漫画の地球儀

部屋がカビ臭い原因は?カビ対策5選【カビ防止グッズ、アトピー、ぜんぞく、アレルギー】

スポンサーリンク

マンションや団地はコンクリートで作られているので、気密性が高くて湿度が高くなりやすいのでカビが生えやすいです。

結露が出て、壁やタンスの中などにカビが生えてしまうという悩みも多いと思います。

部屋に出るカビの匂いも、梅雨の季節以外も気を抜くとします。

そのようなカビなのですが、匂いだけならまだいいのですが、アトピーやぜんぞく、アレルギーなどの原因にもなって身体に害を与えます。

今回は部屋の臭い匂いの原因のカビを防ぐ方法を書いて行こうと思います。

部屋や家の中がカビ臭くなる原因

1、カビが家の中に発生しやすい温度と湿度は?

カビが発生しやすい場所は、「湿度が75パーセント以上」「気温が20度から30度」「酸素が存在すること」です。


この3つの条件が揃えば、カビは発生しやすくなって、繁殖します。

現代の日本の建物は、気密性が高くなっているので、部屋にカビが発生しやすくなっています。

なので、梅雨の季節以外でも気を付けないといけません。

2、カビ掃除したのに家が臭う! お部屋のどこに発生しやすいの?

部屋の端っこ、書棚の裏、押し入れの中などはカビが発生しやすい所です。

クーラーの中のファンもカビが出やすいので注意が必要です。。

クーラーにカビが出ると、部屋の中にカビの胞子が放出されます。

定期的に掃除をして、水回りも掃除しているはずなのに、なぜか臭ってしまう。


その原因は、目の届かない所にカビが付いているからなのです。


部屋の場所別の家のカビ対策5つ

1、部屋のクローゼットや下駄箱、家の押し入れカビ対策


開ける時以外、いつも閉まっている下駄箱やクローゼットは、風の通りが悪くて、湿気が高くなりやすい場所で、カビが付きやすい所でもあります。

久々に出した衣服や靴にカビが付いている場合もあります。

①クローゼットや押入れに物を詰め込みすぎない


服や布団、靴などが一杯詰まったタンスや下駄箱は、奥まで風が通りません。

湿気がこもります。そして温度が高くなります。

かびが発生しやすい「高湿度」「高温度」になってしまうのを防止するためにも、タンスなどの奥に5戦地以上の隙間を開けておきましょう。

そして、服などをクリーニングしたまま、ビニールの袋に入れておくのもダメです。

せっかくクリーニングに出した服の風通しが悪くなって、カビの発生の原因になるので、クリーニングのビニールを取ってタンスに収納しましょう。

②クローゼットや下駄箱の換気を心がける

タンスや下駄箱は、風通しを良好にするために、出来るだけ開けておくことがおススメです。

人が訪れない時などは、扉を10センチ以上を開けて、風通しをよくしましょう。扇風機を使うのもオススメです。

ホームセンターなどで販売されている「すのこ」を使用するのも、風通しをよくするのに効果的です。


タンスなどの内部の床とか壁に敷いて、空気の層を作成すれば、こもりやすかった空気の通り道を作ることができます。

③収納している服や靴を時々出して湿気を飛ばす

入れている服や靴、布団などが家全体の湿気、結露などで、気が付かない間に湿気を吸っています。

入れているものが湿気を含む前に、太陽が出て日が照っている日は天日干しをするのが良いです。

カビは酸素が存在しないと増殖しないので、着物や革の靴などは脱酸素剤が入っている袋に入れて収納すると良いです。


着物の管理で「虫干し」と呼ばれるものがあります。

秋の乾燥している季節に陰干しすることを「虫干し」と言います。

昔の人の知恵で、服をカビや湿気から守るための知恵なので、このような方法を取り入れてカビを防ぎましょう。
f:id:rick1208:20191217092108p:plain
「虫干し」

