ、ノミ、クラゲなどに噛まれた場合などに利用できます。

1個に対して35mlも入っていて、価格は液体ムヒS2aと比べて割高になりますが、抗炎症効果が高い「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)」も含まれているので1回は使用してみる価値はあります。

ムヒアルファEX

チューブの容器に入った、クリーム状の薬です。

ムヒアルファEXも液体ムヒアルファEXと同じようにに基本成分の中にかゆみを抑えてくれる「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が100グラムの中に1グラム含まれています。

液体tとクリーム状のどっちを選択しても良いでしょう。

ムヒアルファEXも蚊以外にもダニ、ノミ、ムカデなどに噛まれた場合に利用するように説明に記載されています。

虫以外にも湿疹やアセモ、ジンマシンなどにも効果を発揮します。

「ポケムヒS」

【第3類医薬品】ポケムヒS 15mL

【第3類医薬品】ポケムヒS 15mL

  • 発売日: 2018/04/03
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

小型の入れ物ひ入った液体ムヒです。

これは小さなお子様でも持ち運べるように小型の容器になっています。

「ポケムヒS」の中にも「ジフェンヒドラミン塩酸塩」というヒスタミンに有効な成分が含まれています。

100mlの中に2グラム含まれているので、「ジフェンヒドラミン塩酸塩」の入っている量だけで見ると、「液体ムヒS2a」と同量の有効成分量になります。

外に出掛けたときに、ムカデなどの害虫に刺されたときにサッと塗れます。

ムヒ・ベビーb

【第3類医薬品】ムヒ・ベビーb 15g

【第3類医薬品】ムヒ・ベビーb 15g

  • 発売日: 2017/02/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


小さなチューブの中に15グラム入ったクリーム状のムヒです。

小さなお子様専用に作られた「ムヒ・ベビーb」も「ジフェンヒドラミン」が100mlの中に1グラム含まれています。

「ムヒ・ベビーb」は刺激に弱い小さなお子様の肌用に作られているので、敏感な肌の人にもおススメのムヒです。

液体ムヒベビー

【第3類医薬品】液体ムヒベビー 40mL

【第3類医薬品】液体ムヒベビー 40mL

  • 発売日: 2011/04/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

40mlのボトルの入れ物に入った液体状のムヒです。

100g中2グラムの「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が含まれているので、かゆみの元となるヒスタミンを抑制してくれます。

小さなお子様が苦手なメンソール成分やアルコール成分の刺激がある成分が含まれていないので、子供でも抵抗なく使うことができます。

オイラックスA

【指定第2類医薬品】オイラックスA 30g

【指定第2類医薬品】オイラックスA 30g

  • 発売日: 2005/02/15
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

チューブに入ったクリームタイプの商品です。

ムカデに刺されたときに、効果を発揮する「ヒドロコルチゾン酢酸エステル」と呼ばれるステロイド剤が100グラム中0,25グラム含まれています。

そして、ムヒと同様にムカデに刺されたときに有効な抗ヒスタミン剤である「ジフェンヒドラミン塩酸塩」も100グラム中1グラム含まれています。

それに加えて、ステロイド剤と同様の効果を発揮する「グリチルリチン酸」も含まれています。

「グリチルリチン酸」はステロイドに比べて抗炎症効果は少ないですが、ステロイド剤のような強い副作用はなくて優しい成分です。

オイラックスA」は虫刺され以外にも、湿疹やかぶれなどにもおススメです。

オイラックスPZリペア軟膏

チューブの入れ物に入った軟こうタイプの鎮痒消炎薬です。

「「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」と呼ばれるステロイド剤のジェネリック医薬品が100グラム中0,15グラム含まれています。

そして、ステロイド剤と同様の効果を発揮する「グリチルリチン酸」も100グラム中0,5グラム含まれています。

この二つの成分の効果によって、ムカデに刺された皮膚の炎症を治してくれる軟こうになっています。

オイラックスPZリペアクリーム


チューブの入れ物に入ったクリーム状の鎮痒消炎薬です。
基本成分は「オイラックスPZリペア軟膏」と全く一緒で、100g中の含有量も全く一緒です。

白いクリーム状になったのが「「オイラックスPZリペアクリーム」で、少し黄色っぽい軟膏状のものが「オイラックスPZリペア軟膏」です。

クリームと軟こうの違いは、水分の量です。

クリームは水分が多く入っていて、べたつかないのが特徴です。

軟こうはクリームよりもべたつきますが、汗などに強くて、汗で流されにくいです。

使い心地で決めると良いと思います。

オイラックスソフト

【第3類医薬品】オイラックスソフト 16g

【第3類医薬品】オイラックスソフト 16g

  • 発売日: 2019/03/22
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

チューブの入れ物に入ったクリームタイプの薬です。

「ムヒアルファEX」や「液体ムヒアルファEX」と同様に、かゆみの原因「ヒスタミン」を抑制してくれる「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が100グラム中1グラム含まれています。

そして、「オイラックスソフト」はステロイド剤ではないですが、ステロイド剤と同様の効果がある「グリチルルチン酸」も含まれているので、ムカデに刺されたときに効果を発揮します。

塗ったあとに、ちょっとだけほてるような熱を感じますが、熱を発生してムカデの毒が広がるのを抑制しているためです。


ムカデに噛まれた時してはいけないこと

【冷やしてはいけない】

熱いお湯を当て続けるのは解毒効果がありますが、反対に冷やしてしまうと、毒が身体の中に広がってしまうので絶対にダメです。

【当てるお湯を43度以下に下げてはいけない】

熱いお湯を当てていても時間が経つとぬるくなっていきます。

こういったときも、逆に毒が身体に広がりやすくなってしまう危険があるので、気を付けましょう。

ムカデに噛まれた時は必ず病院へ

ムカデに刺されると上でも書いたようにアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があります。

症状が出たのが身体の一部分だけでも毒が全身に広がっている可能性があります。

ムカデに刺されたときは、その日の間に、可能な限り早めに皮膚科の病院で診てもらいましょう。

虫に刺された時の症状や植物にかぶれたりした場合の症状は、内科よりも皮膚科で診てもらうほうが良いです。

ムカデの種類と生態


日本国内にいるムカデで刺す種類は下の4種類です。

タイワンオオムカデ:全長20から25センチと大きくて頭が赤い色をしています。

トビズムカデ:全長10から15センチ

アオズムカデ:全長8センチほど 黒っぽい緑色をしている

アカズムカデ:全長5センチから6センチ 頭と足が赤い色

個体差もありますが、ムカデは大体3年くらいで成虫になって、寿命はだいたい6年ほどになります。

まとめ

ムカデに刺されたときの応急処置に利用できる市販の薬で有名なのは、ムヒやオイラックスで、それぞれ、様々な種類のものがあります。

1回ムカデが出没した家では、念のために利用しやすい薬品を所持しておくと良いです。

いつどこでムカデが出てきて刺されるかわからないので、家族全員がわかる場所に置いておくと良いです。

ムカデは、小さくて狭いスキマからでも侵入してきます。

玄関や窓などの人間の出入り口以外にも、床下やキッチンのスキマなどからも入ってきます。

そして、家の庭などに雑草がいっぱいだったり、枯れ葉を溜めていたりすると、ムカデの巣になってしまうので、頻繁に庭の掃除をしておきましょう。