2、部屋全体の湿度を低くするよう心がける

家の中にカビを出にくくするためには、湿度を調節することが重要です。

カビの好む湿度は80パーセントくらいですが、少なくとも60パーセントくらいにするのが良いです。

湿度を低くするには、「エアコンのドライ機能を使用する」「除湿器を置く」「窓などを開けて換気する」のがおススメです。

・部屋のカビを防ぐのににコインランドリーやアイロンを使う。

洗濯した服などを部屋で干す場合は、お風呂場で干して浴室乾燥機を使用するか、乾燥機が付いていない場合は浴室の換気扇のスイッチを入れて干すのがおススメです。

近所にあるコインランドリーを使用するのもおススメですね。

洗濯物がぜんぜん乾かない時は、アイロンをかけて熱で乾かすのも良いです。

そして、家の中のカビと言えば、寝室も注意が必要です。

布団は毎日、寝てる間に出た汗を吸収しています。

朝起きたら、毎朝窓を開けて換気をして、天干しをするようにするのが良いです。

ベッドで寝ている人はベッドマットを干しましょう。


3、部屋のエアコンのフィンやファンがカビないようにする

久々にエアコンをつけたら、変な匂いがする。そんな経験は誰でも一度はあると思います。

エアコンの中はスイッチを入れている時と止めている時の温度の差が激しく結露しやすい機械です。

一度、エアコンにカビが付いてしまうと、エアコンを稼働させるたびに、部屋の中にカビ胞子を放出させてしまいます。

そうなると、カビの匂いで部屋が臭くなり、人の肺に侵入して健康にも害をなします。

エアコンにカビを発生させないためには、エアコンのファン、フィルターなどを定期的に掃除しましょう。


部屋の中の空気の通りを良くしてから、フィルタや吹き出し口に蓄積されたホコリを綺麗に掃除してください。


エアコンの中を綺麗にできたら、10分くらい送風運転をして、エアコンの中を乾燥させましょう。

そして、エアコンを使っていない時も、窓を開けて空気を入れ替えながら、15分ほど宋風運転をして、エアコンの中を乾燥させると、カビを防ぐことができます。


4、家族で取り組む!お風呂のカビ対策


いつも湿気が高い浴室は、温度も20度以上あるので、カビが発生しやすい場所です。

カビが嫌で、こまめに掃除していても、いつの間にか黒いカビが発生して、カビの匂いが気になるのが浴室です。

家の中で一番、カビが発生しやすい部屋が浴室です。

一度カビが出てしまうと、浴室の床や壁に根が繁殖して、取り除くのが難しくなります。

なので、浴室のカビを繁殖させないためには、カビの発生を予防することが重要になってきます。

浴室のカビを防ぐためのポイントは


1、カビに栄養を与えないために、毎日、お風呂に入った後、シャワーなどで壁の汚れを取って、壁や床を軽くブラシでこする。

2、床や壁などの水分を布などで取って、窓を開けて空気を循環させる

3、湿度を下げるために、浴槽の水は毎日流して、換気扇をつけて、浴室を乾燥させる

4、少なくとも3日に一回くらいは洗剤を使用してお風呂場全体を洗って、乾燥させ、消毒用のアルコールスプレーを吹きかける。

こういったこまめな作業で、カビの発生を防ぎましょう。

5、畳部屋のカビ対策

梅雨~夏の間は、畳にカビが発生しやすい季節です。

気を付けないといけないのが、古い畳よりも購入してから2年以内の新しめの畳のほうが、カビが発生しやすいという事実です。

畳にカビが発生した場合は、天気が晴れている日に窓を開けて、空気を循環させてから、畳に掃除機をかけてください。

掃除機を使って畳みの表面のカビが薄くなったら、消毒用エタノール(アルコール)を染めらした布などでカビをこすって拭いてください。

そして、扇風機で畳に風を当てて、乾かしましょう。

梅雨時のカビに特に気をつけたいポイントは?

現代は住宅事情が変わってきて、年中、カビが発生しやすくなりましたが、やっぱり梅雨の季節が一番カビが発生する時期です。

部屋の中だけじゃなく、家の庭や食べ物など、いろいろな所にカビが発生してきます。

梅雨の季節に出る結露は、湿気を沢山含んだ外の空気が、部屋の中に入ってきて、部屋の水分が多くなって、窓とか壁に水滴として出るものです。

梅雨の季節は空気の中に水分を沢山含んでいるので、木でできた家具やソファ、カーテンなどにもカビが出てきます。

梅雨の時期に注意したいのは、結露対策です。

ちょっとでも室内の湿度を下げるためには、窓を開けたり、換気扇をつけたり、扇風機を使ったりして部屋の中の空気を換気するのが大切です。

部屋のカビ対策グッズ

除湿機

カビは湿度が70パーセントを超えてくると一気に増えますが、50パーセントくらいでも生えます。

カビが生えやすい部屋の場合は、除湿器を利用することでだいぶマシになります。

除湿シート

ベッドのマットの下にひく、除湿シートがあります。

洗えて、長期間使えるものもあります。

エタノール(アルコール)

カビを取り除くのに必要な薬品がエタノール(アルコール)になります。

薄めないで、カビが発生している所にエタノールを付けた布などでこすりましょう。

掃除機などを利用するとカビの胞子がバラまかれるので、やめておきましょう。

消毒用のエタノールも同じ効果なので、どっちを選んでもokです。

結露シート

朝目が覚めたら窓に結露がたくさん発生していると、壁とか窓の木の枠、カーテンなどにカビが生えてしまいます。

窓についた水滴を吸ってくれるのが結露シートというものです。

窓ガラスの下側のほうに貼るフェルトに似ている素材のものです。

何回も使用できて、シーズンが終了した後は、簡単にはがすことが可能です。